カジノの穴メンバーズプロフィール > 投資合同会社代表テリーマンの決意

【穴】プロカジノディーラー両氏の野望に共感@投資合同会社代表テリーマン

level020
45

僕が日本で投資合同会社を設立したことをキッカケに、頻繁に投資家トンヌラ氏と出会う機会が多くなった。

その中で知ることになる。実はトンヌラ氏が「生涯現役ギャンブラー」のメンバーだったことに。

「あの資産構築と投資のプロがなぜギャンブルを!?」

さらに衝撃が!彼の人脈である億万長者たちはみなカジノが大好きで、カジノがある意味ライフスタイルとして定着しているという事実。

以前の僕は「カジノ=ギャンブル=悪」のような絵に描いたような理解しかしていなかった為、これにはとても驚いた。

実際、日本のメディアではギャンブルに興じすぎて家庭崩壊した例や、消費者金融で多額の借金をし、毎日不安な日々を過ごしている人を特集しているし、僕の周りでもそういった人を少なからず目にしてきた実体験もあるからだ。

最近では、ある大企業の2代目社長がマカオのカジノで会社の資金を流用した問題が世間を騒がせたりしている。

そういった情報が、知らず知らずの内に世間的にギャンブルを良くないというイメージへと連想させてしまうのかもしれない。

だが。トンヌラ氏や海外で活躍している方々の場合は、そういった人たちとは一味も二味も違った。たとえば、マカオやラスベガスのカジノでのギャンブルは、あくまでも人生を楽しむためのものであって、間違っても人生を破滅に導くものではないということ。

そして仮にカジノで大負けしても、全く人生設計に影響を及ぼさないということ。カジノで勝ち負けを気にせず没頭できるその秘密。それがまさか資産運用だったのだ。資産運用で増やしたお金のごく一部を、カジノでの遊びに使っているだけだったのだ。

最も驚きを隠せなかったのが、トンヌラ氏には、なんとカジノディーラーである、「生涯現役ギャンブラー」の仲間がいたことだった。しかも2人も。

それが、この「カジノの穴@人生必勝倶楽部」の2大代表でもある、共にプロディーラー歴約12年の蒼鬼ダイス氏と朱鬼ライト氏だったのだ。

プロのカジノディーラーである彼ら。ギャンブルとは無縁の人生を送ってきた僕とは正反対の生き方を送ってきているにも関わらず共通点があった。

それは、資産運用で増やしたお金を、独自のライフスタイルに使いながら生きるという「ベースとなる考え方」が恐ろしいくらい合致していた。

投資合同会社設立と共に、自分と同じ境遇の人を助けるという人生の目標を持った今の僕が持つ力。

これはダイス氏とライト氏の元に集う「生涯現役ギャンブラーズ」の方々に対して、資産構築をサポートし、生涯現役ギャンブラーとしての活動を後押しできるのでは?

そんな未知の世界に挑戦することは、お金を稼ぐ以上に価値あるものとして感じられたわけだ。それが僕の「カジノの穴@人生必勝倶楽部」への参加を決めた理由だった。

そして、この倶楽部で「生涯現役ギャンブラーズ」として人生の謳歌を目指す人たちを1人でも多く創り出していけるための資産運用の徹底的なサポートをしていきたい。カジノでのギャンブルは勝ち負けを追求してくのではなく、紳士の遊びそのものとして楽しむ。

「生涯現役ギャンブラーズ」というライフスタイルを謳歌したいメンバーたちを、徹底的にサポートして行く決意を固めたのだ。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
カジノの穴メンバーズプロフィール
43

【穴】エリート街道からの脱却@投資合同会社代表テリーマンの決意

僕はこれまで常に堅実かつセオリー通りに生きてきた。 地元の進学校である公立高校、そして国立大学への進学。さらに学業に専念するた

カジノの穴メンバーズプロフィール
44

【穴】年収1,000万円突破の理由@投資合同会社代表テリーマン

生まれて始めての海外体験。それはマカオだった。 今でこそ、海外生活に慣れていて、日本とアメリカを往復しながら仕事をしていて、ア

カジノの穴メンバーズプロフィール
oil

【穴】1つの出来事が激変させる。人生そのものがギャンブルなのか?

アメリカ南部、テキサス州の田舎道を走っていると、頻繁に目にとまるもの、それは井戸。 井戸といっても、水が出るわけではなく油田を