カジノの穴メンバーズプロフィール > ライトが明かす裏カジノ時代の給料

【穴】裏カジノ業界からの引退。ライトが明かす裏カジノ業界人の金回り

level020
42

日本の裏カジノ界に在籍して10年ほどたった頃には、オレの働いていたカジノ店舗の収益は落ち込み、オーナーがお金の使いすぎも影響し、カジノ店舗の存続自体が危うい状況になってきた。

半年以上も給料をもらえていない状態にもかかわらず、オーナーのため、自分のため、そう思って何とかカジノ店舗の切り盛りをしてきたが、なかなかうまくいかない。

そんな時に六本木に良いカジノ物件があることが、お世話になっているヤクザを通じてオーナーのところに話が入って来た。

資金は底を付くどころか借金が膨らんでいたオーナーも勝負を賭ける腹を決め、六本木に全てを賭ける覚悟を固めた。

資金繰りもヤクザ組織の超高金利で借り入れ、最後の大勝負に出ることにした。

実際にカジノ店舗をオープンさせてみると、さすがに六本木ということもあり顧客の単価が非常に高いと感じた。

悪くても客一人当たり30万円位は使ってくれて、100万円クラスの顧客が結構いたため、3ヶ月ほどで良い形になってきた。

支払われずに溜まっていた給与はそのままになっているが、毎月50万程度の給与で我慢をし、オーナーの借金を優先に立て直しを図っていた。

半年以上の無収入状態が続いてはいたが、貯蓄も充分あったので生活には支障無かったが、久しぶりの収入に喜びを感じた。

六本木で再スタートをきり、良かったあの頃のように戻っていければ良いと考えていたのだが、借金が減ってきたオーナーの金の使い方は相変わらずなモノで非常に困った問題だ。

いつまた無収入へと逆戻りをしなければならないかと思うとこの行動には我慢ができないほどだ。カジノ店舗の収益は水モノのため、長く続く保証もなく明日からお客さんが来なくなることも十分考えられる。

「カジノ業界で働く人生もここまでか・・・」

その思いが強くなり、オーナーと話をしてこの業界から足を洗う決意を固めたのだ。このオーナーには良い待遇で雇ってもらい、普通では考えられない位の良い体験もさせてもらえ、お金も数千万と貯蓄できるくらいにまでになり、とてもお世話になった。

けれども、カジノ業界を引退して自分で何かを始めようと考えていた。六本木の店舗が開いて半年も経たずに、この業界にはもう戻ることはないと心に決め、これから新しいことにチャレンジしていくことを夢見ながら新たな道を歩み始めた。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
カジノの穴メンバーズプロフィール
casino

【穴】日給制だから蔓延するドラッグ。ライトが明かす裏カジノ業界人の金回り

日本の裏カジノ界というものは、営業しているお店がいつまで存続できるのか分からない。 仮に今日1,000万の収益が上がったとして

カジノの穴メンバーズプロフィール
photo

【穴】ディーラーの時給2,500円。ライトが明かす裏カジノ業界人の金回り

1995年には東京都内の裏カジノ店にデビューすることになったのだが、この時点ではまだディーラー経験が浅くて実力も伴っていなかっ

カジノの穴メンバーズプロフィール
photo

【穴】上級ディーラーの時給3,000円。ライトが明かす裏カジノ業界人の金回り

都内の裏カジノでディーラーとしての修行を積み、ある程度の責任あるポジションまで上ることができた。 都内デビューを果たしてから4

カジノの穴メンバーズプロフィール
casinoowner

【穴】カジノ経営者の月収1,500万。ライトが明かす裏カジノ業界人の金回り

日本の裏カジノ店は、ほとんどの地域の繁華街で営業している。つまり、カジノ店経営者の数も日本には相当な人数いることになる。 たと