カジノの穴メンバーズプロフィール > Japan

【穴】朧屋瑞雲堂

level020
76

今僕は日本に一時帰国し京都にいる。

目的は今シアトルで準備中のshabu shabu kyotoで使う物を色々と買うためだ。

順調に買い物もほぼ終わり少し時間が出来たのでお店で使える何かいいデザートは無いかと探していたところ、朧屋瑞雲堂と言う京都の和菓子屋さんを発見した。

色々調べていると朧屋瑞雲堂の生銅鑼焼きが目に付いた。

この銅鑼焼き特徴は何と言っても大量の生クリームが入っている所だ。

僕は『ピン!』ときたので一度食べてみることにした。

一度店に電話して聞いてみると開店は朝9時だが8時くらいから列ができ始めるので出来るだけ早く来られる事をお勧めしますということだった。。。

そして僕は次の日朝早く起きて朧屋瑞雲堂に行くことにした。

僕がついたのは朝の8時15分くらいだったがすでに10人の人達が並んでいた。

僕もその最後尾に並んで開店を待っていたのだがこの日の京都は寒く雪が散らついてなかなかの寒さの中9時の開店を待つことになったのだ。

時間が経つにつれ並ぶ人の数はどんどん増えていき開店前にはおそらく60人くらいの人が並んでいたと思う。

そして開店前になると店の人が出てきて並んでいる僕たちにルールなどを説明してくれたのだが、今は人気がかなりあるので生銅鑼焼きはお一人様1個しか買えないというのだ。。。

それでもまあ良いと思いついに念願の生銅鑼焼きを一つ買う事が出来たのだ。

大量の生クリームの入った生銅鑼焼きだがそんなに重くなくペロッと一人で食べれてしまい中々美味しかった。

僕はこのアイデアを少しいただき次のお店のデザートにしようと考えている。

生銅鑼焼きをそのまま出したのでは面白くないのでこれからシアトルに帰って料理長と改良していきたいと思う。

日本には興味深いものがたくさんあり、アメリカで少し工夫すると大ヒット商品もまだまだ出来ると思うので、毎回日本に帰った時は色々面白そうなものを探したいと思う。

つづく

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
カジノの穴メンバーズプロフィール
77

【穴】ミホノブルボン

今、僕は出張で京都に来ているのだがスタバで休憩している時隣の人が読んでいた一面に『ミホノブルボン死ぬ!』と言う大きな見出しが付