カジノの穴メンバーズプロフィール > プロディーラーダイス

【穴】日本脱出&アメリカ入国:プロディーラーダイス物語

level020
19

▼ダイス日本脱出

アメリカの永住権申請から1年2ヶ月後、ついにアメリカ合衆国に合法的に住めるビザが手元に届いた。

いよいよ日本を出発する日がやってきたのだ。

平成12年12月12日・・・「ワンツー、ワンツー、ワンツー」と、ゴロが非常に良かったので、この日を記念すべき節目の日として日本を出国する日と定めた。

成田国際空港にカジノ時代の仲間が見送りに来てくれた。こうして僕は日本を旅立ったのである。

25歳の頃だった。

▼ダイスアメリカ合衆国入国

アメリカ合衆国入国後、僕が最初に住む事になった町はミシガン州「Novi(ノーバイ)」だ。

一言で言えば極寒のど田舎、しかしこの町にある日本食レストランが僕の永住権取得のスポンサーになってくれたので、とりあえずこのレストランでお世話になる。

働きだして2ヶ月ぐらいで僕の永住権カード(グリーンカード)が届く。まずは最初の目標グリーンカード取得は、この寒い田舎町で達成する事が出来た。

店の人たちはいい人ばかりで気まずかったのだが、働きだして約半年後。オーナーに辞めて違う州に行きたい旨を伝える。オーナーも自分のわがままを、嫌な顔一つせず聞いてくれ、最後には頑張って!と握手をしてくれた。この町を去る事になった。

次に僕が選んだ町は「New York(ニューヨーク)」。

世界中から人が集まる町に最初は圧倒されながらも、なんとか「New York(ニューヨーク)」ライフを約2年間満喫することができた。

この町でやはり忘れる事の出来ない事は「9.11テロ事件」だった。まさか自分の住んでいる場所であんな事件が起こるとは今でも信じがたい。

次第に、自分の求めていたアメリカはこの町にはない。と言う感じがしてきて、再び引っ越しを決意することになった。

今まで日本でカジノディーラーとして仕事をしていた時、「いつかラスベガスでプロカジノディーラーとして仕事をしてみたい」と言う思いがあったので、次の行き先はラスベガスに決定した。

テントなどで寝泊まりしながら、車で約3週間かけてラスベガスに到着。僕がラスベガスに到着したのは10月頭頃だったが、まだ熱さの残るラスベガスに気分は最高潮になった。

こうして僕のラスベガスでのライフが始まる事になった。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
カジノの穴メンバーズプロフィール
17

【穴】カジノディーラー生活のスタート:プロディーラーダイス物語

高校を卒業して通い始めた料理の専門学校。元々料理には興味があり、それなりに楽しく学校にも行っていたのだが、何かもっと稼げる仕事

カジノの穴メンバーズプロフィール
660

【穴】嵐ラーメン Sefco Field

今日、パートナーから連絡があり、7月6日の夕方から時間を空けておいて欲しいと連絡があった。 というのもシアトルマリナーズ本拠地

カジノの穴メンバーズプロフィール
781

【穴】嵐ラーメン クーラー取り付け作業終了

前回話した続きがあるのだ。。。 クーラーの取り付け作業が終わったと僕のiPhoneにメッセージと写真が届いた。 その時は写真だ

カジノの穴メンバーズプロフィール
971

【穴】嵐ラーメン sho chiku bai(松竹梅)

Arashi Ramen Ballard店ではsho chiku bai(松竹梅)のとっくりを使っている。 と言うのも業者さん