カジノの穴メンバーズプロフィール > プロディーラーダイス

【穴】シアトルマリナーズの職員さんから予約の電話が。。。:プロディーラーダイス物語

level020
444

夕方6時過ぎぐらいに店に予約の電話が掛かって来た。

通常予約は取らないので電話を出たウェイトレスも「すみませんが当店は予約を取っていません」と伝えたが、そのお客さんはなかなか引き下がらない。

仕方がないので、僕が電話に出て断ろうと思い電話を代わると、その人は丁寧に私はシアトルマリナーズの職員で、先週arashi ramenに食べに行って非常に気に入ったので、イチロー選手と今晩伺いたいので、どうにか予約は取れないだろうか?と言われた。

僕は迷わず即答で「大丈夫です!」と答えて予約を取った。

イチロー選手が来ると言う事を従業員に伝えると最初は誰も信じていなかった。

それもそのはず、Arashi ramenは約2ヶ月前にオープンしたての新しい店。まさかこんなにも早く超VIPが来るとは思ってもおらず、いいサプライズだった。

そして、予約時間を5分ぐらい過ぎた所で白人の人が一人入って来てDaisukeはいますか?と訪ねて来た。

さすがに僕もピンときて心の中で「来たー!」と叫んでしまった。

そして、ついにイチロー選手登場!もう一人日本人っぽい人と3人での来店だった。この日本人っぽい人はイチロー選手がマリナーズでプレーしていた時の通訳の人で、今は岩隈選手の通訳をしているということだった。

もしかすると次は岩隈選手も来るかも?と勝手な想像をしてテンションMAX!

僕の前を通っていったイチロー選手から「どうも」と挨拶されさらにテンションMAX!!

従業員達もソワソワでもお客さんは不思議と誰も気がついてなかった様子だった。そして、ついに注文が入った。餃子3人前とたこ焼き2人前、さらに豚骨醤油ラーメン3人前。

イチロー選手のラーメンはちょっと特殊でのり、卵、チャーシューなしの麺はちょい硬めがいいとの事だったので普通は1分麺をゆでるところ、今回は45秒茹ででラーメンを出した。

すかさずイチロー選手はスープをひと口、ふた口と飲んでから麺を豪快にズルズル食べていた。

気に入ってくれているのかどうか分からない僕はちょっと不安になっていた。すると通訳の方が僕の所に来て、イチロー選手に同じラーメンもう一杯お願いしますと言われた。

という事は気に入ってくれている! と思い込んだ僕は、急いでイチロー選手のラーメンをもう一杯作ってウェイトレスに持っていってもらった。

そうするとイチロー選手がカウンターごしに僕に話かけて来た。

イチロー 「早いですね!」

僕    「ハイ!大急ぎで作りましたから」

イチロー 「手抜いたかと思いましたよ」

僕    「そんな度胸はありません」

イチロー 「ははは」

と、この短い会話が僕とイチロー選手との記念すべきトークとなったのだ。

そして、ついにお会計の時が来たので挨拶もかねてテーブルに行ったのだ。凄い感じの良いイチロー選手はうまかったです、ごちそうさまでした!と言ってくれた。

そこで僕はすかさずイチロー選手に一言

僕    「来年はマリナーズに戻って来て下さい!」

イチロー 「そうですね、それもありかもですね」

僕    「マジですか!」

イチロー 「まあ僕一人で決める事ではないので。。。」

僕    「そうですよね。。。」

と、またまたイチロー選手と会話することが出来た僕は忘れられない貴重な1日となったのだ。

また次回来てもらえる事を願いながら、これから真面目にラーメン作りに励んで行こうと思い直した1日だった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
カジノの穴メンバーズプロフィール
16

【穴】部活を辞めてパチンコ三昧高校生活:プロディーラーダイス物語

中学時代からの友達に誘われラグビー部に入ることになる。当時このラグビー部は、京都で一番強いと言われていた学校で、かなり厳しい練

カジノの穴メンバーズプロフィール
18

【穴】裏カジノディーラー時代の豪遊生活:プロディーラーダイス物語

当時日本の裏カジノでディーラーとして働いていた時、一番給料が高かった時は月に250万円ぐらいもらっていた。これには固定給と、店

カジノの穴メンバーズプロフィール
780

【穴】嵐ラーメン クーラー

工事中の2件目Arashi Ramenにようやくクーラーの取り付け完了の連絡があった。 今回僕たちが選んだこの物件にはなんとク

カジノの穴メンバーズプロフィール
94

【穴】嵐ラーメン 麺の硬さ

麺類を食べる時、麺の硬さを気にするのはアジア人全般だと思っていたが実は日本人だけだった。。。 今回もキッチンスタッフがランチブ