金まみれ!投資とギャンブル漢の旅 > 金まみれ!投資とギャンブル漢の旅2013

生涯現役ギャンブラー流「1億円」構築術実践編@2月漢旅 その2

level018
30

▼香港の長期積立ファンドを活用して資産運用

「複利」の力を活用し、「時間を味方」にすると、「みらい」のゲインを大きく狙うタイプの「攻めの投資」を行うことが可能になる。

人生の中で足りなくなるだろう生活のための4,000万円と。「生涯現役ギャンブラー」としての人生を謳歌するための活動資金6,000万円。合計プラスα1億円の獲得に、大きく貢献するエンジンとなり得る。

たとえば、毎年1万ドルを10年間積立をして、毎年9%の複利で運用をしたとすると・・・。

【毎年1万ドルずつを10年間積立(複利9%)の皮算用】

   年齢   積立額   資産総額
   31歳  10,000$   10,900$
   32歳  10,000$   22,781$
   33歳  10,000$   35,731$
   34歳  10,000$   49,847$
   35歳  10,000$   65,233$
   36歳  10,000$   82,004$
   37歳  10,000$   100,285$
   38歳  10,000$   120,210$
   39歳  10,000$   141,929$
   40歳  10,000$  165,603$

「複利」力を活用して「時間を味方」にした結果。わずか10年後にお金はここまで増えてしまう。

ライトやトンヌラたちが実際に複数案件臨んでいるタイプの投資法である。

30-1

この理論を実現化させるための「長期積立ファンド」に関する勉強会。約数百社ある香港現地の金融系会社の中から厳選したもう一社目。

過去の複利での平均利回りが15%超の実績を叩き出している一任勘定を持つ会社である。

30-2

この日はゲストで本証券マンに来てもらった。同じ種類の長期積立ファンドであっても、ゲスト講師が異なれば、視点や戦略も違ってくる。

独自のファンドチームによる、一任勘定の特徴は「ライフサイクル」と言って、臨む方の年齢などによって、運用の形態を合わせてくれる。

2日間に渡って合計約5時間も色々な角度から勉強していれば、参加したメンバーの知識は皆、香港長期積立ファンドのベテラン級になってしまう。

そんな状態でメンバーそれぞれが、ザックバランに語り合う。元々は普段社会人として、それぞれ様々なビジネスのフィールドで活躍している参加メンバーたち。

それぞれの立場、視点から発せられる意見によって、それぞれが新たな気付きを得ることが可能になる。

30-3

ちなみに・・・今回たまたま、MBAフォルダーかつ、ビジネスのフィールドで活躍されている女性の現役サラリーウーマンが、3人も集結した。3人揃って何かできないか?色々語り合いながら最終的には連絡先を交換されているようだ。

旅の中で同じ時間を共有する仲間たち。。。さらには、過去に取得した資格も同じと来たら、これは運命的なものを感じてしまいまう。

また、ココは香港ということで、何の気兼ねもいらず、各々の納得行く形で、それぞれが参加したい案件に参加されていたようだ。

リスクを極力分散化させるための、「ドルコスト平均法」。

毎月500USDー1,000USD位のレベルで案件に臨まれるメンバーもいたが、中には毎月90USDの設定されるメンバーや、毎月3,000USDの設定されるメンバーもいた。

あくまでも各々のライフスタイルプランの元、各々の意思の元に決断されていたようだ。

30-4

同行した運営事務局のメンバーも、過去の実績が複利で平均15%出ている実績のある一任勘定を、自己リスクの元に契約していた。

▼トンヌラ5,000万円の生命保険契約正式に契約!in香港

長期積立ファンドの勉強会終了後、2手に別れた。

そのまま上環のフェリーターミナルから「生涯現役ギャンブラー」としての聖地の一つ、ライト率いるマカオに向かう大多数のメンバーたち。

そして、送迎ベンツに乗って別の香港現地企業に会社に向かうトンヌラたちだ。

トンヌラたちがさらにもう一社、香港現地企業へと赴いた理由・・・それは新たな金融商品の契約をするためである。

30-5

今回の旅の中では、トンヌラは、新たな金融商品の契約をした!

これは・・・死亡保障金額5,000万円の生命保険!受取人を各自の嫁さん名義にて、新たに契約させて頂いたのだ。

本当はもっと前から契約をしようとしていたのだが、トンヌラが今マレーシア在住ということで、他の先進国居住の日本人と比べて条件が違うらしく、色々と確認&準備をしていた。

まあ、毎月香港入るからまた次・・・といった感じで遅れてしまっていたのだ。

今回無事書類にサインをすることができた。

30-6

トンヌラが契約したのは、年間の払込み金額10,710USD(約100万円)の15年間積立型で、死亡保障無条件5,000万円の生命保険。

30-7

各種必要書類にサインをするトンヌラ。

30-8

実際、日本でも死亡保障5,000万円という高額の生命保険は存在した。

けれども、見積りを取ってみたところ、毎月払込しなければならない保険料は18万4,950円だった。。。

つまり、5,000万円の死亡保障=184,950円×12ヶ月間×15年=3,329万1,000円の払込みが必要になるというわけだ。。

僕たちにとっては、これはあまりにも高すぎて、非現実的。。。しかも、自殺では駄目とか。。。色々な条件がありすぎて。。。

当初、トンヌラの嫁さんも、「外国語の生命保険なんか入ったって、私どうしていいのかわからないよ!」。

どうせ入るなら日本の生命保険に入って欲しいと言われていた、、けれども、これではあまりにも意味が無い。。。投資家としては無駄なことにお金は費やしたくない。。。

ということで、トンヌラの嫁さんには、日本語の生命保険は我慢してもらう。

「僕が死んだらこの封筒を郵便局で出せばいいんだから・・・」として香港のもので、納得してもらったわけだ。

30-9

トンヌラが、それぞれの嫁さん受取人名義で契約をした死亡保障の生命保険は・・・年間約100万円×15年間=約1,500万円の払込。死亡保障約5,000万円。

仮に65歳で解約した時も、払込金額の2倍以上の金額で受け取れる。

仮に100歳まで生きられたら・・・なぜか1億円を超える。。

さらには、契約後・・・1年後に自殺をしてしまった場合含めて、完全無条件での死亡保障。

失踪も7年後にもOK。。。

そして、・・・同性愛者やワケアリカップルなど、普通の婚姻ができない場合、、、他人名義でもOK!

実際に旅に参加したメンバーの中でも、ビジネスパートナーの女性同士、お互いに死亡保障5,000万円の生命保険をかけ合っていたパターンもあった。。。

30-10

ちなみに、マレーシアなど新興国での住所提出の場合は保険料が上がってしまう。香港やマカオシンガポール、日本などの先進国ベースでの住所証明を提出しての申込みがお得だ。

30-11

家族のために、恋人のために、ビジネスパートナーのために、様々な想いを秘めながら、「守りの投資」として、各々の「みらい」のために実際に行動に移されているメンバーたちもいた。

▼マカオフレンチ『良辰』で【宴-UTAGE-】inマカオ

香港の現地金融系会社で妻受取人名義の生命保険5,000万円の契約をしたトンヌラ。同じく生命保険に契約をしたメンバーたちと一緒に、急いで上環駅に向かった。

既に先にマカオに向かったライト率いるメンバーたちはマカオに到着済。

マカオの【宴-UTAGE-】会場で落ち合う予定。

あまりにも遅くなってしまうと、飲むもの食べるものが無くなってしまいまう。(笑)

30-12

マカオ行きのチケットを購入。時間は既に20時半過ぎ・・・かなり遅くなってしまった。

30-13

「今のうちに・・・」

カジノの軍資金を引き出してるメンバーもいた。ちなみに、マカオ内の各金融機関では、普通に香港ドルを引き出せるので、マカオに行ってからでも本来大丈夫。

30-14

香港側の入国管理局・・・今回の旅の中でトンヌラが入手した「e道(自動化ゲート)」。

30-15

並ぶこと無く1分もかからず自動化ゲートから通り抜けることができた!!・・・ただし、他のメンバーは「e道」を持っていないので、結局ゲートを通った後で待つことになる。

30-16

香港から出航!フェリーで揺られながら行く聖地マカオ。

30-17

聖地マカオに到着。フェリーに乗ってたったの1時間なのに、香港とは雰囲気が全く違う!

30-18

タクシーに乗ってでセナド広場に向かう。

30-19

セナド広場・・・これは一体何のディスプレーなのだろか?先月チャイニーズ・ニューイヤーの時に来た時とはまた別のディスプレイーになっている。

チャイニーズ・ニューイヤー用のディスプレーではないようだが。。

30-20

セナド広場の通りを真っ直ぐ進んで、途中道を右に曲がると・・・。

30-21

到着!日本人シェフが創るフレンチレストラン『良辰』。

30-22

中に入ると、既に先にマカオ入りしたライト率いるメンバーたちが、美味いフレンチをついばみながら、アメリカカルフォルニアナパから仕入れたワインを飲んでいた。

トンヌラたちの到着に合わせて、改めて乾杯!

30-23

人数が20名以上もいるので、大きく2箇所の席になる。こちらでも乾杯!!

30-24

乾杯!!

30-25

通常なかなか飲めないカルフォルニアナパさんのワインばかり。フレンチとワイン・・・至福の時!

30-26

トンヌラもジョホールバルの『愛同自由醫院』で調合してもらった「飲む前に飲む」漢方薬で、肝臓をしっかりとガード。

30-27

カルフォルニアナパのワインは、ヨーロッパ系のワインとは違って、デキャンタとか云々。小難しことなく、開封してすぐにでも美味しいところが良い!

30-28

美味しいのだが・・・かなり自制をしておかないと、いくらでもイケてしまうので危険。

30-29

今回はとある日本人大富豪もマカオに降臨。毎年100カ国を回るライフスタイルをお持ちの日本人大富豪。。。【宴-UTAGE-】の中でもまた。世界を回ってきた中で得られた、新たなビジネス・投資のスキームが惜しげも無く公開されている。

ワインの力も加わり、通常メディアを通しては絶対に書けないような、秘密のお金の稼ぎ方もお話されていた。。

30-30

フレンチレストラン『良辰』での【宴-UTAGE-】終了。これから一同・・・いよいよ僕たち「生涯現役ギャンブラー」にとっての正念場、夜のマカオに繰り出す!!

▼ザ・ヴェネチアン・マカオのカジノで目指す一攫千金inマカオ

レストラン『良辰』を後にした僕たち一行が次に向かった場所は、「ザ・ヴェネチアン・マカオ」。

30-31

実はこの「ザ・ヴェネチアン・マカオ」のカジノは、世界でナンバー1の大きさを誇るカジノである。「生涯現役ギャンブラー」として、一度は訪れておきたい聖地である!

【世界の巨大なカジノ第1位】

ザ·ヴェネチアン·マカオ(マカオ、中国)

The Venetian Macao(Macao, China)

・カジノ面積:546,000スクウェアフィート(50,778㎡)

・ゲーム機:3,000台

・テーブルとポーカーゲーム:870台

・レストランとバー:24

・客室:3,000室

各々タクシーに乗って「ザ・ヴェネチアン・マカオ」のオブジェの前で現地集合。

30-32

「ザ・ヴェネチアン・マカオ」のオブジェ。真言密教僧侶を中心に、カジノでのギャンブル必勝祈願。メンバー一同神頼み。

30-33

トンヌラ:「ユダそれ何をやっているの?」

ユダ:「あ、これは香港で買ってきたばかりの、100万円分の金貨です。オブジェに向かってお祈りしていたのです。」

30-34

トンヌラも香港のCitibank口座内に金は入って、金の延べ棒も手にしたことがあるが、このように金貨の現物を手にするのは始めてだ。

プロディーラー12年歴のライトに手渡し、本物の金貨でディーラーのチップシャッフルをやってもらった。

金貨は普通のカジノのチップよりもかなり重いのだが、見事にチップシャッフルやってもらった。

「プロディーラーが100万円分の金貨をチップシャッフル」をした映像に収めて公開したのは、世界でも始めてだと思う。笑

30-35

希望メンバー全員集合。気合を入れてカジノに向かう!

30-36

「ザ・ヴェネチアン・マカオ」のカジノ。既にカジノ慣れしているメンバーらは各々の好きなテーブルやスロットへ。

そしてビギナーのメンバーは、プロディーラー12年歴ライトに教えを請いながら、恐る恐るプレーをしていた。

数万円レベルで勝ったメンバー。数万円レベルで負けたメンバー。結果はそれぞれ。

ちなみにトンヌラは数千香港ドルだけ勝たしてもらった。土居三郎も数千香港ドル単位で勝利!

30-37

一段落着いたところで、「ザ・ヴェネチアン・マカオ」の中にあるBARの中で飲み直し。

ちなみに、トンヌラと土居三郎他数名は、そのままカジノフィールドに戻り、ギャンブルを謳歌しまくっていた。

さらにトンヌラは・・・一度マカオ流サウナで心と身体をシッポリ洗いに行った後、次の日の待ち合わせの時間まで、カジノの中で過ごしていた!

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
金まみれ!投資とギャンブル漢の旅
2013-01-24_1421

【穴】金まみれ!投資とギャンブル漢の旅!プロディーラ歴12年ライト降臨

★すでに11名参加決定!!→ 20名で締め切り!後9名★ 今回は2月22日(金)、23日(土)、24日(日)、緊急:元プロディ

金まみれ!投資とギャンブル漢の旅
29-1

【穴】金まみれ!投資とギャンブル漢の旅!ライト降臨で熱狂開催!その1

2012年2月・・・香港某所、一人、また一人と、香港入りした漢たちが集まって来る。我らがディーラーライトも降臨して開催された『

金まみれ!投資とギャンブル漢の旅
31

マカオでギャンブルついでに珠海で仕入れて稼ぐ@2月漢旅 その3

「生涯現役ギャンブラー」を貫き通すために。まだ十分な種銭がない場合は、複数のインカムの流れを作っておく必要がある。 僕たちの聖