秘密結社投資合同会社チームギフト > 生涯現役ギャンブラーが乗り越えるべき情報格差

【穴】ライト式を最大限に活用 さらに利益を増大させるための最強コンボ

level016
casino_raito225

今日は、投資合同会社代表の立場からある話をさせてもらいたいと思う。

それは、このカジノの穴@人生必勝倶楽部でも紹介している驚異の即金手法「ライト式日経225」の新しい活用法だ。

【ライト式:15ヶ月間以上ただの一度も負けることなく、 たったの1回5分、
1ヶ月間数回の売買取引で、毎月10万円以上を着実に稼ぎ続けた方法】

なぜ今回、「ライト式日経225」の新しい活用法についてお伝えしたいのか。

ライト式が怒涛の16連勝をマークしていることをあなたはご存じだろうか。

ライト式に参加している人も、まだ、参加することに迷っている人も 毎月7~10万円の資金を得られる状況を作れた暁に、その資金をさらにうまく活用して、ワンランク上の ステージに上ってもらいたいと思うからだ。



▼そのためにまず知ってほしいこと

それは、現代社会を象徴するような「情報格差」について。

実は多くのサラリーマン・主婦・公務員などありとあらゆる、職業の人に言えることだが、この事実を知らないがゆえ、 この「格差社会」の敗者となってしまっているケースが多々あるということをご存じだろうか。

そして、このライト式メール講座情報を 手にされているあなたは、すでに「情報格差」の渦の中にいると いうことを自覚されているだろうか。

インターネット上でたまたま目についた情報くらいに思っている かもしれないが、ライト式で話しているような16連勝している 配信サービスなんて、なかなかお目にかかれるようなものではない。

こんなすごい情報でも、インターネット環境がない人は、 まず、手に入れられることはできない。

なんとなくイメージが湧くだろうか。 しかし、この世には、 全くレベルの違う「情報格差」が存在する。

それは、わかりやすく言うと、

「金持ちと一般人の違いを生むもの」

だ。



▼「情報格差」の実態は…

では「情報格差」とは一体どんなものなのか。

あなたは「情報」において「勝者」か「敗者」かなんて考えたことはあるだろうか。 もしくは、自分は「情報勝者?」、それとも「情報敗者?」 なんて考えたことはあるだろうか。

現代社会においては様々なメディアやインターネットを通じて、僕たちのような一般的な 日本人であっても、昔だったら絶対に手に入らないような 情報を入手できるようになったのは事実だと思う。

だが・・・そんな時代ですら優良な情報には一生かけてもリーチ できないという残酷な事実がある。 なぜ、そういった「情報格差」が起こってしまうのか? その根幹ともいえる決定的な部分から考えてみよう。



▼「村上ファンド」と無関係だったワケ

2006年。
連日マスコミを騒がせた男がいた。

その男の名は、「村上世彰」。
元通商産業省官僚で、金融工学を熟知したこの男が設立したのは…

そう。
かの有名な(悪名高き?)「村上ファンド」だ。
あなたもその名を耳にしたことがあるかと思う。

・・・この村上ファンド。
最盛期には総資産額で「4,000億円」を集めることに成功した『巨大』ファンド。
ファンド自体も好調で、このファンドの出資者はずいぶん儲けたと聞く。

さて、
そんな「伝説」ともなった村上ファンド。
これだけ世間で騒がれていたにも関わらず、あなたに対して、

「村上ファンドに出資しませんか?」

という話はきただろうか。

おそらく…
というかまず間違いなく、来なかったのではないだろうか。

なぜなら、村上ファンドへの”最低”投資金額は10億円から。
だから、僕たちのような一般人にそんな話はくるわけがない・・・ のはある意味当たり前。

が、実はそうではない。
その「理由」の裏の裏まで探り、本質を突き止めてみると…
「なぜあなたには本当に良い資産運用・投資案件の話が来ないのか?」
という疑問に対する答えが出てくる。



▼日本の法律がそうさせている

『本質』は 「日本の法律がそうさせている」 ということ。

実は、僕たちが住むこの日本には、投資の世界に「50人ルール」というものがあり、適格投資家を除いた49人のみしか、 投資の案件情報をオファーしてはいけないという法律があるのだ。

投資案件に参加する人が49人ではない。
話を伝える人が49人のみなのだ。

もし、たった49人にしか告知できないとしたら、あなたはどんな人に情報を伝えたいと思うだろうか。

数百万が精いっぱいで、お金を出すことに神経質な人?

いやいや、きっと、声をかけたら、いいね!やるやる!とポンとお金を用意できる人ではないだろうか。

要するに、良い投資案件であればあるほど、資本力のある、 まぁ、言葉を選ばずに言えば、お金を持っている、「ごく一部」の 投資家にしか話がいかない、ということ。

それこそが、本当に良い投資の話が行かない理由。

どうだろう?
理解してもらえただろうか。



▼優良な投資案件の情報を入手するための唯一の方法

そんな状況の中で・・・。
僕たちが優良な投資案件の情報を入手するための方法はあるのか。

…答えは、「ある」だ。

この方法は、まさに革命的な手法。
僕らが優良な投資案件の情報を入手するための方法。
それが今回あなたにお伝えする「投資合同会社」という器を活用することなのだ。



▼僕も「合同会社」幹事社員の1人

「情報格差」について知った当時の僕は、世の中の裏側が見えた 気がして、すげー!すげー!と大興奮した。 そして、2011年5月に、とある日本の合同会社の役員 (正式には幹事社員)となった。今は合同会社の代表をやっているが…

合同会社に3万円を出資して、通常の会社でいう役員のようなものだ。 役員(幹事社員)と言っても実際は特に業務を行うわけではなく、 合同会社の代表社員さんに、全ての日常業務を委任した状態で、 普段、特に何をするわけではない。

僕はただ、代表社員さんからの「社内報回覧」メールを待っているだけ。

合同会社一社当たりには、10億円以上の資産を運用している 適格投資家が1人(必須)。代表社員1名、幹事社員498名。の社員がMAXで所属することができる。 この合同会社の中では、代表社員の僕が「社内報」という形で、 これから合同会社として行う事業内容の「回覧」をしている。

他の社員の人は、基本、「回覧」されてきた「社内報」の中で、 記載されている事業プロジェクトに、合同会社の役員(幹事社員)として、 新たに出資する形で、

 参加するか、しないか。

これを判断をしていくだけ。

最小単位は100万円という、小さな資本単位だが、資本家としての 視点も持ちながら、検討していくわけだ。

たとえば、社員時代だった僕が実際に、参加することを決めた案件。
それは、当初、3ヶ月に1度の配当で、15年間累計で配当が300%-400%だと いうので、700万円程出資して事業に参画することを決めた。

じゃあ、これを15年間の平均で考えたとする。

仮に配当が400%だとした場合、700万円を入れたら、3ヶ月に1度 45万円が入って来るということになる。

つまり、1年間で185万円程。
15年間累計で2,800万円が入ってくるとしたら…。

そう考え、出資することを決断したのだ。

そうして合同会社の代表となった今、ある案件の続きができた。
それは、

「合同会社として追加投資をすることで、  第三者機関の調査で累計配当520%に上がるようだ!」

といった内容。

これを今度は代表者の立場として「社内報回覧」として、 合同会社の社員の人に連絡したのだった。



▼誰にも規制されない「社内回覧」のすごさ

この合同会社の仕組み。
この方法だと、極端な話、どんな国のどんなファンドでも、 「金商法」といった法律関係なく、情報をシェアすることができる。

たとえば、合同会社に出資した人は皆、会社の役員(幹事社員)なので、 合同会社として行っている全プロジェクトの全てを知る「義務」がある。

そのため、 日本居住者は情報が得られないとか、海外居住者は情報が得られるとかは、関係ない。 「社内回覧」なので、どんな事業投資の企画書も、 なんであっても、受け取ることができるわけだ。

この意味が分かってもらえるだろうか。

「どんな情報でも法律関係なく情報を受け取ることができる!」

さらには、

「情報を元に、役員として、出資を伴う形で事業に参加できる!」

「出資をした役員として、堂々と事業からの配当を受け取れる!」

今の情報格差社会において、これがどの位凄いことなのか。



▼会社説明会&公開役員会議

そして、、、実は、

2013年9月7日(土)大阪・心斎橋
2013年9月8日(日)東京・東京駅前

にて、 合同会社の代表社員たちが集まり、

「合同会社FCチェーン」の役員会議、
【第三十八回:合同会社代表社員による役員会議】

を開催することになった!

今回のテーマは

『テキサス油田開発事業の第一号議案
 合同会社への配当を、500%レベルに引き上げるための、追加投資を合同会社として行うか』

「合同会社FCチェーン」として、「資源事業」のパートナーの 契約を結んでいる、アメリカの油田開発会社の副社長、 藤上氏もこのために来日し、役員会議に参加されるとのこと。

合同会社代表社員たちからの、様々な追求や確認を受けることになるわけだ。

さらに今回は、 合同会社に、新しく役員(幹事社員)として参加を 検討する人たちに向けた、「合同会社会社説明会」も同会場で行われる。 3万円を合同会社に出資することで、役員(幹事社員)として、 合同会社に入社できることになっている。

この日本最強の情報ビークルともいえる「合同会社」に、 3万円を出資することで、役員(幹事社員)になり、 大富豪たちと同等レベルの案件を、「社内報」の「回覧」として、 未決定段階の情報まで、獲得することができる。

「情報格差社会」において、今までよりも上のレベルの情報を、 獲得できる世界に入れるということになるわけだ。



【9月7日】大阪・心斎橋
※会場詳細はお申し込み後に連絡あり。

【9月8日】東京・東京駅前
※会場詳細はお申し込み後に連絡あり。

【時 間】2部制
 第一部:13:00 – 15:00
 第二部:15:15 – 17:00
 交流会:18:00 – 20:00

【内 容】

第1部:
 「合同会社会社説明会」

 

第2部:
 【第三十八回:合同会社代表社員による役員会議】
 代表社員公開役員会議
 『テキサス油田開発事業の第一号議案合同会社への配当を、500%レベルに引き上げるための、追加投資を合同会社として行うか』
 ※役員(幹事社員)並びに、新入役員候補も参加可能

代表社員・幹事社員 交流会

【参加費用】

本編(第1部・第2部):3,000円
交流会 :4,000円



【合同会社会社説明会並びに、第三十八回:合同会社代表社員による公開役員会議】





テリーマン

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
秘密結社投資合同会社チームギフト
63

【穴】なぜあなたには、村上ファンドからオファーが一度も来なかったのか?

「なぜあなたには本当に良い資産運用・投資案件の話が来ないのか?」 根幹ともいえる、決定的な部分を公開しよう。 ▼あなたが「村上

秘密結社投資合同会社チームギフト
65

【穴】あなたは目の前にある「格差」の存在に気づくことができるだろうか?

・優良な投資案件を集めてくることができるか? ・法的な問題を完璧にクリアしているのか? 投資にまつわる問題を解決して、投資に参

秘密結社投資合同会社チームギフト
64

【穴】資産構築のために投資合同会社をどう活用していくべきか?

あなたでも、本当の優良な投資の話を獲得することが可能。 海外投資にひそむ危険な法的リスクを回避しながら。 上場企業のオーナーに

秘密結社投資合同会社チームギフト
61

【穴】あなたは目の前にある「格差」の存在に気づくことができるだろうか?

こんにちは。『カジノの穴@人生必勝倶楽部』資産運用・投資案件担当のテリーマンです。 今日は日本に住む僕たちが、生涯ギャンブラー