秘密結社投資合同会社チームギフト > 生涯現役ギャンブラーが乗り越えるべき情報格差

【穴】金融商品取引法と求心力が、人を情報強者と弱者とに2分化させる

level016
62

『カジノの穴@人生必勝倶楽部』を通じて、僕たちメンバーが、「生涯現役ギャンブラー」というライフスタイルを実現させるために。目の前にある「情報格差」という壁をどう乗り越えていくべきか?

僕たちは知らず知らずの内に、「情報を制限」されてしまい、それにより「情報格差」の社会を受け入れざるを得ない状況がある中で、具体的にどうしていくべきなのか?

「情報格差」が日本の「法律的な縛り」によって起こっている。

具体的には、「金融商品取引法(金商法)」と呼ばれる法律なのだが、日本人の多くの人が情弱になってしまっている原因の1つは、間違いなくこの悪魔の法律のせいだろう。

この法律があることで、海外の優良な投資情報などを国内在住の日本人に伝えてしまうと、法律的に呈色してしまうため、伝える側が国内日本人へは意図的に情報を伝えていないという背景がある。

そして、この法律は年々厳しくなっている傾向にある。

当然この法律の縛りが厳しくなればなるほど、一般の人に優れた投資情報が一層手に入りづらくなってくる仕組みになってしまい、今後ますます日本に住む日本人が情報を得づらくなっていくことが予想されるだろう。

そういった意味でも僕たちが、生涯ギャンブラーを目指すために、海外投資を活用して資産をつくりあげていくためには、この法律の壁を乗り越えていく必要があるわけだ。

62-2

日本人の多くの人が情報弱者になってしまっている原因は、「法律」による縛りだけではない。

もう1つこの情報格差社会を加速させている理由がある。

それは、、、「求心力」。

一般的には、他人の心を引き寄せる魅力という使い方でされると思うが、ここでいう求心力とは、

・お金に関する話

・儲かるビジネス情報

・一部の人だけにしか出回らない本当に稼げる投資情報

・・・こういった、様々なものを磁石のように引き付けてしまう力(ちから)のこと。

たとえば、世の中の大部分をしめる一般の人のところに来る(手に入れられる)情報と、ゴクゴク一部しかいない上場企業の創業者のところに来る(手に入れられる)情報を考えてみれば、その質は、まったく異なるものであることがわかるだろう。

実は、この「求心力」こそが、今後、なおいっそう激しさを増していく「情報格差社会の勝者」になるために非常に重要な要素となる。

世の中には、名前を表に出さないでひそかに億万長者になっている人が、実は星の数ほどいるのだ。

これ以外にも、権威ある役職に就いている人。こういった人たちには、もともと求心力が備わっているため、面白いように情報が入ってくる。

それどころか、情報だけではない。彼らの元には、

「人」が集まり、「事業」が生まれ「お金」が沸いてくる・・・。

そういった、「正のスパイラル」を自然と生み出しているからこそ、彼らは金持ちでい続けることができる。

一方、「求心力」の無い人はどうだろうか?

ちょっと考えれば分かるのだが、こういった人の前には残念ながら、当然優れた情報など入ってこないわけだ。だから、大きく稼げることはほぼゼロに等しいという状況になってしまうのだが・・・。

今の自分は情報強者なのか、情報弱者なのか?

求心力を持っているのか、いないのか?

これらをまずは冷静に分析してみることから、「生涯現役ギャンブラー」への道が開けることにつながるだろう。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
秘密結社投資合同会社チームギフト
65

【穴】あなたは目の前にある「格差」の存在に気づくことができるだろうか?

・優良な投資案件を集めてくることができるか? ・法的な問題を完璧にクリアしているのか? 投資にまつわる問題を解決して、投資に参

秘密結社投資合同会社チームギフト
64

【穴】資産構築のために投資合同会社をどう活用していくべきか?

あなたでも、本当の優良な投資の話を獲得することが可能。 海外投資にひそむ危険な法的リスクを回避しながら。 上場企業のオーナーに

秘密結社投資合同会社チームギフト
63

【穴】なぜあなたには、村上ファンドからオファーが一度も来なかったのか?

「なぜあなたには本当に良い資産運用・投資案件の話が来ないのか?」 根幹ともいえる、決定的な部分を公開しよう。 ▼あなたが「村上

秘密結社投資合同会社チームギフト
61

【穴】あなたは目の前にある「格差」の存在に気づくことができるだろうか?

こんにちは。『カジノの穴@人生必勝倶楽部』資産運用・投資案件担当のテリーマンです。 今日は日本に住む僕たちが、生涯ギャンブラー