逆転劇FX・バイナリーオプション > 日経225先物取引

【穴】日経225先物取引は海外でも CME

level015
633

日経225先物取引は日本では大阪証券取引所(大証)で行われているのだが、実は海外でも頻繁に取引がされている。

一つ目はアメリカにある【CME(シカゴマーンタイル取引所)】。。。

CMEとはChicago Mercantile Exchange=シカゴ・マーカンタイル取引所の略称。

アメリカ合衆国シカゴにある商品先物取引所と金融先物取引所で、先物取引などデリバティブ商品の取引量は世界最大規模を誇っている。

CMEは1898年に、【シカゴ・バター・卵取引所(Chicago Butter and Egg Board)】としてシカゴ商品取引所(CBOT)から独立し、1919年に【CME(シカゴマーンタイル取引所)】になった。

その後、CMEが【シカゴ商品取引所(CBOT)】を2007年7月に買収したことにより、CMEは世界最大のデリバティブ取引所となった訳だ。

CMEは日経225先物も取り扱っていて、インターネットからその値動きをみることができる。

大証の日経225先物の寄付きはシカゴの終値に大きく影響されるため、個人投資家でもその値動きに注目している人がたくさんいるのだ。

取扱時間は通常、日本時間で23時から翌朝6時15分となっている。

CMEでは日経225先物の他にも、ナスダック100やS&P500の先物もあり、アメリカの市場に大きく影響を与えているため、日経225先物にこれらの値動きが大きく響くことになってくるのだ。

CMEで上場されている日経225先物にはドル建、円建ての2種類がある。

なぜ、ドル建てと円建ての混在しているのか分かるだろうか?

日本円で大証の日経225先物に投資する場合は、為替リスクを考える必要がない。

しかし、CMEの日経225先物に投資している海外投資家は、ドル・ユーロなりを円に換えてから日経225先物に投資になるので為替リスクが発生する。

海外の投資家が円建てではなくドル建を考えるのは、日経225の上昇下落の予想だけでないと投資がしにくいのだ。

そのためCMEにドル建の日経225を上場して、為替リスクを考えずに海外の投資家が投資をしやすい様になっている。

日本の証券会社でもCMEの日経225先物の売買を取り扱っている所がいくつかある。

こうした商品をうまく活用すれば個人投資家であっても収益のチャンスを広げることができるかもしれない。

明日はもうひとの日経225先物取引を扱っている海外証券会社シンガーポールにつて書いてみたいと思う。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
逆転劇FX・バイナリーオプション
628

【穴】日経225先物取引を始めるには

日経225先物取引は簡単に言えば、日経平均価格が今後上がるのか? 下がるのか? コレを予想して売買していく取引。 今後上がると

逆転劇FX・バイナリーオプション
638

【穴】日経225先物取引 情報を集めていく

これから日経225先物取引を行なっていこうと考えた場合、どのように進めていけば良いのか!?  更には、取引に必要な情報をどのよ

逆転劇FX・バイナリーオプション
645

【穴】日経225先物 日経平均株価は基本

日経225先物取引や「ライト式」での日経225先物オプション取引で価格は日経平均株価が基本となっている。 この価格変動によって

逆転劇FX・バイナリーオプション
635

【穴】先物取引でもシステムトレード

今回はシステムトレードについて書いてみたいと思う。 システムトレードの経験はあるだろうか? 「儲かった。」 「とても損をさせら