逆転劇FX・バイナリーオプション > 日経225先物取引

【穴】日経225先物取引 実際の取引(トレード)方法

level015
640

日経225先物取引の実際の取引方法について、証券会社を決めて自分の口座を開設していく。様々な証券会社があるので自分の投資スタイルに合う証券会社を選ぶことが良いだろう。

「日経225先物取引」、「日経225mini」はいずれも大阪証券取引所で取引されているが、この取扱いをしている会社はすべて証券会社しかない。

証券会社選びにあたってはまずは「日経225先物取引」や「日経225mini」を取り扱っているかどうかチェックが必要で、取扱い会社の一覧は大阪証券取引所のホームページでも確認することができる。

さらに証券会社によって手数料、証拠金、トレーディングツール、情報提供の内容などが異なるのでこれらを比較検討して選択していく。

ココで需要なのはオンライントレードができる証券会社なのかだろう。取引がオンラインではないと急な値動きに対応できないから。。

手数料の違いが目に付きやすいのだが、サービスの質はそれだけで決まるものではないので自分の投資スタイルに合う証券会社を選ぶようにしよう。

証券口座開設した後は取引の基本となる証拠金を口座にお金を入れる。

わからない事については口座を開設している会社のHP等に書かれているかと思うが念の為、問い合わせてみるのが一番確実。

ココからが本題で自分なりに日経平均の相場を予測する。

これから先、日経平均株価が上がると予想した場合は「買い」(買建)、下がると予想した場合は「売り」(売建)の取引のスタンスを取るということになる。

いずれの取引スタンスにおいてもその取引を満期まで保有するのか、満期までに反対売買を行うのか(転売をするか、買い戻しをするか)、その時々の相場状況に合わせて取引していく。

しかし、日経平均株価が、自分が予想したものと反対に動いた場合は、損失が発生するので注意が必要となる。

日経225先物取引はすべてにおいて「差金決済」という決済方法によって決済されている。

実際に取引をしたポジションを決済するには、建値と反対売買を行った際の差額分を受渡しする。

決済の方法をもう少し詳しく説明すると、「反対売買」と「SQ決済」の2通りがある。

反対売買というのは満期までの間に買建の場合には転売を行うことで、また、売建の場合には買戻しを行うことでその建値との差額を決済するもの。

もう一方のSQ決済とは、各限月の第2金曜日に日経平均株価の構成銘柄となっている225銘柄の寄付きの値を基にして計算した日経平均株価(SQ値)で建値との差額を求め決済する。

日経225先物取引での「満期」というものだが、これは一般的に「限月(げんげつ)」と呼ばれている。

日経225先物取引においては、3月、6月、9月、12月の第2金曜日の前日がそれぞれの限月の取引最終日となっている。このような取引は「限月取引」と呼ばれ、5つの限月取引が取引最終日が近いものから順番に並行して行われている。

例えば、、、現在が8月としたら取引最終日の近いものは今年の9月となる。なので取引できる限月は今年の9月、12月、来年の3月、6月、9月の5限月となる。

そして1つの限月取引が終了するとその翌日から新たな限月取引がスタートしていく。

この取引につてを知らない方に少しでも分って欲しくて簡単に流れを数日に分けて記事にしてみたが参考になっただろうか?

こんな取引もあるのだと認識し、今後のトレードに役立ててくれれば幸いだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
逆転劇FX・バイナリーオプション
643

【穴】日経225先物への投資

日経225先物取引への投資はまだまだこれからも続けていけそうだと考えている。 このマーケットに参入してくる人は自分の考えをもと

逆転劇FX・バイナリーオプション
628

【穴】日経225先物取引を始めるには

日経225先物取引は簡単に言えば、日経平均価格が今後上がるのか? 下がるのか? コレを予想して売買していく取引。 今後上がると

逆転劇FX・バイナリーオプション
633

【穴】日経225先物取引は海外でも CME

日経225先物取引は日本では大阪証券取引所(大証)で行われているのだが、実は海外でも頻繁に取引がされている。 一つ目はアメリカ

逆転劇FX・バイナリーオプション
639

【穴】日経225先物取引 トレード手法を決めておく

日経225先物取引をスタートするに当たって大切なことは、自分に合った投資スタイルを決めることになる。 日経225先物取引に限ら