逆転劇FX・バイナリーオプション > バイナリーオプション攻略法

【穴】バイナリーオプションの歴史を紐解いてみる

level015
164

今でこそ、バイナリーオプションはなくてはならない取引方法の一つとして、重要な位置に存在しているのだが、そもそも、バイナリーオプションはいつからこのように人気商品になったのだろうか?

意外にも歴史は浅く、イギリスのIGグループホールディングス株式会社が、2003年に金融商品化した金融取引なのだ。

もともとは、これよりも以前には金融商品化されていない状態で市場に存在していたが、出始めた当初は規制のないものであった。

徐々にバイナリーオプションに関連する規制ができ、それらの形態をまとめると同時に、ルールや規制を追加して整った取引方式を確立していったのだ。その頃、日本では徐々にFX取引が注目を浴び、自宅でできる取引として着目されていた。

そのFXを主力商品として成長していた「FX ONLINE JAPAN」が2008年にIGグループホールディングス株式会社と業務提携を開始し、2009年にはIGマーケッツ証券と改名される。

この業務提携によりバイナリーオプション取引は2009年に日本へ上陸してくることになっていったのだ。

だがその後、海外ではアメリカのサブプライムローン問題、ギリシャの経済危機、イタリアの破綻で暗い影が落ち、その不景気の波により株や外貨の動きを予測するのが困難な時代に入っていく。

この難しい状況で、FX取引にはさらに厳しい国の規制が入ったため、FX取り扱い会社が減少傾向にあることからもわかるように、FX以外の取引に注目が集まるようになってきたのだ。

時代背景を追い風に、2011年に日経新聞にて取り上げられるなど、徐々にバイナリーオプションは、金融取引の中でも重要なポジションを担うようになってきた。

日本を含め海外でもまだまだ成長する余力はあるが、まだまだ歴史の浅い取引に変わりはない。

バイナリーという名前の由来は英語の「binary」から発生したもので、二つという意味をもつことから、二択であるこの名前が付けられたと言われている。

ネット環境が当たり前の世の中になってきたこともあり、今後はさらに増加し、トレーダー達も増えていき、利益を上げられるモノがでてくるであろう。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
逆転劇FX・バイナリーオプション
257

【穴】海外居住者がトレードを行う時の日本と海外の証券口座の使い方

つい2年ほど前まで、日本国内に居住していたオレは、日本国内の証券口座を持って普通にトレードを行っていた。 銀行口座も日本の口座

逆転劇FX・バイナリーオプション
162

【穴】バイナリーオプションで陥りがちな負のスパイラル

バイナリーオプションに限らず、FX(外国為替証拠金取引)や、日経225先物などの売買で、投資をしていくと必ずと言っていいほどマ

逆転劇FX・バイナリーオプション
167

【穴】バイナリーオプションで資金を増やすための持高管理と資金管理

バイナリーオプションとして入ることになる相場には、レンジ相場とトレンド相場があり、どちらかが終わればどちらかが始まっていき、常

逆転劇FX・バイナリーオプション
166

【穴】バイナリーオプションで導入された2時間ルール

FX取引でのバイナリーオプションでは規制が入り変わり始めている。 二者択一のバイナリーオプションでは、「今後の為替が円安に向く