銀行融資をフル活用海外不動産投資 > 政府サポート太陽光手持ち資金ゼロで1,800万円

【穴】ソーラーパネル発電事業の日本政策金融公庫融資にチャレンジしてみる

level014
casino191

担保さえあれば、メリットを謳歌できるソーラーパネル(太陽光)発電事業。

  • 自分の資金を一切使うことなく
  • 日本という国の保証で確実に収入を得られ
  • 20年間で1,800万円もの収益を取れて
  • 税金も安くなる

「カジノの穴@人生必勝倶楽部」のメンバーとして、この仕組みを僕たちの生涯にわたるギャンブル種銭づくりのために、計略的に利用するために重要なこと。

それは金融機関からの「融資」。

この金融機関からの融資を具体的に受けるためにはどうすればよいか?考察をして行きたい。


▼日本政策金融公庫の融資は、属性で判断されず担保で判断される

まず僕たち「カジノの穴@人生必勝倶楽部」として注目しなければならないことは、日本政策金融公庫の融資は、個人の属性で判断されるのではなく、純粋に担保で判断されるという部分である。

これは何を意味しているか?

僕たちが医師であるとか、経営者であるとか、サラリーマンであるとか、もしくは無職であるとか、年収が1,000万円であるとか、300万円であるとか、こういった情報が、あまり融資条件と関係がない、ということを意味している。

つまり、万が一支払いが滞った場合に決済できる担保があるかないか、この点のみを判断材料としているわけだ。

これは僕たちそれぞれが置かれている状況としては、融資を受けられる可能性が高くなるということで、かなり有利に働くのではないだろうか?

実際に体感した「カジノの穴@人生必勝倶楽部」メンバーによると、担保価値は当然多い方が良いはずだが、実務上融資金額と同額程度の担保があれば、融資が通るケースが多いようだ。

担保資産としてみなされるのは、

  • 不動産
  • 有価証券

有価証券は担保価値としての掛け目があるので、僕たちが持っている株式によって計算方法は異なるが、日本政策金融公庫の「環境・エネルギー対策資金融資」では、7,200万円を限度額とした融資を現在行ってくれている。

担保を出せる場合の融資であれば、現状金利が1.25%。担保ではなく保証人での融資であれば、2.1%が設定されている。

注目すべき点は、変動金利ではなくて、固定金利であること。15年間の固定金利での融資は、僕たちが取り組もうとしている、ソーラーパネル(太陽光)発電事業案件の特性を考慮すると、メリットが大きい。

また、経営者の場合、医師・歯科医師などの場合など、僕たちそれぞれが懇意にしている金融機関から、自分の力で借りることのできる場合は、それでも融資を受けている実績が実際にある。

この条件に合う場合は、今回のソーラーパネル(太陽光)発電事業案件では、チャレンジしてみる価値は高い。



追伸

太陽光発電(ソーラーパネル)事業案件に関しては、「カジノの穴@人生必勝倶楽部」として情報収集本部を設置。

的確な情報発信を行うためにも、情報収集本部に向けて、積極的に意見をぶつけて頂きたい。

また、この案件に対する質問や問合せなども受付させて頂く。

銀行融資と、政府の買取保証がある、今だからこそ、有利に展開できる案件、これがいつまでも継続されるわけではない。

今あるチャンスを活かすためにも、出来る限り多くの叡智を僕たちとして蓄積。そして活用して行きたい。

【太陽光発電(ソーラーパネル)事業】
 情報収集本部直通連絡フォーム

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
銀行融資をフル活用海外不動産投資
casino189

【穴】ソーラーパネル(太陽光)発電事業の収益体系はどうなっているのか?

ソーラーパネル(太陽光)発電事業は、本当に収益が取れるのか? この側面から「カジノの穴@人生必勝倶楽部」として、ソーラーパネル

銀行融資をフル活用海外不動産投資
casino193

【穴】ソーラーパネル(太陽光)発電事業におけるリスクを徹底確認

ソーラーパネル(太陽光)発電事業におけるリスクを確認する。 考えられるリスク事項を、「カジノの穴@人生必勝倶楽部」として、一つ

銀行融資をフル活用海外不動産投資
casino196

【穴】ソーラーパネル(太陽光)発電事業シミュレーションと参加方法の確認

ソーラーパネル(太陽光)発電事業は、日本国内で担保を提示さえできれば、メリットを享受できる案件。 自分の資金を一切使うことなく

銀行融資をフル活用海外不動産投資
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【穴】ソーラーパネル(太陽光)発電事業における質疑応答まとめ その2

ソーラーパネル(太陽光)発電事業は、日本国内で担保を提示さえできれば、メリットを享受できる案件。 自分の資金を一切使うことなく