銀行融資をフル活用海外不動産投資 > 政府サポート太陽光手持ち資金ゼロで1,800万円

【穴】政府サポート手持ち資金ゼロで1,800万円!太陽光発電案件攻略

level014
casino187

「ソーラーパネル(太陽光)発電案件」が登場。「カジノの穴@人生必勝倶楽部」として、徹底的に調査済みの、安心できる案件が登場。

「ソーラーパネル(太陽光)発電案件」の対象としては、

  • 約2,000万円程度の担保の提供ができる(本人でなくても家族などの担保も可能)
  • 自分自身の懇意にしている銀行で、個人・法人問わず約1,800万円程度の借り入れが可能。
  • 個人・法人問わず、日頃から税金が高いと感じている。

条件が合えば、国が支援している事業としての位置付けなので、非常に確実性の高い収入と、非常に低い金利且つ、15年間の固定金利での融資を受けることが可能という案件になる。

「ソーラーパネル(太陽光)発電案件」のユニット単位では1,871万円が一単位となるが、フルローンが可能であれば、初期費用が0円で臨める。 (正確には、借地の保証料30万円と、管理維持費用5年分で94,500円が初期にかかる。)

手持ち費用がいらず、国の保証や保険によって、収益やリスクの大部分をカバーされている案件。

日本国内の案件であり、日本居住者のみ対象の案件であれば、条件が全てクリアできれば、かなり有利な形で案件に臨むことが可能。

「手持ち資金0で今後20年間、累計約1,800万円の収益を得る方法」でもある。

波に乗ることで、日本に住んでいる生涯現役ギャンブラーズにとって、かなり有利な形で案件に臨むことが可能である。


▼手持ち資金0で今後20年間、累計約1,800万円の収益を得る方法

「カジノの穴@人生必勝倶楽部」として「日本国内の案件」を紹介させて頂く。 なぜ、今さら日本国内での案件なのか?その理由は3つある。

  1. 日本の政府が支援している事業のため、収益を向こう20年、国が保証してくれる。
  2. 日本の政府が支援している事業のため、税金の優遇措置があり節税できる。
  3. 日本の政府が支援している事業のため、融資を利用し、手持ち資金0でも参加できる。

案件のポイントをサマリー化させてお話すると、

手持ち資金0で融資を利用し、20年間で約1,800万円もの収益が、毎月配当として受け取れて、さらに税金面の優遇を受けられる。

  • 年収300万円:20年間で約150万円
  • 年収500万円:20年間で約340万円
  • 年収1,000万円:20年間で478万円
  • 法人(40%税率とする):一括償却で720万円

節税までできる案件。

仮に年収1,000万円の人であれば、一切の手持ち資金がなくても、今後20年間で収益と節税合わせ、約2,300万円もの収入を獲得することができる。

しかも国が後押ししているため、収益も優遇税制も、確実に得られるという話。

こんな話であれば、日本だろうが海外だろうが、検討すべではなかろうか?

さて、これは何の案件なのか?

その答えは「ソーラーパネル(太陽光)発電案件」なのだ。

「ソーラーパネル(太陽光)発電」の住宅への利用は、1994年に本格的に始まった。

国の後押しによる、補助金の制度や余剰電力の買取制度によって急速に普及し、2012年までの18年間で、設置総数100万件を超えるまでに至っている。

再生可能エネルギーの中で最も期待をされている分野でもあることから、2012年には新たに、固定価格での電力全量買取保証制度が始まったことで、住宅用のみならず、電力の売却による「収益」を生む事業としても注目を集め始めた。

今回の案件は、「屋根に付けるタイプ」のではなく、住居や利用のできない田舎の遊休地にソーラーパネルを設置するもので、「電気代の節約」のためではなく利回りと節税効果を取る、という、国の買取保証を利用した、「収益を取る」ためのスキームである。

収益性、優遇税制の面からみて、非常に確実性が高いわけですが、以下に当てはまる場合は特に、確実に行うべきだ。

  • 約2,000万円程度の担保の提供ができる(本人でなくても家族などの担保も可能)
  • 自分自身の懇意にしている銀行で、個人・法人問わず約1,800万円程度の借り入れが可能。
  • 個人・法人問わず、日頃から税金が高いと感じている。

今回の案件は、1,871万円が1ユニット、年間の想定売電収入が206万円なので、全額キャッシュで計算しても、年間11%の利回りである。

しかし設置費用1,871万円を、フルローンで借入した場合、さらにスキームは先に進む。

シミュレーションしてみよう。

  • 15年金利1.25%の固定で1,871万円を借り入れると、年間の返済額は、約137万円。
  • 年間の売電収入206万円から15年間は、206万円―137万円―借地料12万円=57万円が手取り収入となる。
  • 16~20年の5年間は、206万円から借地料12万円を引いた、194万円が、手取り収入として入ってくる。
  • 合計すると、20年間でこのスキームから得られる手取りの収入は、18,287,899円。

銀行融資を受ける形のフルローンなので、ほとんど資金の手出しなしで、これだけの収入を得ることができることになる。 実質の利回りは・・・自己資金が0なので計算できない。利回り∞(無限大)スキームとでも言えるだろうか?

これに節税が加わるのですから、メリットは計りしれない。

自分は収入が低くて銀行から借りられないのでは・・・という心配もない。

実際に年収200万円の新入社員の方で、祖父母の担保提供により、フルローンが通ったケースがある。 現在、日本政策金融公庫は、「環境・エネルギー対策資金融資」として、7,200万円を上限とした融資を行っている。

審査基準は「属性」ではなく「担保」なので、収入の低い方でも融資にチャレンジができる。 この融資は、超低金利の上、長期固定金利なので、将来の金利上昇のリスクを負わない。 国が支援する、というのは、本当にメリットの大きいことなのだ。

「カジノの穴@人生必勝倶楽部」メンバーとして、まずは勉強するところから始めて頂きたい。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
銀行融資をフル活用海外不動産投資
casino193

【穴】ソーラーパネル(太陽光)発電事業におけるリスクを徹底確認

ソーラーパネル(太陽光)発電事業におけるリスクを確認する。 考えられるリスク事項を、「カジノの穴@人生必勝倶楽部」として、一つ

銀行融資をフル活用海外不動産投資
casino189

【穴】ソーラーパネル(太陽光)発電事業の収益体系はどうなっているのか?

ソーラーパネル(太陽光)発電事業は、本当に収益が取れるのか? この側面から「カジノの穴@人生必勝倶楽部」として、ソーラーパネル

銀行融資をフル活用海外不動産投資
casino191

【穴】ソーラーパネル発電事業の日本政策金融公庫融資にチャレンジしてみる

担保さえあれば、メリットを謳歌できるソーラーパネル(太陽光)発電事業。 自分の資金を一切使うことなく 日本という国の保証で確実

銀行融資をフル活用海外不動産投資
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【穴】ソーラーパネル(太陽光)発電事業における質疑応答まとめ その2

ソーラーパネル(太陽光)発電事業は、日本国内で担保を提示さえできれば、メリットを享受できる案件。 自分の資金を一切使うことなく