デイトレーダーとして生計を立てる > ライトのトレーダーマスター講座

【穴】「ディーラー」と「トレーダー」の違いをカジノディーラーライトが考察

level013
002-2

カジノディーラーだったオレたちにとって「ディーラー」と呼ばれることが当たり前だったが、カジノ以外にもこう呼ばれる人たちがいた。

例えば車の正規販売店もディーラーだが、最もカッコ良く思えてしまうのが外国為替を取り扱っている為替ディーラーだ。

株の場合には「トレーダー」がしっくりくるのだが、為替においては「トレーダー」よりも為替ディーラーと呼ぶだろう。

裏カジノとは違っていかにも巨億の額を動かしているような感じがあり、オレたちカジノ業界人からみるとものすごくカッコ良くて憧れてしまうの世界観がある。

基本、株や債券を取り扱う証券会社での「ディーラー」と「トレーダー」には区別がある。

「ディーラー」とは証券会社、銀行などの金融機関での委託売買に対して、自己負担において顧客や証券会社の資金を使用し売買をしている。

一方、「トレーダー」は証券会社の資金を使用せずに、顧客の注文に基づいた売買取引を行っている。つまり仲介業がメインだが顧客に対してのアドバイスも行っている。

簡単にいえば、「ディーラー」は個人の判断でエントリーをして売買利益を上げていく。相場が上がると判断できれば買いで攻めていき、下がると判断できれば売りを用いていく。

もちろんこの判断は「ディーラー」個人が行うので責任は「ディーラー」にあることになる。

これに対して「トレーダー」は顧客の注文を取引しているため個人に責任はなく、顧客が動かなければ勝手な売買は行わない。

「トレーダー」は顧客の取引をカバーしているためリスクもなく、顧客からの手数料が収益になっていき、「ディーラー」は個人でのポジションを建てて利益を追求していく。

もちろん「ディーラー」も顧客の取引を行うため手数料も収益になっている。

外国為替取引の場合には取引所はないので、すべての取引は「相対取引」となり、売る人がいなければ買うことが出来ないし、買う人がいなければ売ることができない取引なため、「ディーラー」と「トレーダー」の区別が必要ない。

外国為替市場には「ブローカー」の存在があり、「ディーラー」と「ディーラー」の間に入り、取引を成立させて、双方の「ディーラー」から手数料を徴収している。

証券会社の場合にはこの「ブローカー」と「トレーダー」は同じ役割にあり、呼び方の違いで殆ど同じ意味に値しているのだ。。。



追伸

オレが現在進行系で「トレーダー」として稼ぎ続けている手法。

最も勝率が高く、なおかつ、トレードをしたことのないド素人を含めて、誰でもできる再現性の高い「トレード」手法を公開させて頂く。

なにせ、2013年12月を閉めた時点で、20連勝。20ヶ月間たったの一度も負けなしで全勝し続けている方法。オレだけではなく、実際に「カジノの穴@人生必勝倶楽部」のメンバーたちも参加していて、全員勝利している。

毎月10万円前後を地道に勝ち続ける地味な手法ではあるが、だからこそ、着実に勝ち続けることができる。

秘密の全ては下記URLより登録できるメール講座の中で公開させて頂く。

【メール講座:ライト式日経225オプション】

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
デイトレーダーとして生計を立てる
casino

【穴】「トレーダー」とはどういうものか?裏カジノディーラー12年歴のライトが公開

「トレーダー」日本裏カジノ界で現役ディーラーをしていた時から興味のあった言葉「トレーダー」。 まあ、これに似たようなことはこの

デイトレーダーとして生計を立てる
casino347

【穴】裏カジノディーラー時代にはじめた「トレード」の甘い経験と苦い経験

オレが「トレード」を初めて行なったのは裏カジノ時代にさかのぼる。当時26歳であった1999年に株で「トレード」というものをはじ

デイトレーダーとして生計を立てる
243

【穴】トレーダーとしての活動をはじめるにあたり大切なこと

FX(外国為替証拠金取引)、株式、日経225、先物などトレードする商品はいくらでもある訳だが、どのようなトレードをしていくのか

デイトレーダーとして生計を立てる
casino345

【穴】トレーダーの活動をはじめるに当たり参考にする判断材料

「トレーダー」としての活動をスタートするには何からはじめればよいのか? どんな種類の「トレード」をしていきたいのかを考える際の