デイトレーダーとして生計を立てる > ライトのトレーダーマスター講座

【穴】「トレーダー」とはどういうものか?裏カジノディーラー12年歴のライトが公開

level013
casino

「トレーダー」日本裏カジノ界で現役ディーラーをしていた時から興味のあった言葉「トレーダー」。

まあ、これに似たようなことはこの当時から行っていた訳だが、基本的には博打に近い感覚で、「勝った!・負けた!」を繰り返しているうちに高い授業料を払ったことになる。

「トレーダー」たるモノのは「為替」、「株式」、「債券」など比較的短い期間で売買を行い利益を得るモノのことを指す。

大まかに「トレーダー」と言っても様々な人種がいることになる。

銀行や証券会社、保険会社に属しており、職業として実施している機関投資家たち。 主婦や学生、副業や趣味で行う個人投資家もこの「トレーダー」の中に含まれてくる。

「トレーダー」たちは基本的には機関投資家、個人投資家と呼ばれていることが多いが、個人投資家の現状は、投資というよりも投機に近いことから投機家と言った方が正確ではないだろうか。

投資とは、株式などを中心に中、長期間の保有をしてその会社の成長を期待するものであり、業績や見通しで判断していくのだが、投機の場合には会社の成長を考えるよりも株価という数字を追っているため、短期で売買をして利益を得ようとするものだ。

「トレーダー」の中でも1日に一度だけや、何度も売買取引を完了させていく「デイトレダー」が存在している。

インターネットを通じて証券会社との取引がスムーズな現在では、証券口座を持ってさえいれば、市場が開いている限りいつでも取引が可能。

金額の大きさは人それぞれになるが身丈にあった額で行っている人は良い方で、ある一時からこの身の丈を大きく超えてしまい、痛い目をみている人も大勢いるだろう。

オレもカジノディーラー魂に火をつけてギャンブル感覚で一晩に数万円の遊びのはずが、数十万円の痛手を受けたこともよくあった。

「トレーダー」になるための知識も大して入れず、ギャンブラーの感だけを頼りにした結果がこんなモノだった。

「トレーダー」になる方法というものは、業界内では確立しておらず、実際今「トレーダー」と名乗っている人たちの大部分は、独自で知識を得た、インターネット系の塾に入り教えを得た、インターネットを通じて勉強会で・・・、こういったところから「トレーダー」入りをしてくる人は後を絶たないのが現実。

そして、「トレーダー」としての活動で勝ち続けることができずに、散っていく者も多い。

興味があるときに学ぶことは吸収力も増して良いことだと思うが、浅はかな知識では危ないだけ。確かな道筋をつくることができれば「トレーダー」としても良い結果に結びついていくだろう。。。



追伸

オレが現在進行系で「トレーダー」として稼ぎ続けている手法。

最も勝率が高く、なおかつ、トレードをしたことのないド素人を含めて、誰でもできる再現性の高い「トレード」手法を公開させて頂く。

なにせ、2013年12月を閉めた時点で、20連勝。20ヶ月間たったの一度も負けなしで全勝し続けている方法。オレだけではなく、実際に「カジノの穴@人生必勝倶楽部」のメンバーたちも参加していて、全員勝利している。

毎月10万円前後を地道に勝ち続ける地味な手法ではあるが、だからこそ、着実に勝ち続けることができる。

秘密の全ては下記URLより登録できるメール講座の中で公開させて頂く。

【メール講座:ライト式日経225オプション】

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
デイトレーダーとして生計を立てる
casino

【穴】元カジノディーラーのライトが「トレーダー」に転向した理由

元カジノディーラーのオレが「トレーディング」を選択した理由にはいくつかあるのだが、一番良いところはインターネットに繋がっていれ

デイトレーダーとして生計を立てる
246

【穴】FX(外国為替証拠金取引)はゼロサームゲーム

現在「トレード」といえばこのFX(外国為替証拠金取引)が、巷では一番人気に上がってくるのではないだろうか!? 個人投資家から機

デイトレーダーとして生計を立てる
casino345

【穴】トレーダーの活動をはじめるに当たり参考にする判断材料

「トレーダー」としての活動をスタートするには何からはじめればよいのか? どんな種類の「トレード」をしていきたいのかを考える際の

デイトレーダーとして生計を立てる
002-2

【穴】「ディーラー」と「トレーダー」の違いをカジノディーラーライトが考察

カジノディーラーだったオレたちにとって「ディーラー」と呼ばれることが当たり前だったが、カジノ以外にもこう呼ばれる人たちがいた。