デイトレーダーとして生計を立てる > 居合抜き

【穴】夢・ゴールを抱き灼熱のモチベとともに邁進する方法

level013
2

門使いの四柱推命鑑定士として、時空という面から、「目標」の活用方法について一考。僕たち人間の「魂」は、「時空」における「認識」によって、強くなったり弱くなったりする。

「目標」を持つと強くなり、「目標」を失うと弱くなる。

「使命」を持つと強くなり、「使命」を失うと弱くなる。

「役割」を持つと強くなり、「役割」を失うと弱くなる。

この際、「ゴール」や「夢」にも例えられる、「目標」を抱いた状態で。「目標」「使命」「役割」と三角形を構築すると、もの凄いレベルで自らの「魂」の「認識力」が高まる。

第三者から見れば、以前とはまるで別人のように急変貌を遂げて。「使命」と「役割」をむねに、「目標」に対して邁進して行けるようになる。

この時には、

・やりたいことが分かりません
・モチベーションが上がりません

・・・などという言葉とは一切無縁になり、たとえ他の人全員に止められても、コッソリ隠れてでもやるようになる。

両親に叱られても、机の下でコッソリと、iPhoneアプリゲームで遊ぼうとする子どもたちのように。僕自身も、会社勤務のサラリーマン時代、新たな「目標」を会社の外に持ってしまったことで、全てが変わってしまったことがある。

「真田孔明」を自ら命名し、新たな「使命」と「役割」をむねに「目標」に向けて邁進しはじめたことで、「灼熱の炎」を心の中に宿し、たとえ勤務している会社から禁止されている行為だとしても、それに背き、会社の上司・同僚・後輩全員を欺き、アフター5の時間を活用して、こっそりと「真田孔明」としての活動を続けていた。

結果、それまでの人生では、到底味わったこともない、物凄い量の「エネルギー」を「情報の時空」の中で蓄積して行くことになった。

会社の勤務時間外でコツコツと蓄積し続けていた、「情報の時空」の力が暴走。会社の時間内の、「物理の時空」内での力を、大幅に上回った。

結果、「大々的な会社バレ」という、事件へと連鎖していった。会社の中・・・という「物理の時空」から、強制的に排除されて、「情報の時空」に放り出されてしまった。

こうして僕は、2011年1月1日、強制的な「円満退社」によって12年間のサラリーマン生活に幕を閉じ。独立起業することになった。

父親サラリーマン一筋、母親地方公務員教員職一筋、ごくごく普通の家庭に生まれ、生涯を上場企業のサラリーマンとして全うしようとしていた単なる「一市民」だった僕が。サラリーマンでありながら、勤務する会社外の部分で、「目標」「使命」「役割」を抱き、「認識力」を持ってしまったことで、異常な程の「情報の時空」における、「エネルギー」が発生。

膨大なエネルギーを原動力に活動することが、できるにようになってしまった・・・。

「目標」「使命」「役割」から成る「三角形」を秘め持つ強さである。

「目標」は「夢」か「ゴール」か?

「使命」や「役割」というものは、それ単体で成り立つものではなく、心に「目標」を抱いた後、「目標」に向けて歩み始める過程で、後発的に発生して行くものだと分かった。
それならば、全ての鍵は「目標」を抱けるかどうかにかかっているのではないだろうか?
そこで、「目標」という定義を、さらに分解してみると・・・。「夢」とか「ゴール」とかに、関連することが分かる。

「夢」と「ゴール」その違いは何か?「夢」とは、漠然的なもの。つまり、文字情報化が、上手にできてなくてもいい。

その代わり自分が今、「今、「夢」の実現に向けて動いている」という体感があるものが「夢」。

文字情報として、明確にコレと定めることができなくても、言語以外の感覚神経によって、「夢」を全身にまとうといったイメージだろうか?

「ゴール」とは何か?

「夢」よりももっと明確化されたもの。特に、文字情報として、明確化されたものだ。

「夢」という単語を使うか?「ゴール」という単語を使うか?

どちらが、自分の「目標」を抱く時に役にたつ「ことば」なのか?

・・・これは、多くの仲間たちと対話していく中で突き詰めていくと、生まれながらの「門」にも関わってくるものなので、そこは、「夢」という単語を使うべきだ!「ゴール」という単語を使うべきだ!・・・などの、強制化は必要ないのだと思った。

「夢」という単語を使ってもいいし、「ゴール」という単語を使ってもいい、日によっても変えていい・・・。「夢」や「ゴール」という形で、「目標」を抱ければそれでいい。

「死んだ魚の眼」人生の「目標」を失った人

勤務する会社の中で、スーツという鎧、肩書き・役職という位をまとい、無敵の大将軍として活躍していた猛者であったとしても。会社組織の中で、大活躍していた人に限って。会社を退職して、人生の目標を失ってしまうと、「目標」を失うと、「使命」と「役割」を喪失。

時空の中での「認識」を喪失。体全身の生気のようなものが無くなり、逆の意味で、全く別人のようになってしまう。

目は「死んだ魚の眼」になり、体全身年を取って老化してしまうのである。

定年退職後のサラリーマンが、急に老けて見える場合が多いのは、年齢というよりは、この「目標」「使命」「役割」を喪失したことが要員となる部分が大きい。

何を隠そう僕も、2011年1月1日・・・強制的に独立起業させられることで、この状態に陥った。

僕の場合は、会社勤務しつつも、会社の外に「目標」を抱いて、「使命」「役割」が発生したのだが。あくまでも、「サラリーマンでありながら、会社の外で活躍しよう!目指すは「生涯収入5億円」」

・・・と、「会社の中・会社の外」両方がセットであり続ける形で、「目標」を掲げてしまっていたため。両輪の内の、一輪が脱輪してしまったことにより。「目標」が崩れ、「使命」と「役割」も大きく崩れた。

さらに、追い打ちをかけるように、僕が同年代のパートナーとともに、心の奥底から「師匠」だと、定めていた方が、途中からコケまくって・・・コケた後の対応も、僕たち的には、まったく納得行かないもので、

「僕達の目指すべきところではない」

・・・と、突然「目標」を失ってしまった。

両輪の内、片輪(会社内)が脱輪。片輪(会社外)がパンク。目標を大きく失い、「使命」「役割」が喪失し、再びブロガーとして執筆をする意欲が失せて。執筆頻度が下がった。

・・・すると、酒とシュガーズビタリになり、ブクブクと太りだし、体重が100キロ超えの「エディ」化してしまったわけだ。

生まれながらの囚われが、「月財門」の僕には、僕が上に立つのではなく、僕の上に立ってくれる、師匠やボス的人間の存在が重要。人類が誕生した遥か昔に、地上に現れた生物。

彼らの目的はただ一つ・・・それは、最強のボスに仕えること。。。という映画『ミニオンズ』のような囚われだと理解頂けると分かりやすいだろいうか?

しかし「目標」「使命」「役割」を喪失したことがキッカケで、心身を崩壊させた状態で、師匠やボスを探すことは、難しかったようだ。。

その後も、まさに『ミニオンズ』の映画のようなことを、繰り返していた。

『ミニオンズ』の映画を見て、涙を流してしまった僕がいた。けれども、時空は僕を見放さなかったようだ。

そんな中で、『ミニオンズ』が、最強のボス「怪盗グルー」に巡り会えたように、月財門の僕が、ようやく仕えることができる。。。と、心の奥底から思える御方が現れたからだ。

正確にいえば、2011年末という早い段階から、お会いしていたのだが、本格的にお仕えする決意を固めた。その御方こそ、北の物販大富豪、北野会長。

ビジネス・投資の世界で、45年間・・・ただの一度も「飛んでイスタンブール」にならない「生ける伝説」を持たれる御方である。

「北野会長の後ろ姿を追いかけよう!」

月財門の僕は、小学校時代からの幼馴染である、月官門のサッチェルとともに。新たな「目標」を抱くことに成功した。

「目標」に向けて、再び歩みをすすめることで、「使命」「役割」が発生した。

「認識力」に基づくエネルギーを増幅。無敵の月財門・・・無敵の月官門・・・として、再び力強く、「目標」に向かって歩みをすすめることができるようになったわけだ。

人生を加速させる「目標」の見つけ方

「私の「目標」は何?」

独り机の上で考え続けていても、高い確率でこれは浮かばない。完全なら「無」から「有」を創り出せる人間は、まずいないのだから・・・。

いたとしたら、「俯瞰レベル」を頂点まで上げられる「釈迦」や「ブッタ」?

いや、彼らでさえ、「神」という「人」が文字情報化した存在や、日々巡り合う人々から学ぶことで、様々な叡智を見出していったはずなのだ。

どんな人間であろうと、「温故知新」。必ず過去から学び続ける。

未来から過去に向かってやってくる時間の流れの中を、歩みながら。だから、自分の「目標」が見つからない・・・という場合は、「無」から「有」を生み出そうとしてしまうのではなく。すでに「存在」している人。自分が「凄い人」「目指したい人」と、強く「認識」できる人。

これが、実在している人間でも、すでにあの世に行っている人間でも、どちらでもかまわないので、そういう「存在」になることを、「目標」として定める。

「目標」の対象となる人物が、生きている人間であれば、「背中を追いかける」と行った形だろうか?

「目標」が定まった後。「目標」に向けて歩みをすすめると、「使命」と「役割」が生まれていく。

「目標」「使命」「役割」の三角形を構築できると、月官門のサッチェルや月財門の僕のように、灼熱のモチベーションを胸に、邁進し続けることができる。

その流れの中では、何か壁や問題にぶつかったとしても、自分自身がレベルアップして、急速に進化成長して、回避できるようになる。。

・・・という状態になることができるのだ。2015年6月時点では、株の一つもやったことない僕たち2人が、この短期間でどれだけ成長したのか?

・・・これは、計り知れないものがあるのは、明白である。だから・・・もしもあなたが今、2017年に向けて、「目標」「使命」「役割」を抱けていないのだとしたら・・・
サッチェルや僕のように、「地下ソサエティ」の仲間たちのように、まずは自分自身にとっての、「目標」となる具体的な「人物」を探しだす。

その「人物」の「背中」を追いかけることを「目標」としてみる。

その活動の中で、「目標」「使命」「役割」という「三角形」を構築してみてはいかがだろうか?

この方法であれば、各駅停車の山手線から、新幹線MAXのぞみに乗り換えるかの如く、普通では考えられない、物凄いスピードで、「目標」に向けて邁進し、進化成長しつづけることができるはずだ。

2017年の「目標」設定の参考として、活用頂けると嬉しい!

追伸

「地下ソサエティ」の活動を通して、北野会長をご自身の「目標」と定めることができるタイプか?ご自身の適正確認を具体的に行いたい場合は、ブレずに人を確認できる男、月官門サッチェルへ直接・・・

「サッチェルSOSゴールド(Skype相談チケット)」
http://order.sanadakoumei.com/satchel-sos-gold/

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
デイトレーダーとして生計を立てる
67

【穴】ソフトバンク孫氏、米に5兆円投資 トランプ氏と会談

2016/12/7 5:12 「ソフトバンクグループの孫正義社長は6日午後、トランプ次期米大統領とニューヨークのトランプタワー

デイトレーダーとして生計を立てる
32

【穴】一撃「3,400万円」の注文書を特別に公開

2016年11月18日(金)、マレーシアジョホールバル自宅コンドミニアムの中で、シンガポールに行く準備をしていると、突然一通の

デイトレーダーとして生計を立てる
100

【穴】「忙しい」ときこそ「動くな働くな何をするかゆっくりと考える」

お金の使い道が無いのでお金だけが溜まっていく@ジョホールバル 風のように素早く動かなければならない時がある。林のように、静かに

デイトレーダーとして生計を立てる
83

【穴】ウッドベリーコモン・プレミアムアウトレット・日帰り剣客武者修行

ニューヨーク郊外にあるアウトレットモール「ウッドベリー・コモン・アウトレット」(Woodbury Common Premium