デイトレーダーとして生計を立てる > 居合抜き

【穴】「ピッチ(PHS)」が日常から消える日が来るなんて想像できなかった・・・。

level013
1

「テレホンカード」が財布の中から消える

僕が高校生の頃までは、友だちと連絡を取るとなった時には、近くの公衆電話BOXに駆け込んで、電話をかけていた。

1-1

その時、友だちとの交流で、一番重要だったのは、「テレフォンカード」。

財布の中を開けると、ずらりと「テレフォンカード」が束になって入っていて。限定版の「テレフォンカード」などは、ついつい勿体なくて使えずに、財布の中に滞在し続けていた。

1-2

東急東横線に乗って、渋谷のセンター街などに行くと、中東系の方々が、「テレフォンカードあるよ!」と声をかけてくる。

「え?テレフォンカード当然欲しいですよ!いくらですか?」

中東系の男性「1,000円」

興味本位に、中東系の男性に言われるがまま、桂花ラーメンのある裏道に入り、1,000円を渡してみると、、束になった「テレフォンカード」をくれた。

よく見ると手渡された「テレフォンカード」の作りがおかしい。使用済みの穴の空いた「テレフォンカード」に、銀色のテープのようなものが貼ってある。

僕は怖くて使えなかったが、後から確認したところによると、何枚かに一枚は本当に使えてしまう「改造テレフォンカード」だったようだ。

互いに素性も知らないはじめて出会った異国人同士が、「テレフォンカード」の一言だけで、路上での商売が成立してしまう位。「テレホンカード」というものは、僕たちにとって、日常の中心に位置しているものだった。

しかしまさかあの頃は、その「テレホンカード」が財布の中から消える日が来るなんて、当時の僕はその「未来」を想像もできなかった・・・。

東京テレメッセージの「ポケベル」

僕が人生の中ではじめて購入した、携帯型通信機器は、東京テレメッセージ株式会社の「ポケットベル」だった。

1-3

「ポケベル」

「ポケベル」がこの世に誕生してくれたお陰で、僕たちの人生はガラリと変わった。

それまで、自分が通っている学校とは違う学校のお友だちに連絡を取る際は、「テレフォンカード」を使って、お友だちの自宅に直接電話をしなければならないのだが。。子供部屋に別回線の固定電話が置いてある・・・などという、「キミ、御坊茶魔くん?」と思ってしまう程の、ゴクゴク一部のボンちゃんを除き。普通はご両親と共用の電話を使っている。

だから、予め約束した時間以外に電話をかけてしまうと、大抵両親のどちらかが、先に電話を取ってしまう。。

「夜分遅く失礼します・・・」

なんとも言えない空気を味わった後で、ようやく友だちと電話でお話することができるのだ。

「ポケベル」は、その既存の常識をぶち壊した。なんと、、両親の介在を恐れることなく、お友だち同士で自由自在に連絡をしたりすることができる。

僕たち人類の歴史を変えたのは、通信によってお友だちに「メッセージ」なるものを送れるようになったことだ。

プッシュホン機能のある一般電話から10文字程度の数字列を送ると、「メッセージ」がお友だちのポケベルに表示できる。

また、その日本語変換メッセージを使わなくても、

0840=おはよう
09106=おくれてる
21104=ついたよ
500731=ごめんなさい
5110=ファイト

あえて数字を使うことも可能。

電話通話を通してお話しなくても、思いの丈、言いたいこと、いつでもどこでも相手に伝えられる。「ベル友」なる言葉も誕生し、世の中は「ベル友」ブームになっていた。

人と人との関係性は、「ポケベル」を介して存在すると言っても大げさな表現ではないほど、僕たちの生活は、「ポケベル」という神器中心になっていた。

しかしまさかあの頃は、「ポケベル」が僕たちの日常から消滅。公衆電話でピコピコと、数字の羅列を押さなくなる日が来るなんて、当時の僕はその「未来」を想像もできなかった・・・。

「ピッチ」こそが「史上最強」と思っていたのに・・・

1995年、僕がアメフトのスポーツ推薦で入学した、大学一年生の頃。「ピッチ(PHS)」なるサービスが開始された。

1-4

実は当時から携帯電話なるものが、あることは知っていたが、携帯電話は尋常ではない値段。

アルバイトもせず、毎日孔明ママからもらった、1,000円の生活費の内、500円だけを食費にあてて。残り500円が2,000円になったら、パチスロに行く。・・・という生活が当たり前だった僕。携帯電話を購入し、維持できるだけの大金を、捻出することはできなかった。

そんな中「ピッチ」は、携帯電話に比べて料金が安いこと。「ポケベル」とは違い、双方向の通話もメッセージもできることから、それまで「ポケベル」に慣れ親しんでいた僕も、自然な流れで「ピッチ」ユーザーとなった。

その瞬間、「テレフォンカード」も、「ポケベル」も、僕たちの日常から、存在が消滅することになった。僕たちの日常は、「ピッチ」によって、完全に支配されてしまった。

しかしまさかあの頃は、その「ピッチ」さえも、僕たちの日常から消滅する日が来るなんて、当時の僕はその「未来」を想像もできなかった・・・。

その後も「iモード」、「携帯メール」、僕たちが主に活用する通信手段は、進化成長を続けていった。

その時点では、「まさにこれこそが永遠の通信手段!」・・・と思えるものが、数年後には使わなくなる。

「iモード」も、「メール」も、もはや電話そのものも然り。2017年今日時点において、振り返ってみると、

「テレフォンカード」使わない
「ポケットベル」使わない
「ピッチ」使わない
「iモード」使わない
「携帯メール」使わない
「電話」使わない
「パソコンメール」週に1回位しか使わない

僕たちの生活の中心になっている通信手段というものが、まったく別の方法に、姿形を変えてしまっている。

しかもこれは、数百年にも渡る、前世云々含めた悠久の年月による進化成長ではない。

1976年生まれの僕が、たった一度の人生の中・・・しかも、中学校時代、高校時代、大学時代、社会人時代・・・と、たかだか25年間の中で起こってしまったことだ。

今のお仕事は5年後に存在しない可能性もある

ユーザー側から見ると、短期間で急速に通信手段が進化成長し、便利になって「ありがたい!」という一面もあるのだが。自分が「お仕事」をするという立場から考えて見た時には、とてもとても恐ろしいことだ。

これほどまでに短期間で世の中が変わってしまうということは。今仮に自分の収入の柱になっている、お仕事があったとしても、5年後にはそのお仕事がなくなっている可能性が高いということも示唆しているからだ。

僕の高校時代に使っていた「ポケベル」、大学時代には「ピッチ」、社会人時代には「iモード付き携帯」。

人と人との、人間関係を中心に成り立っている世の中で、人と人とがやり取りする際に活用している主な通信手段でさえ、3、4年毎に、まったく違うものが、主流になってしまっているのだ。

5年として残らないものばかりだ。自分が「ピッチ」を使っている時、まさか「未来」にFacebookなるものを通して、メッセージをやり取りしたり、電話していたりする日常を送っているなんて、どうやって想像できただろうか?

僕がサラリーマンを退社した年、mixiを使っていたり、BlackBerryの携帯を使っていた今からたった7年前の2010年時点でさえ想像することができなかった。

通信手段だけではない。飲食とかも振り返ってみた時・・・

・ビアードパパのシュークリーム

1-5

・マネケンのワッフル

1-6

・ラポッポのアップルパイ

1-7

・・・これらの店舗の前から、行列が消える日が来るなんて、ヨダレを溜めながら行列でも並んでいた当時に、想像することができただろうか?

だから、たとえ今日時点で、

「私は◯◯のビジネスでもうかってます!」

「私は◯◯社の重役で沢山お給料もらってます!」

・・・と、自信たっぷりな状態だとしても。「みらい」を見据えた時には、何の安心・安定も無い。これが、僕がビジネスを行うよりも、「剣客」として、「秘剣北野流居合抜き」の体得に集中している理由である。

ドドドン!

たとえば、直近5月の結果を見てみると・・・

『剣客「真田孔明」5月の「居合抜き」記録』
・5月1日:+2万5,340円
・5月2日:+5万8,314円
 相場GW休み
・5月8日:+16万8,242円
・5月9日:+11万5,834円
・5月10日:+5万7,669円
・5月11日:+6万4,981円
・5月12日:+4万4,806円
・5月15日:+5万0,062円
・5月16日:+3万9,816円
・5月17日:+9,449円
・5月18日:+4万1194円
・5月19日:+3万1,440円
12日間合計:+70万7,147円

1日当たりに換算すると、約5万9,000円。そして、今月の「毎月分配型投資信託」からの収入+96万7,368円/月給

居合抜き+70万7,147円+毎月分配型+96万7,368円 ほぼ不労な所得合計:167万4,515円/月給

今日時点においては、僕がビジネスからもらえる収入より下回っていたとしても。大人気なく、少年のように僕は大喜びしている!

5年どころか、3年先さえ見えないビジネスから、沢山の収入をもらうよりも。今日の5万円を、株式市場から抜けた時の方が本当に、本当に嬉しい!

いや、5万円なんて贅沢言わなくとも、1日1万円抜けただけでも嬉しい!1日2千円抜けただけでも嬉しい!

今の段階で、毎日1万円抜けて、毎日2,000円抜けて、僕が大喜びしているのは、心の奥底から本当に喜んでいるのである。

「株式市場」だけはいつの時代も生き残り続けている

なぜ、今稼げるビジネスに躍起になって稼ぐよりも。毎日抜ける金額が、1万円、2千円だったとしても、「剣客」として「株式市場」からお金をチビチビと抜ける方が圧倒的に嬉しいのか?

それは、稼げるビジネスというものは、時が経てばすぐに稼げなくなるということが当たり前のようにあるが。「株式市場」だけは、いかなる時代も、この世に存在し続けている可能性が高いからだ。

歴史を紐解くと・・・日本における証券市場の起源は、17世紀末、大阪堂島での米の先物取り引き。

1-8

そして、株式市場のはじまりは、1878年に株式取引条例が制定され、東京と大阪に株式取引所が開設された。

今年2017年で、139年の歴史である。日本が戦争をしていた、第一次世界大戦中も、第二次世界大戦中も、株式市場だけは、普通に動いていたのである。

むしろ、戦時中、日本国内の「株式市場」は、とてもとても盛り上がっていたようだ。

この先、通信にしろ、衣食住にしろ、僕たちの日常を取り巻く環境が変わっていき、今もうかってる会社がもうからなくなったとしても。「株式市場」だけは、存在し続けている。

つまり、いついかなる時でも、上げ相場でも、下げ相場でも、毎日淡々と「株式市場」からお金を抜き続けることができる方法。

北野会長が、株式市場の中で、45年間ただの一度も飛ばされることなく、生き残り続けてこられた秘訣が凝縮した。

「秘剣北野流居合抜き」を完全に習得することさえできれば。毎日株式市場に入り、「剣客」としての活動を続けるだけで、いかなる時代も、生き残り続けることができることを意味する。

「株式市場」が開かれるのは、年間約240日間。稼げるビジネスがある時は、「居合抜き」をやりながら、ビジネスもやる。

ビジネスが稼げなくなったら、無理しないでビジネスをやめて、「居合抜き」に集中する。

「居合抜き」を続けながら、トレンドを掴んで、稼げるビジネスを見つけたら、「ムリ・ムダ・ムラ」をしないで、ゆっくりとビジネスを始める。

・・・こういう感じで、海に浮かぶ「釣具のウキ」の如く、いかなる時代も、いかなる状況でも、やわやわと生き続けることができることを意味する。

だから僕は、一日2,000円が抜けるだけでも、大喜びしているのだ。

サッチェルも、「ピコっチェル」を名乗り、一日1,000抜けても大喜びしているのは、こういう部分に理由があるのだ。

海、山、川、様々な場所で「剣客道場合宿」を予定

6月18日(日)、19日(月)東京某所に剣客たちが集結し、合宿を行う。

1-9

この合宿は、今回だけでなく、年間通して開催される。ビジネスで大きな金額を稼ごうとするよりも、株式市場から「今日の1,000円」を抜くことに大喜びする意味を知っている、サッチェルと僕が中心にとなって、「地下ソサエティ」メンバーに声をかけながら開催して行く予定だ。

今回は都会で「剣客道場合宿」を開催するが、通信環境さえ存在していれば、株式市場にアクセスして、「居合抜き」することができるのだから。海、山、川、平原・・・様々な場所で、「剣客道場合宿」を開催することを予定している。

ゆくゆく・・・衛星電話の類がもっと進化成長すれば、海を超え、国境を超え、太平洋のど真ん中でも、エベレストの山の中でも、陸・海・空世界中どこでも、僕たち「剣客」の活動舞台となるかもしれない。

そんな妄想に浸りながらも、今は現実的に携帯電話のアンテナが立つ範囲内で。とにかく今は、目先で沢山稼ごうとするよりも、北野会長が45年の中で、培ってこられた、「秘剣北野流居合抜き」の「型」を完全にマスターすること。そのための、基礎訓練の繰り返しの徹底。

将来的にビジネスの環境が変わろうとも、「生き残り続けられる力」を獲得するため。僕たち「剣客」の修行は続けられているのである。

「剣客道場合宿」6月18日(日)、19日(月)@東京
https://sanadakoumei.com/stock-trade-114-13680.html

追伸

「重要なお約束」

「投資は自己責任」この言葉を理解できない場合は、投資をやらないことを強く推奨する。

絶対に僕が書いた記事の真似をして、楽天証券やSBI証券の口座を開設したり、投資信託に投資したり、株の投資をしたり、しないことを強く推奨する。

あくまでも僕は僕の自己リスクと資金管理の元、

「勝っても負けてもゲーム」

あくまでも人生の中における、「プラスアルファの贅沢」として、楽天証券の口座を通して、投資信託と株の売買を、個人的に楽しんでいるだけであり。その様子を、ブロガーとして、発信しているだけであり。楽天証券の投資信託や株を、僕の記事を読む読者の方々にオススメしたところで、楽天証券からコミッションやアフィリエイト報酬が、一円も発生するわけではない。

株や投資信託を、「絶対にやりましょう!」と、推奨しているわけではない。むしろ、株や投資信託で勝ち続けることは、非常に難しい。

知識が浅いまま、株や投資信託に臨むと、

「株価や基準価格が、上がったら持ち続けたり、買いまししたり、下がったら怖くなり、損切り手仕舞いをしてしまう。」

・・・確実に負ける動きをしてしまうから。僕の場合は、45年間株式投資の世界で、ただの一度も飛ばしたことがない、北野会長の訓えを、毎月の謁見宴(ディナー)を通して、一つ一つ確認しながら、鍛錬を繰り返して、ようやく形になって来た段階。

空手や柔道で言えば、2015年6月からの毎日の鍛錬の積み重ねによって、「初段」合格試験を突破して、ようやく「黒帯」を巻き始めたばかりの段階。

その僕の見よう見まねをして、「そんなことは私にもできる!」と知ったような気になって、すぐに飛びつくような形で、楽天証券やSBI証券などの口座を開設し、投資信託や株の投資に臨むと、非常に危険である。

何も日頃の鍛錬をしていないのに、いきなり空手や柔道を、黒帯の方々と対戦する位危険である。

「僕の記事がキッカケで、株や投資信託をはじめて、「飛んでイスタンブール」になりました!」

・・・と、後から言われても、当然ながら僕は、責任を取るたぐいも、補填のたぐいも、一切することはできない。

恐らくその場合は、僕がやっているやり方とは、違うやり方を「自己流」でやっているはずだから。この点を留意して、僕のレビュー記事を読んで頂きたい。

上記の約束を守れない場合は、僕の記事を読むのをただちに遠慮頂きたい。あなたの、身の安全を願いながら、僕のレビュー記事を読んで頂く際の「お約束」として改めて明記させて頂く。

地下ソサエティ 北の物販倶楽部
http://adcenter.maverick5.com/link.php?i=547ab60d1cd3a&m=52c987025c87a&guid=ON

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
デイトレーダーとして生計を立てる
90

【穴】迷い路に堅木見て丘目指す『サッチェルSOSゴールド(無料)』が未来を指し示してくれる。

「どうしてサッチェルさんと共に融資を目指した方々は、100%全員融資を獲得できているのですか?」 ・・・この質問をよく頂戴する

デイトレーダーとして生計を立てる
81

【穴】どこの誰よりも「お金」を上手に稼ぐ、上手に「お金」を使う

沖縄那覇のリバーサイドにある焼肉レストラン、「地下ソサエティ」メンバーたちが、ひとり、また一人と集結した。 ビール、烏龍茶・・

デイトレーダーとして生計を立てる
75

【穴】あの女性剣客再び「居合抜き」+304万4,743円/日給

本日「地下ソサエティ」メンバーだけがアクセスできるSkypeチャットにて・・・ 女性剣客Eさん:「◯◯ちゃん今日上がりましたね

デイトレーダーとして生計を立てる
35

【穴】ビジネス・投資をしないで遊んでいると大富豪になれる

ジョホールバルタマンモレック(TAMAN MOLEK)のレストラン「林(HAYASHI)」にて集結した4名、共に「地下ソサエテ