デイトレーダーとして生計を立てる > 居合抜き

【穴】『「資本家」としての 「目標(夢・ゴール)」と挫折知らずの灼熱のモチベーション』と「手口」

level013
89

「地下ソサエティ」では、北野会長直伝の奥義『手のひらの表と裏』の概念・原理原則を継承している。

『手のひらの表と裏』は、10億円~100億円レベルの金融資産を保有し続けるレベルの経営者になるために必ず知っておくべき概念・原理原則。

『手のひらの表と裏』が理解できるかどうかで。人生の中で「大富豪」と呼ばれる人材に成れるかどうかが決定づけられると言っても過言ではない。

俯瞰レベルを上げて『手のひらの表と裏』の概念・原理原則を理解し、それぞれの「情報時空」の中にインストールすることで、「地下ソサエティ」で行っている活動、物販ビジネス・株式投資・不動産投資を中心に構成されている三角形「北のセオリー」。

納税、政治活動支援、ボランティア活動を中心に構成されている三角形「南のセオリー」の真の活用方法を理解。

結果的に各々の「富」の構築と維持につなげられるだけでなく、人生の中で僕たちが抱える不安と悩みの根源というものを克服。僕たちに与えられた、たった一度きりの人生を謳歌できるようになる。

年間12回に分けて開催されるセミナー『手のひらの表と裏』。さらには、「プラチナ」だけに、共有可能な「手法」よりもさらに上のレベルの「手口」にまつわる「情報」を共有するセミナー。

今回はタイバンコクでも特に激ウマの、日本焼肉レストラン『やす田』個室を借りて開催された。

これによって、「プラチナ」に加わったばかりのメンバーでも、謁見宴(ディナー)時の北野会長の御言葉が、俯瞰レベルの高い位置から理解できるようになる。

『手のひらの表と裏』に関して、今回共有された情報は、『「資本家」としての 「目標(夢・ゴール)」と 挫折知らずの灼熱のモチベーション』。

・活動推進エネルギーの『手のひらの表と裏』
・人生で掲げる目標(夢・ゴール)の『手のひらの表と裏』
・目標(夢・ゴール)設定の『手のひらの表と裏』
・「灼熱のモチベーション」の『手のひらの表と裏』

以上4点である。

活動推進エネルギーの『手のひらの表と裏』

北野会長のように、一代で大富豪になるような人間は、凡人とは比べ物にならない程の、膨大な「エネルギー」を持ち、ビジネス・投資の活動に取り組んでいる。

お金を稼ぎ、所有し続けるビジネス・投資の活動の中で、遂行する本人が「エネルギー」を持てるかどうかで、結果は大きく変わってしまうと言っても過言ではない。

仮に生まれながらに決定される、「命運のシナリオ」が同じだったとしても。人によっては、「大きく稼げた年」が100万円かもしれないし。人によっては「少ししか稼げなかった年」が1億円かもしれない。

「命運のシナリオ」に基づく、「財」の巡りの大小とは別に、基準そのものを構成する要素が別に存在する。それがここで言う「エネルギー」。

金融資本主義という、取るか取られるかのゼロサムゲームの世界で、「エネルギー」の存在を知っているか?

「エネルギー」を使いこなせるか?

理不尽な不平等さを生み出している根源である。いくら、必死に努力をし続けて、優秀な高校・大学に進学して、優れた資格を取りまくったとしても、自己啓発セミナーに参加し続けたり、書籍を読み続けたりしても、金融資本主義の中で、優れた結果を出せない人たちは、共通してこの「エネルギー」の存在を知らないし、使いこなせていない。

逆に、中卒、高校・大学中退、お勉強の類を一切しなくても、金融資本主義の中で、優れた結果を出せる人は、共通してこの「エネルギー」を非凡レベルで持ち、使いこなしている。

大富豪でなくても「なぜ、あの人は、いつの間にか別人のように変貌を遂げてしまったのか?」

周囲が驚愕してしまうほど、短期間で凡人が「凄い人」へと、進化成長を遂げる理由。それは、「エネルギー」量の大小の変化が連動していたりもする。

「エネルギー」の「存在」というものと、発動・増幅させる方法を、「地下ソサエティ」では『手のひらの表と裏』という俯瞰レベルを上げた見地から研究して、各々が実践の中で活用している。

ちなみに、北野会長からは、ビジネスと投資の活動を通して、お金を大きく稼いだ後、「エネルギー」が本来満ち溢れている状態であるにも関わらず、「無いように振る舞う方法」。その逆の方法と共にセットで、伝授頂いていている。

僕たち「地下ソサエティ」のメンバーも「あえての逆」を日々振る舞う鍛錬も同時に行っている。

逆に言えば、見る人が見れば分かってしまうほど、分かりやすく周りに対して発してしまう「エネルギー」でもある。

「灼熱のモチベーション」の『手のひらの表と裏』

北野会長のように、一代で大富豪になれた方と、そうでない一般人の違いを分析して行くと、「モチベーション」という部分で大きな違いが見られる。

大富豪と呼ばれるレベルまで昇れる方は、凡人と比べると圧倒的なエネルギーを含有する「モチベーション」というものを発動させ、ビジネス・投資の活動に臨んでいる。

たとえば、北野会長の場合、ビジネス・投資に関して、

北野会長次女:「パパは私が子供の頃から、食卓でお金の話しかしなかったわ・・・」

という証言から伺えるように、お金を稼ぐ、「モチベーション」を、ビジネス・投資をする「モチベーション」が、上がる、上がらない、・・・という一般人が悩むものとは、まったくもって超越した領域にいらっしゃることが分かる。

まるで太陽のように、温度が下がることの知らない「灼熱のモチベーション」一代で大富豪へと昇ることができる秘訣が、この部分にも秘め隠れていることが分かる。

世の中「モチベーションが上がりません。」と嘆く方々が多い。そんな中で、

・「モチベーション」の発動のさせかたとは? ・「モチベーション」が勝手に上がっていく方法とは? ・北野会長のように、24時間「灼熱モチベーション」を抱く方法。

『手のひらの表と裏』の中で情報共有した。

人生で掲げる目標(夢・ゴール)の『手のひらの表と裏』

僕たち人間の「魂」は、「時空」における「認識」によって、強くなったり弱くなったりする。

「目標(夢・ゴール)」を持つと強くなり、失うと弱くなる。

「使命」を持つと強くなり、失うと弱くなる。

「役割」を持つと強くなり、失うと弱くなる。

「目標(夢・ゴール)」「使命」「役割」と三角形を構築すると、自らの「魂」の「認識力」が高まり「存在」が発生する。

第三者から見れば、以前とはまるで別人のように急変貌を遂げて、「使命」と「役割」を胸に、 「目標(夢・ゴール)」に向けて邁進して行けるようになる。

やりたいことが分かりません。モチベーションが上がりません。・・・などという言葉とは一切無縁になり、たとえ周囲の人間全員に止められたとしても、コッソリ隠れてでもやるようになる。

具体的な「目標(夢・ゴール)」「使命」や「役割」というものは、どのように創出するのか?

『手のひらの表と裏』の中で情報共有した。

目標(夢・ゴール)設定の『手のひらの表と裏』

自分の「目標(夢・ゴール)」は、周りに宣言すると叶う・・・と巷では言われることが多いが、これは必ずしもそうとは言えない。

周囲の人間に対して、声高らかに宣言すればするほど、邪魔される。周囲の人間は、どんなに身近な人間だとしても、今日時点の時空では、その本人の現状しか見えていない状態。みらいの姿は見えていない。

今見せられないみらいを、周囲に高らかに宣言しても、「あなたには無理、達成できない!」的な、負の「エネルギー」が、自分の「目標(夢・ゴール)」を妨害して来る。

「目標(夢・ゴール)」を相談しようものなら、目標(夢・ゴール)を、全力を持って阻止しようとしてくる。

さらに、大きく軌道修正しなければならない雲行きが怪しいシーンに直面した際。本来ならば、すぐさま「三度笠」で身を隠し「逃亡」。

急いで引き上げなければならない時に、「周りに宣言してしまったから、逃げるのは格好悪い・・・」と、無理やり突き進んでしまう決断をしてしまい。

結果的に、大きなダメージを受けて、「飛んでイスタンブール」になる可能性も高まる。

また、自分の「目標(夢・ゴール)」は、具体的なスケジュールと共に、紙に書き出すと叶う・・・と巷で言われることが多いが、これも必ずしも、そうとは言えない。

自分の目標(夢・ゴール)は、明確化すればするほど、明文化すればするほど、本来、自分が「やりたいこと」だったものが、「しなければならない」化してしまう。

「しなければならない」化したものは、自分の脳が、あきらかにそれを避ける方向に働き始める。

さらに、「目標(夢・ゴール)」を、年単位、月単位、日単位、時間単位に落とし、スケジュール化して手帳などに記載しまった時などは、「四面楚歌」になる。

「目標(夢・ゴール)」というものは、具体的な時間軸に落とす形で、具現化させればさせるほど、 本来は「やりたいこと」だったことが、どんどん「しなければならない」化する。

「しなければならない」ことを、強制的に推し進めようと訓練してしまうことで、「ロボット」のようになってしまい、僕たちが歩みたい道とは、まったく真逆の方向に進んでいってしまう。

それでは、目標(夢・ゴール)というものは、どのように構築すれば良いのか?

どのような心持ちで、目標(夢・ゴール)に向けて歩めば良いのか?

第三者に伝えたい場合はどうするのか?

『手のひらの表と裏』の中で情報共有した。

・・・以上、『「資本家」としての 「目標(夢・ゴール)」と 挫折知らずの灼熱のモチベーション』に加え、ぶれない男、月官門サッチェルより、「プラチナ戦略」とも言われている、「北のセオリー」にまつわる、「手口」レベルのお話が、セミナーの中で共有された。

このような勉強会を経て、勉強したことを持ち帰り、日々のビジネス・投資の活動に活かすことで、「地下ソサエティ」のメンバーたちは、謁見宴(ディナー)を重ねるごとに、「俯瞰レベル」が上がっている。

結果的に各々の「富」の構築と維持につなげられるだけでなく、人生の中で僕たちが抱える不安と悩みの根源というものを克服。

僕たちに与えられた、たった一度きりの人生を謳歌しているのである。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
デイトレーダーとして生計を立てる
67

【穴】『メトロポリタン美術館』俯瞰レベルを上げるための勉強

ビジネス&投資の世界で成功したり、生き残り続けたりするためには、様々な概念を学ぶことが求められる。 たとえば、ビジネ

デイトレーダーとして生計を立てる
64

【穴】脱Amazon!プラットホームに頼らないビジネススキーム

「その日、物販業者たちは思い出した。ヤツらに支配されていた恐怖を・・・鳥かごの中に囚われていた屈辱を。」 Amazonジャパン

デイトレーダーとして生計を立てる
77

【穴】「北のセオリー」の再現にオリジナリティも創造性もいらない

「自力で再現可能な知識・スキルを全て教えます!」 「北のセオリー」のセミナーを開催するにあたり、月官門のサッチェルと、月財門の

デイトレーダーとして生計を立てる
41

【穴】北野会長から頂戴した10億円@クアラルンプール「一行三味」

まずはこの動画をご覧頂きたい。 最近の真田孔明の心境の変化ブリを表す動画である。 最近の真田孔明の変化を表す動画・・・ 僕はよ