デイトレーダーとして生計を立てる > 居合抜き

【穴】サラリーマン時代とは違うやる気に満ち溢れたバンコク旅行

level013
86

2003年と言えば、僕がまだ26歳の頃。勤務していた玩具会社の転勤で、香港に移住。

会社で受けさせられた 僕のTOEICテストの点数は265点・・・。「ナイストミートユー」をガクガク震えながらお話するのが精一杯だった。

香港のボス:「6ヶ月以内に英語喋れなかったら日本に戻ってもらうから!」

・・・ということで、海外研修期間として、家族を香港に呼ぶ前に、しばらく家族を日本に残す形で、香港の会社の寮に住むことになった。

その時、寮の同居人だったのが、僕の直の上司だった、タイ人のミスターウィッシェンだった。

フルネームは、ウィッシェンバングラボングサ・・・とアルファベットで書くのだが、どうやって発音するのかは良くわからない。本人もフルネームで自分のことを自己紹介することは無い。「ウィッシェンさん」といつも呼んでいた。

ミスターウィッシェンは、タイの、日本で言う「東京大学」のような学校を卒業していることもあり、記憶力を中心に頭がよかった。

顔は一見すると、タイマフィアのように物凄く怖いのだが、喋るとトーンの高い可愛い声で話すのが、チャームポイントで心優しい。とても綺麗好きで、寮をいつも綺麗に掃除して、いつも自炊をしていた。

香港に転勤と言っても、香港市場の営業&マーケティングだけを行うのではなく、香港市場を中心に、アジア各国を周りながら玩具の販売活動を行う。タイも担当国の1つだった。

僕がタイバンコクに初めて訪れたのは、ミスターウィッシェンから、タイ市場の担当を引き継ぐため。香港に転勤する前の僕は、日本以外のアジアを知らなかった。

それまで海外というもの・・・特にアジアにはまったく興味が無かった。

「英語や中国語なんか必要ない。日本語さえ喋れれば!」

・・・と言っていたし。プライベート旅行でもアジアには行ったことが無い。

つまり、香港は転勤の時が初めて。タイも、ミスターウィッシェンと訪れた、担当引き継ぎの出張が、はじめてのタイ旅行だったわけだ。

タイ王国の首都バンコク、人口約800万人の都市。都市圏人口は、約1,500万人を超える世界有数の東南アジア屈指の大都市圏。

バンコクの儀式的名称が、クルンテープマハナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーアユタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラットラーチャターニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピーマンアワターンサティット・サッカタットティヤウィッサヌカムプラシット・・・と呼ぶと聴いて、驚かされたが、それ以上に、イミグレ(入国管理局)のパスポートチェックのところに、

「ブッダを冒涜するのは違法。ブッダの頭の人形を持ち出したり、ブッダの頭の入れ墨は法の下で罰せられる。」

・・・というようなことが書かれてあるのには驚かされた。

実際にバンコクに入り、ホテルに入った時から、みんながみんな、「サワディーカー!」と両手を合わせて、お辞儀をしてくる。

国が変われば、文化も常識が変わるとは聴いていたが、これほどまでに違うのか・・・というのが素直な感想だった。

タイバンコクには、その後、僕が香港から中国本土に異動になるまで、毎月1、2回入り、現地の販売代理店と一緒に、玩具を販売し続けた。

あのころの出張とは違うバンコク旅行

2017年2月・・・いつの間にか、あれから14年が経過している。

当時26歳だった僕も、いつの間にか40歳になっている。マレーシアジョホールバルの自宅から、片道220RMの送迎車に乗って陸路で、シンガポールチャンギ国際空港へ。香港Citibankのクレジットカードで溜めたマイルで予約した、シンガポール航空に乗って、タイバンコクに向かう。

シンガポールから、タイバンコクまでは、飛行機に乗って片道約2時間半。

TWGのアールグレイティーを飲みながら、サラリーマン時代の、思ひ出に浸っていた。

けれども、僕は決して、当時に戻りたいわけではない。なぜなら、あの頃は「しなければならない」営業成績の達成へのプレッシャーが背後にある状態で、仕事としてバンコクに行っていた。

どちらかと言うと、「行くの疲れるな・・・」的な気持ちがあった。人間誰しも、「しなければならない」ことには、モチベーションというものは沸き立たないのである。

けれども、今回のバンコク行きは違う。

非常に楽しみで、ワクワクドキドキの状態。バンコクに行きたくて行っている状態。なぜならば、今回僕がタイバンコクに行く目的は、当時のように、会社のための「しなければならない」商談でも仕事でもない。

「情報時空」を共有できる、仲間たちとバンコクに集結して、熱く語り合うことが目的。さらには、北野会長がバンコクに降臨。バンコクで開催されるのは、待ちに待った毎月一度の、「地下ソサエティ」の謁見宴(ディナー)。

謁見宴(ディナー)では、普段僕たちが、人生の中で到底お会いできないであろう御方。45年間ただの一度も飛ばされたことなく、大富豪へと一代で昇られた御方。

北野会長と、酒を酌み交わしながら、直接教えて頂き、勉強させて頂く貴重な機会。

モチベーションというものは、自分で無理やり高めようとしなくても、次から次へと勝手に沸き立つのである。全身にやる気が満ち溢れた状態で、バンコクのスワンナプーム国際空港に到着。

Uberを呼んで、バンコク市内へと向かった。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
デイトレーダーとして生計を立てる
88

【穴】『お告げ研究会』東京にて開催@地下ソサエティ

納税、政治活動支援、ボランティア活動3つの活動を通して、慈愛の心と共に社会貢献活動を行う、「地下ソサエティ」。 日本各地から、

デイトレーダーとして生計を立てる
56

【穴】信じて疑わない者が「命運を切り開き」成功を掴み取る

一粒の「生マカデミアナッツ」と「1USDビール」でゼロ次会 「地下ソサエティ」北野会長との謁見宴(ディナー)開催当日の楽しみの

デイトレーダーとして生計を立てる
15

【穴】お金は後ろからついて来る「矛盾」の言語化に挑戦してみた

お金は目の前には存在しない。目の前に見えるお金は、砂漠の蜃気楼と同じく幻だから、手を伸ばして取りに行ってはならない。 お金とい

デイトレーダーとして生計を立てる
98

【穴】お金持ちは『重箱の隅をつつく』ならぬ『重箱の隅で勝負する』

道を歩いているだけで、喧嘩が起こりそうな、オラオラ感を背中に感じる生まれながらの門で身体を鍛えなくても強そうな月官門のサッチェ