デイトレーダーとして生計を立てる > トレードに活かす

【穴】売り方を工夫する

level013
619

付加価値を付けることで価格をもっと高めることができる。

アップする画像の取り方。見せ方。徹底して細かな顧客フォロー。

1,000円の原価のものを4,000円に見せることは大変ではないのだ。同様の服がそれ以上の価格で日本で販売されているのであれば、価格競争力という意味でも問題無し。

仕入れを工夫すること、コストを下げることで利益率を上げられる秘訣になる。

ユニクロのフリースがいくらでできるのか!?

他のスポーツブランドが15,000円程度で販売した当時、ユニクロは1,980円程度で販売をしていたと思う。セールの時には980円でも販売していたと記憶している。

15,000円という価格に対しての1,980円。。。

圧倒的に安く感じオレ自身も何枚か買っていた。

製造原価はいくらなのか!?

たぶん300円以下なのではないかと考えられる。

スポーツブランドが自社ブランドの優位性を利用し、高値で販売していたものをシンプルで飽きのこないデザインへ。そして、販売できる数を利用した価格競争。これを行った訳だ。

原価が幾らであろうが消費者は気にしていない。1,980円という価格に価値を感じれば消費者は購入する。プラティナムで1,000円で仕入れられたものを4,000円で販売したところでその服が欲しいと思えば買う人がいるのだ。

バイヤーの目利きの見せ所というわけだ!

フィリピンのセブでもショッピングモールに行けば、タイから持ってきた服が売られている。プラティナムの価格のちょうど3倍の値段がついている。

フィリピンは今まさに成長期、消費意欲は旺盛のため、これらの服が飛ぶように売れているため、3倍の値段で売れば確実に儲かってしまうだろう。。。

単純にプラティナムで仕入れをして、持ってきて売っているだけなのに。ここには何も創意工夫がない。価格差のことを理解した上で、そこに他の店舗にない工夫を埋め込めばいったいどうなっていくだろうか!?

ここには大きな商売チャンスが広がっている。単純に日本人が経営に携わっている日本人が好むデザイン。日本っぽい外装とかイメージ。これだけて大きな差別化となってしまうのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
デイトレーダーとして生計を立てる
620

【穴】価格差を見つける

ある企業がウコン、モリンガーといったオリジナル商品の調査も進めている。日本で売られている価格の1/10以下価格で買うことができ

デイトレーダーとして生計を立てる
617

【穴】為替の変動と物の値段

現在、、、アベノミクスのおかげなのか!? 世の中は1年前に比べて円安が非常に進んでいる。 米ドルに対して言えば20%。アジア通

デイトレーダーとして生計を立てる
618

【穴】100円均一の商品が高い

工業製品が高い! 例えば日本の100円均一の商品がマニラでは200円程度で均一ショップで売られている。セブの均一ショップでは2

デイトレーダーとして生計を立てる
616

【穴】ロレックスの価格差

世の中、、、様々な国で物の価格に違いが生じている。 この物の価格差、、、なぜ発生するのか!? この点について考えながら今後のト