デイトレーダーとして生計を立てる > トレードに活かす

【穴】100円均一の商品が高い

level013
618

工業製品が高い!

例えば日本の100円均一の商品がマニラでは200円程度で均一ショップで売られている。セブの均一ショップでは250円~300円以上の価格でも売ることができるだろう。

物がまだまだ足りていないから欲しいものがあれば多少価格が高くても購入していく。消費自体が伸びているにも関わらず物が足りない状態なのだ。

インフレが起こる基本的な要因となるのだ。

日本の100円均一で売られている商品はいったい何処で作られているのか!?

その殆どが中国で間違いないだろう。

そして中国には2元ショップ(日本円で35円程度)というお店があり、日本の価格の30%程度の価格で購入することができる。

単純工業製品はデフレ製品群。幾らでも作ることができるし何処の工場でも真似をして作ってくれる。価格はいつも競争下におかれており、値段がどんどんと下がっているのが現状なのだ。

安く作られる理由には安く売られる理由がある。

そして、なぜ高いのか!?
高くても売れるのか!?
ここにも理由が隠されてる。

これを理解することが商売の基本のひとつではないだろうか。

例えば、、、洋服に関してはタイで非常に安く購入することができる。では、タイで売られているモノがタイで作られているのか!?

もともとはそうだったのだが、今は更に低コスト化の為に工夫がされている。

周辺国の更に人件費コストや生産コストの安いミャンマー、カンボジア、バンクラディッシュなどで作られているものが非常に多い。陸続きの国々なので配送コストも安いのだ。

服の製造など基本的に高い技術レベルは必要とされないので、短い期間の訓練で一定レベルの技術力アップは図れてくる。どんどん人件費の安い国々に製造が移っていくのだ。

タイのバンコクには、「プラティナム」という服飾の卸ビルがあり、周辺にも卸し店舗が集中し、世界中から多くのバイヤーがここに買付けに集まってきている。

今はインターネットが発達し世界中の最新のファッション情報がここでも手に入れることができるため、非常にセンスの良いモノまでも多数、格安で販売されている。

日本のネットショップでもここで仕入れられたものが数多く販売されている。だいたいの場合、仕入れ価格の3倍~4倍程度の価格で売られているだろう。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
デイトレーダーとして生計を立てる
619

【穴】売り方を工夫する

付加価値を付けることで価格をもっと高めることができる。 アップする画像の取り方。見せ方。徹底して細かな顧客フォロー。 1,00

デイトレーダーとして生計を立てる
617

【穴】為替の変動と物の値段

現在、、、アベノミクスのおかげなのか!? 世の中は1年前に比べて円安が非常に進んでいる。 米ドルに対して言えば20%。アジア通

デイトレーダーとして生計を立てる
616

【穴】ロレックスの価格差

世の中、、、様々な国で物の価格に違いが生じている。 この物の価格差、、、なぜ発生するのか!? この点について考えながら今後のト

デイトレーダーとして生計を立てる
620

【穴】価格差を見つける

ある企業がウコン、モリンガーといったオリジナル商品の調査も進めている。日本で売られている価格の1/10以下価格で買うことができ