デイトレーダーとして生計を立てる > 日経225オプション23ヶ月以上無敗神話

【穴】日経225ライト式 7月限の運用結果

level013
684

7月10日第2金曜日、、、この日はいつものようにオレが行っているプチ投資「ライト式」の結果が出るSQ日。

7月限の運用結果となるSQ値は19849.15円だ。

今回の取り組みと結果は以下のようになっている。

—————————————————–
8月限 コール 21750 売 1枚 90 24 +66,000
7月限 コール 21000 買 1枚 37 16 -21,000
7月限 コール 20750 売 1枚 70 47 +23,000
7月限 コール 20750 売 1枚 125 0 +125,000
7月限 コール 20500 買 1枚 205 0 -205,000
7月限 プット 20125 買 1枚 275 275.85 +850
7月限 プット 19875 売 1枚 185 25.85 +159,150
7月限 プット 19625 売 1枚 150 0 +150,000
7月限 プット 19375 買 1枚 110 0 -110,000
8月限 プット 19375 売 1枚 100 245 -145,000
8月限 プット 18250 売 1枚 95 35 +60,000
9月限 先物ミニ 買 1枚 20870 20200 -67,000
9月限 先物ミニ 買 1枚 20870 20300 -57,000
—————————————————–
                確定損益合計 -21,000

7月限のポジションでは、相場の上昇と下落のどちらにも対応できるようにコールとプットの両建ての戦略となっていた。

上昇になった場合は、、、SQ値 20750円で +25万円の利益
下落になった場合は、、、SQ値 19875円で +25万円の利益

上記の様にどちらに転んでもプラス25万円の収益が見込める狙いでポジションを持っていたのだ。(もちろんこの考え方はオレの発案ではなく今までの信頼のある配信元の【PM】オプション戦略室である。)

7月限での実際の相場としては、激しい乱高下の荒れた相場になっていった。

6月24日までは、非常に強い上昇トレンドで 日経平均が20950円まで一気に上昇し、その後は以下のように乱高下になっていく。

6月24日 20950円
6月29日 20080円 上昇 ⇒ 下落 -870円
7月 1日 20620円 下落 ⇒ 上昇 +540円
7月 6日 20180円 上昇 ⇒ 下落 -440円
7月 8日 20460円 下落 ⇒ 上昇 +280円
7月 9日 19100円 上昇 ⇒ 下落 -1360円
7月10日 19970円 下落 ⇒ 上昇 +870円

6月24日までの急上昇で上昇リスクが出てきたので、上昇リスクをヘッジするために「先物ミニ 9月限 2枚 買」を追加したが、結果的にこの「先物ミニ 9月限 2枚 買 」は、、、その後の下落で損切りになっている。

また、、、「8月限 プット 18250 売」の利益が出てきたため利益を確定して、「8月限 プット 19375 売」を新規に行って「プット売」のポジション移動を行った。

結果的にこの「8月限 プット 19375 売」が、その後の下落で損切りになっている。

7月限SQ値は、、、当初の狙い通りの 19849.15円となっているので7月限プットは予定通りの利益をあげることができている。

7月限プットによる狙いの利益は、予定通り +25万 の利益なってはいるのだが、上記2つの損切で -27万 の損失になってしまったので、最終結果としては、 -2万となっているのだ。

4月から新体制で行われている「ライト式」の成績
——————–
4月限 +289,470円
5月限 -39,000円
6月限 +51,436円
7月限 -21,000円
——————–

7月限としては大きな利益になるところではあったのだが、損切りが2つ発生したことで利益に結びつくことにならなかった訳だが、このような考え方を持ち日々の相場の動きに対応できている「ライト式」なので今後の展開に期待が持てている。

配信元の【PM】オプション戦略室からは、、、

オプション戦略室では、今後、手法の微調整を取り入れながらいままで以上のパフォーマンスを目指して運用してまいります。

目標利益
8月限 +20万円
9月限 +30万円

を目指してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。
1ヶ月間の運用、おつかれさまでした。

と記されている。

これを読むかぎりオレは手応えを感じている。いきなりの4月限での好成績を叩き出した。その後は歯がゆい感じできているが、考え方が相場と交わった時あの4月限のような素晴らしい結果を出してくれるだろう。

さらに、激しい上昇、下落を経た上でのリスクも十分に取れているため大きなマイナスへと向う怖さを感じることがない。投資本来のメリットとリスクへの考え方が十分に生かされている。

今までの「ライト式」よりも、、、負けは小さく、勝ち上がりは大きくとれる可能性があるので8月限の結果を楽しみにしている。。。

これまでの取り引き結果
http://casinohole.com/reports/raito225op.pdf

「ライト式」には負けもあること、ご理解頂いた上で、それでもまだ、今後の勝ちを期待して取引に臨みたい・・・という場合。

今月先着30名限定で追加の参加が可能だ。

さらには、配信会社の方で、「1ヶ月間無料」を特別に用意して頂いた。

完全に無料で申し込むことができて、その先継続するかどうかは1ヶ月後に決めれば良いということになった。(※無料お試しは1度だけ。別メルアドでの登録などが発覚した場合は 削除され永久に参加できなくなるので注意が必要だ。)

だから、リスクを限りなく抑える形で試すことができる。

ただし、2015年8月からの配信のスケジュールに合わせる形、7月31日(金)23時59分を最終の締切りとさせて頂く。

それ以降の参加は一切できない。

その上で、2015年8月1日(土)から当月いっぱい、約1カ月間無料配信を元に売買を開始してもらい結果に納得がいった場合は、引き続き本配信にご参加できる。(別途運営事務局から連絡)

このような流れになるので、この点は予めご了承頂きたい。
→ https://afc.progressmind.ne.jp/l/c/WXAXvt9z/cSTp2v3t

※「ライト式」という表現について
「日経225オプション取引」に関する売買情報提供者(斉藤ライト氏の師匠)の情報を元に、斉藤ライト氏が日経225オプション取引を行っている方法であり、斉藤ライト氏自体が日経225オプションの取引に対する情報を提供しているわけでは無い。

※「23連勝」という表現について
「結果」として23連勝という結果を出したが、これはあくまでも実際の取引における実際の結果であって、当然ながら昨年4月度と11月度の負けのように、「未来の勝利を必ずお約束するものでは無い。」
また、元本保証や絶対に勝てる手法でも無い。
情報提供者の力量と武運によって成り立っている結果である。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
デイトレーダーとして生計を立てる
508

【穴】新年も快勝スタート!日経225ライト式

いよいよ2015年の幕が開けた。 もちろん、、、昨年同様このプチ投資である「ライト式」も稼働している。

デイトレーダーとして生計を立てる
casino356

【穴】カジノの穴が誇る無敵のトレーダーライトの21ヶ月間連勝中の取引手法

「カジノの穴@人生必勝倶楽部」が最近すごい勢いで仲間が増えて来ている。 お金の事を話すのが大好きな僕たちであるが、ある時パート

デイトレーダーとして生計を立てる
426

【穴】「日経225オプション取引ライト式」23連勝+6連勝

15,700円前後から始まった、10月限の日経平均株価は、アっと言う間に今年の高値を更新する勢いで16,400近くまで急浮上。

デイトレーダーとして生計を立てる
536

【穴】再びコツコツと勝ちを積み上げ始めた日経225ライト式

斉藤ライトさんが毎月コツコツ行っているプチ投資の「日経225オプション取引ライト式」。 2月限のSQは、 13日の金曜日だった