デイトレーダーとして生計を立てる > 日本株の株式銘柄配信

【穴】信用取引で行う株式投資「日本株の銘柄推奨配信ライト式08」

level013
236

なぜ、株式の信用取引では手持ち資金の3倍の金額まで取引ができてしまうのか?

僕たちが臨んでいる「日本株の銘柄推奨配信」。株式投資は株式投資でも、信用取引という手法を活用する。

「信用取引ははじめです。。。」という場合のために、僕たちが臨んでいる信用取引について解説させて頂く。

信用取引とは、証券会社の口座に、委託保証金と呼ばれる一定の担保を預けて、お金や株式を借りる形で行う株式取引のことである。信用取引でない取引、現物取引との主な違いは、僕たちの手持ちの資金の約3倍まで取引できることにある。

信用取引では、僕たちが証券会社から口座経由で、株式の購入に必要なお金を借りて、株式を購入することになる。だから、少ない元手でより大きな取引をして、より大きな利益を得られる可能性が出てくるのだ。

なぜ、株式の信用取引では手持ち資金の3倍の金額まで取引ができてしまうのか?

僕たちが信用取引で新規に取引を行うためには、証券会社に口座を通して「委託保証金」という担保と成るお金を預ける必要がある。その預けたお金「委託保証金」の約3倍までの金額を、証券会社から借りる形で取引をすることができるので、信用取引を活用することで、僕たちの元手資金の約3倍まで株式取引ができてしまうのだ。

取引に必要な委託保証金=約定代金 × 委託保証金率(僕たちが活用している証券会社では33%)

また、現金の他にも、保有株式を保証金の代わりとすることも可能である。ただし、株式を保証金として利用する場合は、その銘柄の時価評価額に一定の掛目を乗じた金額で計算されてしまうことになる。

僕たちが今取り組んでいる「トレーダー神」の「日本株の銘柄推奨配信」を活用した株式取引では、このように信用取引を2倍に設定して取引を行っている。

その結果として、過去月収ベースに換算すると・・・

・2011年度:自己資金150万円の場合、平均月給約16万円。

・2012年度:自己資金150万円の場合、平均月給約19万円。

・2013年度:自己資金150万円の場合、平均月給約36万円。

さらに、

・2011年度:自己資金300万円の場合、平均月給約32万円。

・2012年度:自己資金300万円の場合、平均月給約39万円。

・2013年度:自己資金300万円の場合、平均月給約72万円。

この数字を叩き出したことになる。

「信用取引」という部分を十分に理解頂いた上で、「トレーダー神・推奨配信」に挑戦するかどうかを決意頂きたい。


▼「カジノの穴@人生必勝倶楽部」メンバー限定一ヶ月間「無料体験申込み」

実は今回、「カジノの穴@人生必勝倶楽部」として、その歴史ある強固な組織力、業界への影響力を最大限に活用する形で、僕たちがタイムリーに実行中の「日本株の銘柄推奨配信」に参加できることになった。

本来優良のサービスが無料ということで、

・先着30名限定

・初回のみで2度目の申請はメールアドレスを変更しても不可能

以上の条件があるが、これをクリアしてくれれば、1ヶ月間無料で参加することが可能。

以下のURLより申込み可能である。

【トレーダー神式・株式銘柄推奨配信】

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
デイトレーダーとして生計を立てる
241

【穴】追証保証金額算出方法「日本株の銘柄推奨配信ライト式13」

株式の信用取引における「追証」。 これから「トレーダー神」の「日本株銘柄推奨配信」を元にした、株式の信用取引を行う上で、セーフ

デイトレーダーとして生計を立てる
229

【穴】負けず知らずの案件第二弾「日本株の銘柄推奨配信ライト式01」

「カジノの穴@人生必勝倶楽部」として推奨できる「日本株の株式銘柄配信」に基づく株式トレード手法が存在する。副業トレーダーとして

デイトレーダーとして生計を立てる
238

【穴】株式の信用取引で売りから始める「日本株の銘柄推奨配信ライト式09」

株式の信用取引では返済期限が決められている。株式の信用取引を行う上で返済期限を頭の中に入れておく必要がある。 信用取引には制度

デイトレーダーとして生計を立てる
casino

【穴】株式取引ダイス式の6月までの取引結果の報告

2014年1月から55万円ではじめたダイス式であるが、6月度が終ってどうなったのか確認してみる。 結果から言うと55万円が現在