ダイス&ライトのディーラー養成所 > ライトのカジノ養成所

【穴】プロカジノディーラーになるためには形を極めろ!

level008
132

日本裏カジノ界のプロディーラーは、メインゲームの「バカラ」が巻ければ(ゲームを捌く、カードを配る)それなりに成り立つのだが、チップを扱う手さばきや場面を仕切る能力をつけるには、やはりルーレットができるディーラーになることだ。

そのためにルーレットを極めておきたいところだが、ルーレット特有の配当をたたき出すためには暗記して覚えていくことが必須になってくる。

基礎である通常配当のストレートが何枚、ハーフが何枚というモノが頭に入ったら次は形で覚えていくことになる。

形とは種類がいくつもあるが、すべて1枚ずつで、ストレートとハーフで54とか、ストレートとハーフとクウォーターで63。

他にも数字を囲ったビンゴで何枚、すべての当たりカ所囲ったフルビンゴで何枚、など場面に応じた形を想定したもの。

この形をより多く頭に入れて覚えておくと配当の計算が素早くでてくるようになり、場面中にあえて計算するよりも、見た目で何枚の配当だとスーパーディーラーのように数字が出てくるようになる。

カジノディーラーが頭で計算をしているのは、素早やければ様になるのだが、遅かったり間違えていたりすると、かなりの勢いで格好悪いし情けない。

目の前のディーラーは「計算もできないのか!?」と笑われて馬鹿にされるのがオチだろう。

ディーラーというモノはいつでもパーフェクトでなければならないのが基本なので、恥ずかしいところを見せたくないし、見せてはいけない。

そのためには絶対に間違わない計算をするか?間違わないために暗記をするか?どちらかになってくるだろう。

かけ算の九九と同じで頭に入れてしまえば簡単なことなので、体に染み込ませておけば問題なく数字は出てくるようになるが、実際の場面では練習のときとは緊張感がかなり異なるため、

普段でてくる数字が出てこなくなってしまうので場面をこなして経験値をあげていくしかない。

駆け出しの頃のオレも、お客さんを目の前にしているときに何度もミスは犯してきた。

誰にでもミスはあり、その度に顔を赤くして恥をかいて経験を重ねてきたおかげでスーパーディーラーの地位を確立できてきたのだ。

ヒドいときにはボールが落ちた番号ではなく、その隣の数字が当たり番号と勘違いをして、当たっているチップを下げてしまったこともある。

こういった場合でも側にいる黒服たちがカバーしてくれるので、その場面では頭を下げて謝りたおして許してもらう。

見習い上がりのディーラーは、元気よく、丁寧に、ゆっくりと、間違わないようにお客さんとの空気を読みながら、とにかく落ち着いて行っていくことを心がけていけば、お客さんも分かってくれるので安心して良いだろう。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ダイス&ライトのディーラー養成所
173

【穴】新人カジノディーラーが目を奪われてしまう女性のお客さん

裏カジノ界のプロカジノディーラーとして働いているのは、基本的にオトコばかり。女性カジノディーラーの割合は、1割にも届かないほど

ダイス&ライトのディーラー養成所
147

【穴】新米カジノディーラーが演じる「ヤキソバ」と、出るのを避けたい「ツラ」

カジノの見習いディーラーとして「バカラ」をまくことにはだいぶ馴れてきたのだが、シャッフルを行う手つきにはまだまだバラツキがある

ダイス&ライトのディーラー養成所
175

【穴】新人カジノディーラーが駆け上るには上司を通してオーナーに気に入られろ

裏カジノ界には新人カジノディーラー君たちが知らない世界がたくさん広がっている。ヤクザ組織との繋がり、警察との関係、VIP客たち

ダイス&ライトのディーラー養成所
141

【穴】バカラディーラーとしてのプロカジノディーラーデビュー

見習いカジノディーラーとしてお客さんがいる場面へ入るために、毎日、毎日、先輩ディーラーの様子を観察しながら、ホールでゲームを眺