ダイス&ライトのディーラー養成所 > ライトのカジノ養成所

【穴】ルーレットディーラーの基礎@カジノディーラーになる方法

level008
125

ディーラーとしてゲームをさばくには覚えることはたくさんあるが、ルールをしならなければ何も始まらないだろう。

現在の日本の裏カジノ界で、ゲーム種類は2つしかないので「バカラ」「ルーレット」のルールを把握しておく。

ゲームのルールを覚えるには実践のゲーム場面を見ることが手っ取り早い。

どのような流れで行っているのかを、先輩ディーラーがしているところをしっかりと見ながら吸収していく。

裏に行ってチップ拾いを行いながら頭ではゲームを想定しながら、ゲーム展開をしていく。

更にゲームで必ずしなければならないのが配当をつくってお客さんに差し出すこと。素早く配当をつくることがディーラーの勤めともいえるだろう。

まずは「ルーレット」を覚えることがオレのいた時代では主流なので、「ルーレット」の配当を暗記していくことからスタートする。

「ルーレット」配当はいくつかの倍率があり、どこが何倍の配当になるのかを覚えたうえで、賭けてあるチップが1枚だったら、2枚だったら、3枚だったらと、10枚までの配当は丸暗記をしなければならない。

仮にストレート(1つ目賭け)であれば、36、72、108、144、180・・・と頭に詰め込みながらチップ拾いを繰り返して覚えていく。

そしてハーフ(2つ目賭け)なら18、36、54、72、90とブツブツと暗号のように繰り返すのだ。

チップ拾い、20枚ギリができるようになれば、2、3枚のチップをまだらに置いて、積み重ねるようにしながらツツイていく練習になっていく。

左右の手を交互に動かしながらチップをツツキながら重ね、20枚にキッて揃えていくのだ。

これが丁寧に素早くできるようになると、ルーレットディーラーとしてカッコ良い姿を魅せることが可能になる。

すぐにはできないだろうが、何度も何度も練習して、実践での経験を行うことで、チップが手に吸い付いてくるような感覚になっていくのだ。

チップを扱うディーラーの魅了できる手さばきは、ルーレットを極めていくことで可能になるので、カードテーブル専門のディーラーとはひと味違った動きをしてくる。

カードテーブル専門ディーラーにはできない手さばきがあるので、ルーレットディーラーがカードゲームをさばくと、一目おけるようなディーラーが出来上がるのだ。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ダイス&ライトのディーラー養成所
149

【穴】新人ディーラーが苦戦する場面500枚以上のコインをさばく「ルーレット」

新人のカジノディーラーとして、場面に入り続けることで、「ルーレット」ではそこそこの場面でも仕切れる様になってきた。 手つきも何

ダイス&ライトのディーラー養成所
174

【穴】新人カジノディーラーは良い上司に好かれると好循環に突入する

裏カジノ界でプロのカジノディーラーとして生きていくのであれば、スキルアップしていくのは当然だが。 カジノディーラーの上司に当た

ダイス&ライトのディーラー養成所
172

【穴】サビ狙いの小物ガジリとビッグガジリを相手にするプロディーラー

1日に2、3万円のお金を狙いにくるいわゆる「小物」なサービス目当てのお客さんは、オレたちカジノ界の人間から言わせて頂くと『ガジ

ダイス&ライトのディーラー養成所
132

【穴】プロカジノディーラーになるためには形を極めろ!

日本裏カジノ界のプロディーラーは、メインゲームの「バカラ」が巻ければ(ゲームを捌く、カードを配る)それなりに成り立つのだが、チ