ダイス&ライトのディーラー養成所 > ライトのカジノ養成所

【穴】裏カジノの新人ディーラーが初めてディーラーチップをもらう時

level008
148

新人ディーラーがある場面で大きく売上を上げてオレの目の前に現れた。

「今の場面で、お客さんからディーラーチップを貰ったので、このチップを現金に換えて僕に下さい!」と言ってきた。

カジノ界で遊んだお客さんが、楽しんでくれた証に、ディーラーにくれるディーラーチップ。

ディーラーとしては嬉しいもので、普通にディーラーとしての仕事をしていたるだけで、お客さんが機嫌良くチップをくれるというのだ。

ディーラーチップについては店舗ごとにシステムが異なっており、貰ったディーラーが全額貰えることが好ましいが、なかなかその通りになる店舗は少なく、誰のおかげでその場にいられるのかを考えていくととても難しい。

基本的にお客さんがディーラーチップをくれると言うことは、勝負に勝利にして気持ちよく遊べたということなるが、その反面、誰かが(お客さん)負けているということ。もしくは、店側が負けているということに繋がってくる。

誰か(お客さん)が勝負に負けて、店側もプラスになるのであれば、そこまで問題にはならないのだが、店側が負けてマイナスを出したディーラーが、お金をもらうと言うことは考えにくくなってきている。

オレたちが全盛期の頃は、カジノ界の殆どの店舗が大きく儲かっていたので、ディーラーチップはその場面を仕切っていたディーラーが貰えていた。

大きな場面になれば、ディーラーチップの額も大きくなるので、1日で10万円分のディーラーチップを貰えることもあった。

裏カジノ店舗の体制をよくよく考えてみると、誰がお店をオープンさせたのか?誰がそのお客さんを呼んできたのか?誰のおかげでその場面に入ることが出来たのか?

など、ディーラーが1人だけで、ディーラーチップを貰える状況を作った訳ではないことになるのだ。

たまたま場面に入ったディーラーとの相性がよくて、お客さんが勝ち上がりディーラーチップを貰える状況になっただけにすぎない。

当時のオレも勘違いをしていたが、ディーラーチップはディーラーの腕前なのだと過信していた。

現在の裏カジノではディーラーチップをくれるお客さんがいても、気持ちだけ頂くという体制をとり、丁重にお断りする形をとっている店舗が多い。

もしくは、ありがたく頂き、従業員全員で分配をする、従業員のために使う方法をとっている。

ディーラーチップをくれと言ってきた少し天狗になりかけている新人ディーラーには、この説明をしておいたが納得していない様子だった。

確かに、アイツの立場になればオレも同じ様に思っていただろうが、今の時代ではコレが通らない。オレと同じ時代であればディーラーの時給もよかったし、待遇も環境もすごく良かった。

更には、お客さんの質も良く、何だかアイツが可哀想にも思えてしまう。

あの時代を知らないことだけが救いになるだろうが、カジノ界にも時代の流れはつきものなので、この時代でのスーパーディーラーになって何かを掴んで欲しいと応援したくなってしまう。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ダイス&ライトのディーラー養成所
133

【穴】プロカジノディーラーの登竜門ルーレットからスタート

裏カジノ界のスーパーカジノディーラーを目指し、チップの手さばき、ゲームを仕切る能力を魅せられるようにするために「ルーレット」か

ダイス&ライトのディーラー養成所
147

【穴】新米カジノディーラーが演じる「ヤキソバ」と、出るのを避けたい「ツラ」

カジノの見習いディーラーとして「バカラ」をまくことにはだいぶ馴れてきたのだが、シャッフルを行う手つきにはまだまだバラツキがある

ダイス&ライトのディーラー養成所
casino247

【穴】新人ディーラーが難しいお客さんとやり取りしながらの場面の仕切り方

新人カジノディーラーというものは、常に場面に入って経験を積むことで成長ができるため、来る日も来る日も、「バカラ」、「ルーレット

ダイス&ライトのディーラー養成所
144

【穴】新人カジノディーラーにとっての初めての大負けの経験とは?

日本裏カジノ界のディーラーは常に成績がつきまとってくる。「ルーレット」に入っても、「バカラ」に入っても、場面を仕切っていきなが