ダイス&ライトのディーラー養成所 > ライトのカジノ養成所

【穴】プロカジノディーラーとして重要なこと「バランスを覚える」その1

level008
137

「バカラ」において、世界のカジノではレート別にテーブルが分かれており、$50~$1000までとか、$300~$2,000まで賭けることができると言った制限があるタップ台が主流で、お客さんは自分の懐具合と賭ける金額を考えてどのレートで勝負をするのかを決めていく。

オレが駆け出しの頃はこのようなタップ台が多くあったのだが、このタップ台は1つのテーブルだけで店側が受ける金額が大きく、プレイヤーやバンカーしか出ないと言った「ツラ」などの偏ったときに、店側が大きくヤられるケースが多発してからこのようなタップ台は少なくなってきている。

日本裏カジノ界での主流はタップ台ではなく、「バランス」方式をとったテーブルが多い。

普通の店舗なら$500バランス、$1,000バランス、一番大きいレートで$3,000バランスや$5,000バランスだろうが、規模の大きいところでは$10,000バランス以上と言う店舗も存在する。

この「バランス」とは、プレイヤー側に賭けてある金額と、バンカー側に賭けてある金額の差額のことを指す。

$500バランスであれば、プレイヤーとバンカーの差額が$500以内ということになり、この金額を超えてしまうとゲームがスタートできない状態になる。

そのような場合には、$500のバランス以内に収めるようにディーラーが調整をしなければならないのだ。

この差額をディーラーとして見極めるには、双方BETがいくらなのかをすべて把握していなければ可能にはならない。

プレイヤー側のBET額を頭の中で足し算をして、バンカー側のBETも同じように暗算をし、双方BETの差額を叩き出していくのだ。

お客さんが$100単位だけでBETしてくれるのなら簡単で計算がしやすいが、$10単位でのBETも当然あるため、プレイヤー側に$80、$100、$250、$160など合計が$590とすぐにでなければ場面を仕切れない。

こうなると、バンカー側には最低でも$90のBETがなければゲームスタートはできないし、逆に$1,090を超えてしまってもゲームをスタートができないことになる。

このように、お客さんが賭けてあるBETを見ただけで数字を読み込み、瞬時に計算をして、差額がいくらであるのかを常に頭の中に入れておかなくてはならないのがディーラとしての勤めになるのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ダイス&ライトのディーラー養成所
141

【穴】バカラディーラーとしてのプロカジノディーラーデビュー

見習いカジノディーラーとしてお客さんがいる場面へ入るために、毎日、毎日、先輩ディーラーの様子を観察しながら、ホールでゲームを眺

ダイス&ライトのディーラー養成所
142

【穴】新人カジノディーラーがミスをするとこうなる

新人カジノディーラーとして、ようやくお客さんを相手にしたゲームに入ることが出来るようになった。 入れるとようになったとは言って

ダイス&ライトのディーラー養成所
143

【穴】新人カジノディーラーを襲う嵐を巻き起こす場面を仕切るお客さん

新人ディーラーとして場面をこなしていく日々に馴れてきた頃、ディーラーとしてもある程度の成績も出し始めてきた。 ゆるい場面のせい

ダイス&ライトのディーラー養成所
144

【穴】新人カジノディーラーにとっての初めての大負けの経験とは?

日本裏カジノ界のディーラーは常に成績がつきまとってくる。「ルーレット」に入っても、「バカラ」に入っても、場面を仕切っていきなが