ダイス&ライトのディーラー養成所 > ライトのカジノ養成所

【穴】新人ディーラーが難しいお客さんとやり取りしながらの場面の仕切り方

level008
casino247

新人カジノディーラーというものは、常に場面に入って経験を積むことで成長ができるため、来る日も来る日も、「バカラ」、「ルーレット」へ送り込まれていく。

夕方、裏カジノへ出勤をするとすぐに場面に入れられる。

裏カジノ店のお客さんは、よく来る人、たまに来る人、初めて来る人など様々いるが、常連客というものが当然いるので、常連客との会話も増えていく。

特にシャッフル中なんかは色々と話をふってくることが多い。

その中でも良い常連客と悪い常連客もいるし、こちら側が一方的に嫌っている常連客もいる。

カジノディーラーとしての対応は、お客さんが勝って欲しいアピールをしておかないと面倒なことになるので、腹の中では「有り金全部奪ってやる!」と思っていても表にはだせない。

ゲームに関係のあることから、個人的な話まで色々あるのだが、お客さんの素性が分かりそうな話にも繋がり、真実なのか、嘘なのかはさておき、その話に乗っかっておくとお客さんから好かれることが多い。

あまり聞きたくないことも多いが、カジノは客商売なのでお客さんの気分を害することだけは避けておかないとならない。

話好きの常連客がいるテーブルでは、ゲームをしながらでも会話を続けようとするので、笑った顔で遇いながら場面を仕切らなくてはならない。

常連客は、新人ディーラーでも馴れてくるとすぐにイジりだしてくるので、忙しいときに相手をするのが疲れる。

コレをみた普通のお客さんも調子に乗って突っ込んでくるので手間が余計に増えてくるときもある。

お客さんたちは新人ディーラーをみると勘違いをしていることがある。

新米だから「弱い!」と感じている人が多いのだが、新人でも玄人のディーラーでも勝負の世界では関係がなく、新人でもそれなりの結果がでてくるものだ。

まあ、新人ディーラーだからとナメてかかる人の殆どは撃沈してしまうのだが。。。

ホロ酔いのお客さんも面倒なことがあり、話が1度で済まず、同じことを2、3度言わないと通じないこともある。

ゲームに関することでも、この人のせいで進行が遅くなり、周りのお客さんにも迷惑となるが、場面から追い出すほどでもないという困ったタイプも存在している。

新人ディーラーにとって、お客さんとのやり取りをしながら場面を仕切ることが難しい。

ゲームに集中したいが横からチャチャを入れられ、邪魔をされても精神を研ぎすまして行わないと、お客さんに流されてしまい良い結果を生むことができなくなってしまうのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ダイス&ライトのディーラー養成所
141

【穴】バカラディーラーとしてのプロカジノディーラーデビュー

見習いカジノディーラーとしてお客さんがいる場面へ入るために、毎日、毎日、先輩ディーラーの様子を観察しながら、ホールでゲームを眺

ダイス&ライトのディーラー養成所
135

【穴】プロカジノディーラーになるために必要なマインドセット

裏カジノのテーブルゲームの王道である、「バカラ」をディーラーとして始めていくには、当然カードを捌いていくことになるが、小さい頃

ダイス&ライトのディーラー養成所
casino233

【穴】新人カジノディーラーの精神を揺さぶる嫌な客「若い同業者」

新人カジノディーラーにとって、ゲームを行う際に一番嫌だと感じるお客さんは、自分よりもゲームを理解しており、ゲーム展開に対して口

ダイス&ライトのディーラー養成所
144

【穴】新人カジノディーラーにとっての初めての大負けの経験とは?

日本裏カジノ界のディーラーは常に成績がつきまとってくる。「ルーレット」に入っても、「バカラ」に入っても、場面を仕切っていきなが