ダイス&ライトのディーラー養成所 > ダイスのラスベガスカジノディーラー養成所

【穴】ラスベガスカジノディーラーになるためにルーレットを学ぶ

level008
casino206

ラスベガスでプロのカジノディーラーになるために、通うことを決断した『Nick Kallos’ casino gaming school』。

僕は2種類のゲームを選び、料金もディスカウントの$500と言うことでこれは安いと思った。

僕が選んだ種目はブラックジャックと、ルーレット。

ルーレットに関しては結構自身があったのだが、一応確認とおさらいの意味で選んだ。

ブラックジャックはルールは理解していたが、あまり場面をさばいた回数が少なかったのと、シングルデッキ、ダブルデッキのピッチング(ディーラーがカードをお客さんの手元まで飛ばして配る技)を習得したかったからだ。

それにブラックジャックはラスベガスで一番人気のあるゲームで、どこのカジノに行っても一番テーブル数が多いゲームで、これができないと仕事探しに影響するからだ。

ルーレットに関しては配当の付け方やボールの投げ方など同じだったのだが、一人のプレーヤーのチップの使う数が全然違った。

日本は一人のプレーヤーに100枚のチップでプレーするので、配当をつけるときはプレーヤーの手持ちのチップの数を見て、いくら配当をつけるか計算していたのだが、ラスべガスの場合、一人のプレーヤーに200枚以上使う事があり、チップの数も色によってバラバラで、日本の計算方法は通用しなかった。

それでも基本は同じなのでここはなんとかクリアして次の練習である。

次はプッシングという技で、200枚ぐらいのチップを片手で押してプレーヤーのところまで持っていく。

casino206_2

見た目は結構簡単そうだったのだが、実際やってみるとチップがガタガタと崩れ、なかなか思うようにチップをコントロール出来なかった。

そこでニックがお手本を見せてくれるのだ。

さすが彼の手つきはスムーズできれいなものだった。

彼に何カ所かチップを押さえるポイントとなるところを教わった。

これまた不思議で、その通りやるとチップがスーッとスムーズに動くのだ。

僕も経験者だったのでこのコツは結構はやく飲み込む事ができた。

見ているだけではなかなか分かりにくいところだが、ニックのいい指導のおかげでチップコントロールも日に日に上達していき、結構短い時間で習得する事ができた。

ラスべガスのルーレットは日本と違い、ディーラーが狙っていないので、特に日本のように投げ込みの練習はほとんどなかった。

ボールを投げて15周ぐらい回れば十分なのでこれは全く問題なかった。

僕は20周ぐらい回せるのでどちらかというとよく回せる方だった。

回せるディーラーが投げると、何とも文では説明できない豪快な音で勢いよくビュンビュンまわるのだ。

でもラスべガスのディーラーを全体的に見ていると、全く勢いの無いボールでかろうじて回っているというような事をよく見るので、これもそんなにラスべガスでは重要な事ではないように思われる。

後はプレーヤーの現金をチップに交換するときのルールを習う。

基本現金をプレーヤーから手渡してもらう事は無い。

必ずテーブルの上に置いてもらい、それからディーラーがきれいに並べて数えるのだ。

そしてピットボスにコールして、OKが出て初めてプレーヤーにチップを渡すのだ。

それから現金をボックスの中に入れて、両手をパチンッとたたいて手のひらの裏表をカメラに見せ、何も持っていない事を確認して次の動きに入る。

ディーラーをよく見ていると何か触った後はよく手をパチンッと叩いているのを見かけると思うが、これは現金やチップなど何も持っていない事をカメラにアピールしているのだ。

「絶対忘れずにする事!」と何度も言われた。

こういう事をきちんとして、ディーラーである自分自身の身を守るのだと教わった。

こういう事は日本ではなかったと思う。

おかげで家のテレビを見ていて、リモコンを触った後なんかも気がつけばパチンッとやってしまう癖がついたが。。。

これが『Nick Kallos’ casino gaming school』でのルーレットの授業内容だった。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ダイス&ライトのディーラー養成所
184

【穴】ラスベガスカジノディーラーの国籍別ランキング

ラスベガスのカジノで実際働いてみて感じた事。 ラスベガスのカジノディーラーはアメリカ人ばっかりだと思い込んでいたのだが、実際は

ダイス&ライトのディーラー養成所
128

【穴】ラスベガスカジノディーラーとして働くことの厳しい現実

ラスベガスでプロのカジノディーラーになるために、『Nick Kallos’ casino gaming schoo

ダイス&ライトのディーラー養成所
183

【穴】ラスベガスカジノディーラーの年齢層が高い理由

ラスベガスのカジノディーラーの年齢層は一体どんなものなのか?日本の裏カジノと比べると、ラスベガスのカジノディーラーの方が圧倒的

ダイス&ライトのディーラー養成所
186

【穴】ラスベガスのカジノディーラーのプライベートの遊び

ラスベガスのカジノディーラー達は、仕事が終わってから何をして遊んでいるのか? 僕たちの周りのディーラーの話になるが、まず1番人