ダイス&ライトのディーラー養成所 > ダイスのラスベガスカジノディーラー養成所

【穴】ラスベガスエクスカリバーカジノディーラーのありえないオリエンテーション

level008
157

ラスベガスエクスカリバー(Excalibur)カジノディーラーになるために、ドラックテストも無事パスして、オリエンテーションに行く日がやって来た。

オリエンテーションと言うのは、制服を合わせたり、カジノ内の施設を案内してもらったり、カジノ内での決まり事などを説明してくれたりする事で、基本的には楽しい時間を過ごす事になる。

でも昼休憩もいれてじっくり8時間コースの長丁場であった。

僕たちがまず集められた場所は、ふだんトーナメント・オブ・キングと言う、エクスカリバー(Excalibur)では、一押しのショーが行われる会場に集められた。

まずこの時点で、日本ではなかなかあり得ない感じでわくわくしていた。

すると、エクスカリバー(Excalibur)の社長の挨拶があるとアナウンスされると、なんとそこには馬にのって鎧をつけた社長が登場してくるのであった。

157-1

みんなイエーイと大歓声につつまれ、何これ?社長さんやり過ぎ!と思っていた僕であったが、あり得なすぎて面白かった。。。

そのまま馬に乗った社長がようこそエクスカリバー(Excalibur)へと、簡単な挨拶とみんな頑張ってくれと言うようなメッセージを残してそのまま消えて行ったのであるが、別に馬にまで乗る?と思いましたが、アメリカ的な演出にみんな大満足であった。

それからエクスカリバー(Excalibur)カジノ内をじっくり案内され、制服のサイズを合わせもうそろそろオリエンテーションも終わりが近づいたころ、シフトの発表がありました。

今回も特に希望はなかったのですが、僕が言われたシフトは1番人気のDayシフトでした。

この日も1日なれない場所にいた僕はすぐに家に戻りベットに倒れ込むように眠りにつくのであった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ダイス&ライトのディーラー養成所
184

【穴】ラスベガスカジノディーラーの国籍別ランキング

ラスベガスのカジノで実際働いてみて感じた事。 ラスベガスのカジノディーラーはアメリカ人ばっかりだと思い込んでいたのだが、実際は

ダイス&ライトのディーラー養成所
155

【穴】ラスベガスでディーラーとしての憧れエクスカリバーに電話をかける

ラスベガスストリップのメジャーホテルの一つ、エクスカリバーホテル部門の超お偉いさんミスターJim。 働いていた寿司屋で彼からも

ダイス&ライトのディーラー養成所
151

【穴】ラスベガスでディーラーになった日の初オリエンテーション

初めてラスベガスのカジノにプロディーラーとして出社することになったのだが、まず1日目にオリエンテーションというのがある。 この

ダイス&ライトのディーラー養成所
casino243

【穴】ラスベガスでディーラーになるためのカジノマネージャーとのミーティング

ラスベガスの大型カジノエクスカリバー(Excalibur)オーディションをパスした後、カジノ部門のトップカジノマネージャーに呼