ダイス&ライトのディーラー養成所 > ダイスのラスベガスカジノディーラー養成所

【穴】ラスベガスカジノディーラーの給料事情

level008
182

ラスベガスのカジノディーラーの給料について語ってみようと思う。ラスベガスのカジノディーラーは、2週間に1度、Paycheck(給料)をもらうのが普通である。大体は銀行振込で、明細だけ手渡しで渡されるのだ。

で、実際どれくらい稼いでるかと言うと、これはカジノによってバラバラで、ピンからキリまでと言った感じである。

基本的に時間給(最低賃金約800円)×8時間とプレーヤーからもらうチップがカジノディーラーの給料となる。

時間給はほとんど最低賃金なので、重要なのはチップである。このチップと言うのは、カジノによって相場があるのだ、例えば一番下っ端の方だと、1日の平均チップが$20-$30くらいが一番下のレベルのカジノだと思う。

これが最上級クラスのカジノになると1日の平均チップが$250以上になる。これが実際のラスベガスのカジノディーラーのチップの相場である。

これに時間給$64をプラスしたのもが1日の給料となる。それを2週間に1回、給料として受け取る事になるのである。

このチップの分け方と言うのは、1日のチップを全て足して、その日働いていたディーラーの数で割ったものが全員に配られる。もちろん早退したディーラー達はその分減らされるのだ。

そのカジノに勤務している10年選手のディーラーも、働きだして1ヶ月のディーラーも、もらうチップは同じ金額なのである。

時給は長く働いていると多少上がるが、上がる金額は微々たるもので、1年間で時給50円上がるか上がらないかの程度である。

なので、どこのカジノは大体どれくらい稼げるかと言うのはディーラー達は知っているので、常に人の募集が無いかみんな目を光らせているのである。そうして少しずつレベルの高いカジノに入れ替えて行くのである。

1日8時間、そのうち休憩2時間、週休2日、食事付き、いくら負けてもおこられる事も無いし、警察に捕まる事も無い、働こうと思えば60歳を過ぎても働ける。

さらに正社員になれば保険、有給休暇が付いてくる。おまけに僕の場合は英語の勉強にもなるので環境は良いものであった。

給料を日本の闇カジノと比べると低く感じるが、ラスベガスは危険な事が全くないし、カジノが頻繁にクローズする事も無いので安心して仕事ができる。

日本の闇カジノの刺激的なのもいいが、僕はやはりラスベガスでプロカジノディーラーとして仕事をしている方が気分が良かった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ダイス&ライトのディーラー養成所
131

【穴】ラスベガスカジノディーラーになるためのルーレットオーディション

ラスベガスでカジノディーラーになるための、人生初のカジノディーラーオーディション。最初はルーレットからだった。 いきなり実際に

ダイス&ライトのディーラー養成所
185

【穴】ラスベガスカジノディーラーはルーレットで狙えるのか?

カジノ好きの人が僕のことを、プロカジノディーラーだと知った時、このテーマはいつになっても盛り上がる。 それは、ラスベガスカジノ

ダイス&ライトのディーラー養成所
156

【穴】ラスベガスでのプロディーラーメジャーへの挑戦

ラスベガスストリップの有名ホテルエクスカリバーのホテル部門の超お偉いさんミスターJim。 カジノディーラーの採用があるかどうか

ダイス&ライトのディーラー養成所
146

【穴】ディーラーオーディション@Primm Valley Resort&Casino

ついに僕にとっての人生2回目の、カジノディーラーオーディションの日がやって来た。さすがに2回目という事と、1回目に受けたところ