ダイス&ライトのディーラー養成所 > ダイスのラスベガスカジノディーラー養成所

【穴】ラスベガスカジノディーラーの一日を公開

level008
casino277

ラスベガスのカジノディーラーの1日の流れを紹介してみよう。

僕の場合Day shiftだったので、仕事時間は朝11時から夜7時までの8時間シフトが基本だった。 いつも家で制服に着替えてから行っていたので、だいたい朝10時45分ぐらいにエクスカリバーに到着するように10時30分くらいに家を出る。

パーキングはホテルに近いところはゲスト用で停めては行けないので、立体駐車場の屋上か、少し離れたところに車を止める。

この時のポイントは、少しでも日陰の場所をGetする事である。

ラスベガスは熱すぎるので、車の中のライターが破裂したり、レンタルビデオが溶けたりするのを防ぐためである。

ホテルに到着すると従業員専用の入り口に行き、セキュリティーの人に従業員バッチを見せて確認してから建物の中に入れる。 長い通路を通り、ロッカー、ランドリールーム、食堂を通り、カジノフロアーに出て休憩室で時間が来るまで雑談。 たまにおなかが減っている時は、食堂に行き自分でサンドイッチなどを作って食べてから休憩室に向かう。

10時50分くらいになると、ディーラー達はタイムカードマシーンの前に並び始める。 タイムカードと言っても、クレジットカードサイズの大きさのカードに自分の顔写真が写っているもので、それを機会にスライドさせると出勤した事になるのである。

7分前の10時53分にならないと、タイムカードをスライド出来ないので、みんな順番待ちをする。 10時53分になると、みんな次々とタイムカードを押してカジノフロアーに向かう。

ディーラーの休憩室にその日のディーラーがどのテーブルに行くのか、紙に書いて張り出してあるので自分の名前を見つけて、書いてあるテーブルの方に向かって行く。 大体4人で1つのチームとなり3台のテーブルを回して行くのである。

休憩は基本的に60分間ディーラーしてから20分間の休憩。 これを8時間のシフトの間繰り返して行くのである。

途中おなかが減れば、休憩時間の20分の間であればいつでも従業員食堂でなにか食べる事ができる。

といっても従業員食堂に行くまでに2、3分かかるので、往復約5分となると、あまりゆっくり食べている時間はあまりない。 ゆっくり食べたい時は仕事が終わってから食べるのである。

そうこうしているうちに19時になると、次のシフトのディーラー達が出勤してくるので、僕たちは休憩室にもどりタイムカードをスライドしてその日の出勤を終える。

従業員用の出入り口から出て行くのだが、ガードマンにさよならの挨拶をしてホテルを後にする。

大雑把であるが、これがラスベガスのカジノディーラーの1日の流れになる。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ダイス&ライトのディーラー養成所
157

【穴】ラスベガスエクスカリバーカジノディーラーのありえないオリエンテーション

ラスベガスエクスカリバー(Excalibur)カジノディーラーになるために、ドラックテストも無事パスして、オリエンテーションに

ダイス&ライトのディーラー養成所
178

【穴】ラスベガスカジノディーラーメジャーデビュー初日

ラスベガスカジノディーラーのメジャーデビュー初日。出勤時間の1時間前に僕は、ラスベガスエクスカリバー(Excalibur)に到

ダイス&ライトのディーラー養成所
casino205

【穴】ラスベガスカジノディーラーになるにはまずは学校を探す

ラスベガスでプロのカジノディーラーになるためには、ディーラーズスクールという学校を卒業することから始めなければならない。 ラス

ダイス&ライトのディーラー養成所
129

【穴】ラスベガスカジノディーラーになるための作戦変更

いつまで待ってもカジノからオーディションの連絡がないので少しずつ焦りが出てきた。そこで仕方なく作戦変更する事にした。 いきなり