ダイス&ライトのディーラー養成所 > ダイスのラスベガスカジノディーラー養成所

【穴】ラスベガスでディーラーになるまで Primm Valley Resort & Casino

level008
145

Primm(プリム)は、カリフォルニアから来る旅人が良く立ち寄る場所で、アウトレットが1軒、ガソリンスタンド2軒にカジノが3軒あるだけの、かなり小さい町なのである。

カジノの名前はPrimm Valley Resort&Casino, Buffalo Bill’s,Whiskey Pete’s,の3軒なのだが、この3軒の中にも微妙にランクがあり、

1番はPrimm Valley,

145-1

2番はBuffalo Bill’s,

145-2

3番はWhiskey Pete’sという順番になる。

145-3

肝心のチップ収入もこの順序のようにPrimm Valleyが微妙ではあるが、一番稼げるのである。という理由でまずはPrimm Valleyに行って、ピットボスに色々と聞いてみる事にした。このカジノのピットボスものんびりしているせいか、親切に色々教えてくれたのである。

一応確認のために、今ディーラーを募集中かと聞くとYes!の答えが返って来たのでまずは一安心、次に自分の希望はPrimm Valleyだと言うと、この3軒のカジノはまとめてオーディションをして、パスした人をランダムに振り分けて行くので、カジノも選べなければ働く時間も選べないのである。

普通カジノは3交替制で、朝11時から夜7時までのシフトをデイシフトと言い、夜7時から夜中3時までのシフトをスウィングシフトと言い、夜中3時から朝11時までのシフトをグレビアードシフトと言う。

チップはどのシフトで働いても同じなので1番人気はデイシフトなのである。スウィングシフトは一番プレーヤーがいて大変なのではあるが、チップは同じである。

グレビアードシフトは逆にプレーヤーがどんどん減っていき、あまりする事がなく、昼と夜が反対の生活をする事になるので違う意味でキツイシフトなのである。

まあシフトの心配はオーディションをパスしてからにするとして、まずはオーディションを受けるための手続きを済ませ、オーディションの日程を確認するのである。

僕のオーディションは1週間後と言う事になり、とりあえず2回目のディーラーオーディションを受ける準備が整ったのである。

またまたディーラーズスクールに戻り、オーディションに備え練習を黙々と繰り返し、第2回目の決戦を待つことにした。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ダイス&ライトのディーラー養成所
183

【穴】ラスベガスカジノディーラーの年齢層が高い理由

ラスベガスのカジノディーラーの年齢層は一体どんなものなのか?日本の裏カジノと比べると、ラスベガスのカジノディーラーの方が圧倒的

ダイス&ライトのディーラー養成所
178

【穴】ラスベガスカジノディーラーメジャーデビュー初日

ラスベガスカジノディーラーのメジャーデビュー初日。出勤時間の1時間前に僕は、ラスベガスエクスカリバー(Excalibur)に到

ダイス&ライトのディーラー養成所
185

【穴】ラスベガスカジノディーラーはルーレットで狙えるのか?

カジノ好きの人が僕のことを、プロカジノディーラーだと知った時、このテーマはいつになっても盛り上がる。 それは、ラスベガスカジノ

ダイス&ライトのディーラー養成所
150

【穴】ラスベガスでディーラーになる採用の電話

ラスベガスでプロのカジノディーラーになるための最終テスト「ドラックテスト」から一週間くらいたってカジノから電話があり、一度カジ