ディーラーが明かす日本の裏カジノ > 株式投資を学んでみる

【穴】株式投資を学んでみる 現物取引か⁉︎信用取引か⁉︎ (2)

level006
978

「現物取引」ではなく「信用取引」だったら。。。

「信用取引」とは、証券会社がお客さんに「現金」または「株式」を貸すことによって成立する取引なのだ。

お客さんを信用して「現金」または「株式」を貸すことになるので、「信用」という「取引」となる。

証券会社はお客さんから「現金」または「株式」を担保として預かり、「現金」または「株式」を貸す。

したがって信用取引を行うには、証券会社に通常の口座開設を行った上で信用口座を別に開設する必要がある。

証券会社は、お客さんを信用する必要があるので、「信用口座」開設に当たっては証券会社が定めた基準をクリアして審査をパスする必要があるのだ。

「信用取引」のスタートは「信用買い」、「信用売り」の2つがある。

「信用買い」は証券会社から「現金」を借りて株式を買うことなので、担保にした現金の約3倍まで買うことが可能になる。

「信用売り」は証券会社から「株式」を借りて株式を売ること。

「信用取引」を活用すれば、上昇トレンドの堅調相場では「信用買い」で下降トレンドの軟調相場では「信用売り」で利益を狙うことが可能になってくる。

メリットとしては堅調相場でも軟調相場でも利益を狙うことができるし、担保にした現金の約3倍まで、投資を行うことが出来る。

デメリットとしては、証券会社の審査があるので誰でも「信用取引」が出来るわけではないし、担保にした現金の約3倍まで投資を行うことが出来るので、最悪の場合、投資金額以上の損失が出る可能性がある。

さらに、「現金」を借りたら信用金利、「株式」を借りたら「貸株料」などのコストが掛かり制度信用の場合、「6ヶ月」という取引期限もあるのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
951

【穴】9割の負け組(12)

投資家としてその会社に投資をするのであれば、感情を抜きにして遠くから眺めるようにする思考を身に付けていかなくてはならないだろう

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
979

【穴】株式投資を学んでみる 現物取引か!?信用取引か!? (3)

投資の世界ではいかにリスクを最小限にすることが一握りの勝者への近道だと思う。 基本的に、、、「信用取引」は借金をすることになり

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
937

【穴】9割の負け組(5)

知識があれば勝てるのか!? 株式投資の知識を分かったとしても、、、それだけではないのが投資の世界。 儲かる銘柄を探すし当てるこ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
909

【穴】株式投資をするサラリーマン(3)

純金融資産、、、総額が1億円以上の富裕層。。。 この方々は95万世帯以上存在しているらしい。 オレたちのような普通のサラリーマ