ディーラーが明かす日本の裏カジノ > それぞれの日本裏カジノ

【穴】裏カジノ界で現役最後と定めた大使館裏カジノ

level006
casino

2件目の大使館裏カジノが開かれる場所はオレにとって懐かしい場所なのだ。

ディーラーとしての腕前が未熟だった、裏カジノ界へデビューして、初めて東京都内へ出ていった場所。

東京都港区赤坂の夜の街。。。

この場所へ来ると、あの頃の思いが蘇ってきて、懐かしさを感じてしまう。あの頃のオレは、恥ずかしげもなく、オレはディーラーとして経験値をサバよんで、一人前のディーラーだと主張し、普通よりも高めの時給交渉をこなしていた。

ココ、赤坂での大使館裏カジノには、実際に大使館は存在しない。

これにはカラクリが仕込まれていて、通常ではできない手法でこの店舗を実現させている。

とある国の一等書記官名義で借りているこの物件は、治外法権となり、日本の法律が及ばない状況を作り上げているのだ。

当然ながら、こういった場合には通常よりも費用が多くことになるため、いくら裏カジノ界のオーナーでも、なかなかそう簡単には出来る訳ではない。 更に、すべてのテーブルやチップ、備品などを新品で揃えており、警察、ヤクザにもお金をばらまいている。

長い目で見据えているため、すぐに閉店などあり得ない状況となるだ。働く側の従業員たちにとってはかなり良い条件なのでディーラーはすぐに口コミで方々から集まってくる。

今回、オレにオファーくれたのは、この大使館裏カジノを立ち上げている方から、直接入ってきていた。この人物とは古くからの先輩でもあり、数ヶ月後にはマレーシア・ペナン島へ移住を知っている。

それでも数ヶ月だけでも良いということで、オレは裏カジノ界現役最後の店舗として、この店で働くことを決めたのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino018

【穴】六本木裏カジノでのギャンブル女神様との出会い

六本木の裏カジノ。。。関西ヤクザのオーナー「M氏」の裏カジノ店が休養をとると言うことで、すぐにオレの仕事先を見つけることが優先

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
347

【穴】24時間営業裏カジノ勤務でコンビニ店長の辛さが身にしみた

24時間営業のコンビニ裏カジノでは店舗が閉まる事はない。 店舗が閉まらないということは、今までの裏カジノとは違い、お客さんにも

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
399

【穴】サヨナラ裏カジノ界!最後の出勤日の思い出

マレーシア・ペナン島への移住のために、、、家の売却やその他の準備を済ませながら、プロカジノディーラーとして勤務している、赤坂に

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino4

【穴】裏カジノ業界で生きてきたオレの新たな移住先「マレーシア」

2011年、、、夏本番を迎えているのに、オレの持ち家は一向に売却できていない。裏カジノ店舗の仕事もなくなり、時間があるので夏休