ディーラーが明かす日本の裏カジノ > それぞれの日本裏カジノ

【穴】今の大使館裏カジノか新しい大使館裏カジノかどちらにするか?

level006
397

「東北地方太平洋沖地震」の2011年、家族での海外移住を準備しているオレたちだが、夏も終わりに近づいてきた。

オレの家はまだ売れていない。移住先は既にマレーシアに決めたのだが、家の売却が済まなければそこへ行くことはできない。

そのためにオレは、まだ裏カジノ界に在籍し続けることになるのだ。

新たな大使館裏カジノの件で、今勤務している大使館裏カジノを辞めて行くかどうか迷っていた。

今までいた六本木の大使館裏カジノでは、待遇も良く、仕事にも馴れていたし仲間たちとも気が合って楽しく仕事ができていた。

お客さんがいない時間には、いつものようにネットで移住先の検索をしまくっていたが、それ以外にも従業員の仲間同士でテキサスポーカーを楽しんでいた。

1日に数万円が動く小さな場面ではあるが、仕事中に身内で賭け事する楽しさもあったのだ。

テキサスポーカーは人との駆け引きがかなり重傷で、回数を重ねていくうちに仲間の狙いが見えてきて、レイズ(賭け金を上げていく)が楽しくて仕方がない。

こんな楽しい職場を辞めて、新しい大使館裏カジノへと向かうことは残念なのだが、この業界はいつも突然に店舗の閉店が決まったりして、仲間たちと離ればなれになっていく。

数年後には、こうした仲間たちと、再び同じ店舗で働いたりすることも珍しくないので、その時はそれで新しい出会いとともに楽しみもあるのだが。。。

今度の大使館裏カジノは新規でオープンするということなので、大使館側との話し合いの元で店舗がつくられていく。

今回はヨーロッパにある国の大使館裏カジノなのだが、店舗がある場所には大使館は存在しない。新規ということなので、新たに大使館名義で借りた物件でこの大使館裏カジノが開かれていくのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino

【穴】いざ家の売却が決まると不安いっぱいの心境に陥った

2件目の大使館裏カジノが開店を準備をしている2011年9月の後半、とうとうオレの家の売却が決まった。 自宅にいると不動産屋さん

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
316

【穴】バカラ大会に向けて準備中大阪ミナミでの歓迎

初めて搭乗する飛行機ANAファーストクラスにて、タバコも吸える柔らかい広々としたシートに座り、普段ではお目にかかれない芸能人を

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino3

【穴】人生最後の裏カジノ勤務は「ガジリ」にやられた路地裏の店舗

2011年7月。。。3.11にあの「東北地方太平洋沖地震」が起こり、海外移住を決意して、日本にある持ち家不動産を中心とした、オ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino018

【穴】六本木裏カジノでのギャンブル女神様との出会い

六本木の裏カジノ。。。関西ヤクザのオーナー「M氏」の裏カジノ店が休養をとると言うことで、すぐにオレの仕事先を見つけることが優先