ディーラーが明かす日本の裏カジノ > それぞれの日本裏カジノ

【穴】歩合制で月100万円コンスタントに超えた岡山の裏カジノ店舗勤務

level006
327

オレが来たばかりの時の岡山の裏カジノ店舗は、開店後半年ほど経った頃で、常連客も意外と多く、噂を聞きつけた地方からのカジノ客も加えてそこそこ繁盛していた。

裏カジノに来る客数は、1日に40名程度ではあるが、地方の裏カジノ店舗なので十分な数ではないだろうか。

地元のディーラーが3名、オレのようなよそ者ディーラーが4名、ウェイトレスが2名、厨房1名、キャッシャー1名、それにオレの先輩のマネージャーと店長というかなり少人数で運営をしていた。

「ルーレット」、「ブラックジャック」、「ミニバカラ」には経験の浅いディーラーたちに任せて、オレのメインはこの店舗の売上げを左右する「大バカラ」となる。

30万のバランス台で大きく上げればオレの給与にも結びつくため、店の存続とオレの給与のためにも、マネージャーの後輩としても結果を残していかなくてはならない。

数週間でオレの実力は店全体が把握してもらえ、オレの立ち位置も明らかになっていく。

当初の期限が1ヶ月ほどだったが、まだまだお客さんたちも来るし店も軌道に乗って調子が良いと言うことで延長ということになった。

確かに、Xmasや年越しはこの裏カジノ店舗で迎えていった。特に地元へ帰ることなく、岡山でこの冬をすごすことになったが、週に1度の休みしかないため観光をした記憶は残っていない。

1度しかないこの休みの日でも場面が盛り上がってくるとオレの携帯電話が鳴り響き、呼び出されることも数回あった。

そのおかげもあり、毎月のオレの歩合が安定して100万円を超えることが出来たのかもしれないが。。。更に、普通の時給での給与もたくさんもらえたので、使う暇がなくお金は増えていく。

一緒に連れて行った彼女もオレと同じく働いていたので、いきよいよく貯金が溜まっていく楽しみを知ったはずだ。

忙しい時間を過ごしてもお金をいう引き換え券があったので、オレにはこの街の記憶は「良かった!」と感じている。

結局、この岡山の裏カジノ店舗には半年ほどお世話になる形で、月に100万円以上の貯金もできて軽やかな足取りで横浜へと帰宅することになった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
307

【穴】ギャンブル「女神様」と出会ったことで無借金カジノディーラーに転換

横生の老舗裏カジノの先輩がいる六本木の裏カジノ店舗での「女神様」との出会いから、オレの借金生活にピリオドがうたれた。 高校時代

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
322

【穴】歌舞伎町裏カジノ店でバドワイザーガールを見ながら

当時勤務していた赤坂の裏カジノ店舗がパクられてしまったが、休みだったオレの身柄は何ともなく警察による追求も全くない。 オレの友

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
329

【穴】オレの裏カジノディーラー人生に到来したバブリー時代の幕開け

当時のオレと「O氏」との関係は、オレのアニキみたいな存在で、裏カジノ界にも知り合いが多いためか、あちこちから横浜の老舗裏カジノ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
309

【穴】ツータップ勝負のルーレットのある新たな裏カジノ店舗池袋へ

元防衛庁前に立ち並ぶ雑居ビル内の裏カジノ店舗は、初月の売上げは良かったが、だんだんと落ち込みはじめ、移転する前のような活気が薄