ディーラーが明かす日本の裏カジノ > それぞれの日本裏カジノ

【穴】バカラ大会に向けて準備中大阪ミナミでの歓迎

level006
316

初めて搭乗する飛行機ANAファーストクラスにて、タバコも吸える柔らかい広々としたシートに座り、普段ではお目にかかれない芸能人を横目にみながら、離陸での激しい動きに感動し、着陸時の不安を感じながらも約1時間のフライトを終え伊丹空港に着いた。

現役とも言える関西ヤクザの「M氏」と二人で空港の出口を目指していると年配の方と連れの方がお迎えにきていた。

年配の方は「M氏」と長い付き合いがあるらしく、バカラ大会の主催者となる人で、連れの方は見た目通りヤクザの若い衆。

案内されるまま空港をでるとそこには真っ黒な超高級車「ベントレー」が止まっていた。

この「ベントレー」に乗り込む「M氏」とオレ。。。若干23、4のオレがヤクザのお迎えを受け、今まで触ったこともない「ベントレー」のシートに腰を下ろすのだ。

「M氏」のおかげで、今までにないことばかりを体験させてもらえ、優越感にも浸れていた。

心斎橋にあるそごう大丸の近くのホテル日航大阪へ直行し、お茶を飲みながら今後の予定を確認し部屋で少し休憩をはさみ、オレの仕事場となるミナミへと繰り出していった。

「M氏」がオーナーをしていた六本木の裏カジノ店舗で一緒に働いていた地元大阪のディーラーも交えて、ミナミの店舗でバカラ大会の打ち合わせをする。

そして夜はこの地元大阪ディーラーと共にミナミの遊び方を伝授してもらいながら歩き回った。

2日後のバカラ大会のためだけに用意した店舗なため、即席型の裏カジノ店舗ではあるが、小ぢんまりとまとまっていてちょうど良い感じ。

大きな16人がけのバカラテーブルと小さなバカラテーブル1台づつあり、小さなクラブの跡地なので雰囲気も良い。

ディーラーはオレ含めて3名とウィトレスが1名、キャッシャー兼黒服が1名、空港に迎えにきてくれた年配の方が主な客を連れてくるらしい。

翌日からお客さんがくるらしいが、バカラ大会前のお遊びバカラなので適当にやってくれと言う。

翌日、お遊びのバカラディーラーをすることになったのだが、この大阪ミナミの街は都内と違い、関東弁で話すオレをいきなり「関東からゴト入れにきたんかぁ!?」と嫌みな感じで出迎えられた。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
323

【穴】2度目に戻った新宿歌舞伎町の裏カジノは最高だった

以前はあんなにも面倒くさくていやだった、毎日の新宿裏カジノ店通いが楽しくなってきたのは、裏カジノ店舗内に勤務している、バドガー

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
324

【穴】さよなら歌舞伎町の裏カジノ。そして恩師から導かれ岡山へ

新宿歌舞伎町の裏カジノ店舗で今後のカジノ人生を切り開いていこうとした時、オレの行動を左右させる人からの連絡が入った。 この人は

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
347

【穴】24時間営業裏カジノ勤務でコンビニ店長の辛さが身にしみた

24時間営業のコンビニ裏カジノでは店舗が閉まる事はない。 店舗が閉まらないということは、今までの裏カジノとは違い、お客さんにも

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
307

【穴】ギャンブル「女神様」と出会ったことで無借金カジノディーラーに転換

横生の老舗裏カジノの先輩がいる六本木の裏カジノ店舗での「女神様」との出会いから、オレの借金生活にピリオドがうたれた。 高校時代