ディーラーが明かす日本の裏カジノ > それぞれの日本裏カジノ

【穴】ツータップ勝負のルーレットのある新たな裏カジノ店舗池袋へ

level006
309

元防衛庁前に立ち並ぶ雑居ビル内の裏カジノ店舗は、初月の売上げは良かったが、だんだんと落ち込みはじめ、移転する前のような活気が薄れてきていた。

今回の裏カジノ店舗は、内装にお金を掛けていないこともあり、店の雰囲気は簡素な感じで次の店舗までのつなぎという感覚がお客さんにも伝わっているようだ。

警察の摘発から逃れるための一時的避難所のような店舗なので、どうもお客さんもオレたちディーラーも身が入らず流れ作業で場面をこなしている。

六本木交差点近くのビルに、内装費を十分に掛けている裏カジノ店舗を準備中なのだ。もう少し時間はかかるがこの店舗が完成すれば、以前のような活気のある店舗が期待できそうだ。

だが、そんな時にオレのもとへ新たな裏カジノ店舗への話が舞い込んできている。

場所は池袋。

新規でオープンする裏カジノ店舗だが、相当力を入れているらしく、費用もかなり掛けてゴージャスな店舗をつくると言う。

従業員もディーラーだけで30名以上の大箱。

何と言っても、ルーレーットを置きキチンと調整をとるのでツータップで勝負をしていく方針だ。この裏カジノ店へ面接に来てくれとオレの元へ友人から電話が入ったのだ。

ルーレーットを置く裏カジノ店舗はだんだんと少なくなってきている時に、ツータップで勝負をすると言うことは「2番」フルビンゴの一撃で40万ほどの配当がでる破壊力がある。

今時珍しいがルーレットディーラー魂に火がつきこの店舗へ面接にいくことを決めたのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
396

【穴】新たな大使館裏カジノの話が舞い込んできた

3.11「東北地方太平洋沖地震」がきっかけで、海外移住を決意したオレは移住先を真剣に考えていた。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
315

【穴】勤務先の赤坂裏カジノに元オーナー「M氏」がやって来た

赤坂で裏カジノを開業した素人オーナーの元、2つ年上のディーラー仲間が店長を務め、オーナーの教育を店長としながらオレの立ち位置も

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
325

【穴】ディーラーの彼女と共に来た岡山県岡山市の裏カジノ

新幹線に乗り込んで岡山県を目指すオレと彼女。実はこの時のオレの彼女は、気の強そうな女ディーラーをしていたのだ。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
323

【穴】2度目に戻った新宿歌舞伎町の裏カジノは最高だった

以前はあんなにも面倒くさくていやだった、毎日の新宿裏カジノ店通いが楽しくなってきたのは、裏カジノ店舗内に勤務している、バドガー