ディーラーが明かす日本の裏カジノ > それぞれの日本裏カジノ

【穴】24時間裏カジノ店舗運営の裏舞台を公開

level006
348

24時間営業で裏カジノを営業しているわけだが、この新しい営業方法に馴れてくるまで時間がかかった。

お客さんが途切れる時間というモノがないので、営業中にすべてのことをしていかなくてはならない。

まずは掃除だが、様々なお客さんたちが来ては遊んでいくので、ツマミや食事、ガムやアメ、ホコリやくずゴミが絨毯の上にたまってくる。

真剣勝負を繰り広げているその後ろで掃除機をかける訳にはいかないので、棒の長いコロコロで場面を隙間を見ながらキレイにしていく。

トイレは1時間に1度ウェイトレスが見回り汚れを取り除き、備え付けてある綿棒、歯ブラシ、糸ようじ、ひげ剃り、おしぼりなどをキレイに揃えていく。

カジノテーブル上にはシューターの合間に小さなブラシでホコリを集め、これもコロコロを使ってキレイにしていく。周りのラバーをおしぼりで丁寧にふいて出来上がり。

買い出しは上記の消耗品や菓子類を、空いている時間帯に余っているディーラーが揃えていく。薬、タバコ、酒類は業者が届けてくれるのでお客さんに迷惑にならぬよう裏口から搬入しその都度お金を支払っていく。

キッチンでつかう食料品は、キッチン自らスーパーへ向かい、その日に必要なだけ食材を買い込んでいくので、この時に従業員用の食事のリクエストをすると応えてくれる可能性が高い。

毎日10万円を経費袋に詰めてあるのだが、こういった経費でおつりは2万円前後で足りない時も出てくる。

メインのカードは1箱(1グロス)に、赤色と青色が半分づつ合計144個のカードが入っているのだが、1日分で35,000円ほどかかり、まとめて5グロス、10グロスと買うようにしていた。

こういった経費は日々の売上げから翌日の支払い分を出していくのだ。

そして給料日にはすべての従業員たちに給与を払わなくてはならない。ざっくりと給料だけで1,500万ほどかかってくる。

これも日々の売上げからプールしておかなくてはならないのだが、オーナーの使い込みで支払日がおくれたことが数回あった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino

【穴】いざ家の売却が決まると不安いっぱいの心境に陥った

2件目の大使館裏カジノが開店を準備をしている2011年9月の後半、とうとうオレの家の売却が決まった。 自宅にいると不動産屋さん

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
322

【穴】歌舞伎町裏カジノ店でバドワイザーガールを見ながら

当時勤務していた赤坂の裏カジノ店舗がパクられてしまったが、休みだったオレの身柄は何ともなく警察による追求も全くない。 オレの友

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
308

【穴】できれば避けたい前裏カジノ店舗オーナーとの対戦

六本木。。。元防衛庁前の「叙々苑」で移転する裏カジノ店舗の幹部たちと打ち合わせを兼ねた食事会を済ませ翌日からの営業を向かえるこ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
318

【穴】大阪ミナミの裏カジノで1億円負けるVIPのお客さん

大阪ミナミの裏カジノでの初日は「関東から来たディーラーには要注意!」と言う妙なレッテルを張られながらも、終わってみれば、そつな