ディーラーが明かす日本の裏カジノ > それぞれの日本裏カジノ

【穴】終わりのない24時間コンビニカジノ店舗が新装開店!

level006
342

いよいよオレが仕切っていくコンビニカジノがオープンする事になった。

夕方のオープンを迎えスタートしてみると、事前に宣伝しておいたおかげもあり、すぐにお客さん達が集まり始めてくる。

そう、裏カジノでの新規オープン店では、通常のサービスと特別な新規オープンサービスが重なるためお客さんたちも勝つチャンスが多い。

通常通りの1,000$のお買い上げでつく100$のサービスチップと、特別な新規オープンサービスで100$、200$、300$、500$、1,000$とそのお客さんに見合ったサービスチップがついてくるのだ。

当然ながら、裏カジノ側にとって良い、普通、悪いお客さんがいるわけで、店舗に多くのお金を落としてくるお客さんには優遇して多めのサービスチップを与えていくわけだ。

新規オープンしてすぐに集まってくるお客さんたちは普通以下のお客さんなので、とにかくお店が流行ってくれるようにみえるなら快くお迎えをしていく。

こうして賑わっているような感じにみせて、22時過ぎに来店してくる本当の良いお客さんを待つ。

この時間帯から良い客層に変わり始め裏カジノ店舗が賑わっていくのだ。

営業専門の人、ヤクザ関係、オーナー直のお客さん達が集まりだし、この夜のバカラ大会が盛り上がりをみせていく。

ディーラーたちは元気に頑張り、ウェイトレスたちは可愛らしく振るまい、料理を作る厨房やカウンターのバーテンたちもこの日ばかりはフル稼働で動いている。

オレは一部始終を管理しながら、お客さんたちに挨拶をしながら、店舗の成り行きを見守っていく。

「ルーレット」、「ブラックジャック」が1台づつと「バカラ」が4台ともほぼ満卓状態で、初日の夜は朝方まで活気があり当然の流れ通り数字も上がっていた。

無事に初日を大きな黒字で終える事ができたが、24時間コンビニカジノには終わりは来ない。

早番の従業員達が6時半頃に出勤してきて、遅番従業員たちと交代して入れ替わり、テーブルチップもリセットしこの日の集計を始めていく。

百の束が3つ残ったのでこの日は万々歳で、昼過ぎから準備していたオレの長い1日がようやく終われることとなった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
329

【穴】オレの裏カジノディーラー人生に到来したバブリー時代の幕開け

当時のオレと「O氏」との関係は、オレのアニキみたいな存在で、裏カジノ界にも知り合いが多いためか、あちこちから横浜の老舗裏カジノ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino

【穴】裏カジノ界で現役最後と定めた大使館裏カジノ

2件目の大使館裏カジノが開かれる場所はオレにとって懐かしい場所なのだ。 ディーラーとしての腕前が未熟だった、裏カジノ界へデビュ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
316

【穴】オレの初フライトの伊丹空港行きはファーストクラス

赤坂の裏カジノに来た「M氏」に呼び出されたオレ。高級マンションが立ち並ぶ広尾の一角に「M氏」の所有する部屋があり、来客専用の駐

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
310

【穴】お金をかけた裏カジノ店とは、いったいどれほどのモノなのか?

横浜から東京駅へ。そして地下鉄に乗り換えて池袋へ面接に向かう。 何と言っても初めていく池袋は新鮮に感じてくる。オーナーがかなり