ディーラーが明かす日本の裏カジノ > それぞれの日本裏カジノ

【穴】オレの休み中に警察からの摘発。赤坂裏カジノ店舗の結末

level006
321

赤坂の裏カジノ店舗はかなり順調に収益を積み重ねており、オーナーも素人だったことを忘れ大物気取りになっていった。この業界、こうなった時が一番危なくて初心を忘れて金遣いも荒くなっていく。

オーナーは毎月数千万円というお金が転がり込んで来るようになると、買わなくても良いモノを買い、豪勢に食事や酒を浴びるようになっていく。

そんなとき、本当にたまたまだったのだが、オレが休みの日にこの店舗は警察により摘発された。

オレの友人でもあるこの店の店長を筆頭に、名義人社長、ディーラー、黒服、ウェイトレス、そしてこの店内にいたお客さんすべてが警察著へと連れて行かれた。

知人からの電話連絡により、この事実を知ったオレは急いで駆けつけるが、残っている警察たちを目の前に何も出来ることがない。オーナーへ電話をかけその後の動向を共にしようと考えていた。

このオーナー、動揺しているようだが段取りは良い。こういった時の行動を知人のカジノオーナーから得ながらこなしていき、弁護士や自分の保護などすべての手配をしていく。

この当時は現在とは違い、摘発された店舗の上役2、3人を起訴できれば、その他すべての人はすぐに解放されていた。

当然オレの友人は店長なので名義人社長とその現場を仕切っていたディーラーが起訴されこの店舗の最後となった。

休みだったため摘発を逃れたオレは仕事先を失ったことになるのだが、この間に今まで何処かの裏カジノ店舗で一緒に働いたディーラー仲間たちから連絡があり、新しい仕事先を紹介されていた。

いくつかの店舗のお誘いがあったため数名と会い、話しを詰めていった。

次に向かう裏カジノ店舗は「歌舞伎町」。。またあの新宿の裏カジノ店舗へと向かうことを決めたのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino

【穴】裏カジノ界で現役最後と定めた大使館裏カジノ

2件目の大使館裏カジノが開かれる場所はオレにとって懐かしい場所なのだ。 ディーラーとしての腕前が未熟だった、裏カジノ界へデビュ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino3

【穴】人生最後の裏カジノ勤務は「ガジリ」にやられた路地裏の店舗

2011年7月。。。3.11にあの「東北地方太平洋沖地震」が起こり、海外移住を決意して、日本にある持ち家不動産を中心とした、オ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
314

【穴】赤坂で素人オーナーが開業した裏カジノ店に勤務

今回の赤坂での裏カジノ店舗での仕事は、今までのようなディーラー業務がメインではなく、ディーラーたちを仕切り、お店が運営していき

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
316

【穴】バカラ大会に向けて準備中大阪ミナミでの歓迎

初めて搭乗する飛行機ANAファーストクラスにて、タバコも吸える柔らかい広々としたシートに座り、普段ではお目にかかれない芸能人を