ディーラーが明かす日本の裏カジノ > それぞれの日本裏カジノ

【穴】勤務先の赤坂裏カジノに元オーナー「M氏」がやって来た

level006
315

赤坂で裏カジノを開業した素人オーナーの元、2つ年上のディーラー仲間が店長を務め、オーナーの教育を店長としながらオレの立ち位置も確立された3ヶ月ほどした頃、あのお方がまたもやこの裏カジノ店舗に訪れてきた。

現役とも言える関西ヤクザでもある、オレの元オーナーだった「M氏」。

奇麗に着飾った色っぽい女性を連れて入ってきた「M氏」はオレの顔に気がつきはしたが、そっぽを向いて一番大きなバランスが開かれているバカラテーブルへと進んでいく。

この「M氏」はこの裏カジノ業界ではなかなかの有名人で、知らない人の方が少ないほど激しい勝負を繰り広げている。この日も場面に座ったとたんに「バンカーにタップでオープンや!」と発声して勢いがよい。

「タップでオープン」とは、現状での場面(この場合ではバンカー側)にMAX金額を入れるということ。

「タップ」は高めなので「オープン」のコールが入った場合、ディーラーは高めなのか、イーブンなのか、低めなのかを確認しなくてはならない。

この時、反対側の受け手となるプレイヤー側には50万円ほど入っており、バンカー側には15万程度しか入っていなかった。

「M氏」がバンカー側に入るだけ賭ける「タップでオープン」ということは、35万円を入れてプレイヤ側とバンカー側がイーブンとなり、そこからお店が受けるバランス分の30万円が加算され、この勝負に合計で65万円の賭け金となる。

当然のように博打の才能がある「M氏」はこの勝負に勝ち上がる。

オレの顔をチラチラと見ながらも話かけることはしてこない。別に疚しいことがある訳ではないのだが、オレに気を使ってこうしているのだろう。

30分ほどしたところでこの場面が終了し、次回のシャッフルをするためにしばしの休憩が入り、ココでオレは「M氏」へと挨拶をしにいき話をする。くだらない話を膨らませて昔話で盛り上がっていた。

ちょうど良いと感じたのだろうか、「今日、店が終わったらワシのところへ来い!」と誘われた。

結局、この日の「M氏」は200万ほど負けてすぐに引き上げていったが、オレはその後に「M氏」のところへ行かなくてはならない。

何やら話があるようなので朝方仕事を終えてから、お世話になっている頃に何度か訪れたことがある「M氏」が待つ広尾のマンションへと車を走らせた。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
316

【穴】オレの初フライトの伊丹空港行きはファーストクラス

赤坂の裏カジノに来た「M氏」に呼び出されたオレ。高級マンションが立ち並ぶ広尾の一角に「M氏」の所有する部屋があり、来客専用の駐

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
316

【穴】バカラ大会に向けて準備中大阪ミナミでの歓迎

初めて搭乗する飛行機ANAファーストクラスにて、タバコも吸える柔らかい広々としたシートに座り、普段ではお目にかかれない芸能人を

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
397

【穴】今の大使館裏カジノか新しい大使館裏カジノかどちらにするか?

「東北地方太平洋沖地震」の2011年、家族での海外移住を準備しているオレたちだが、夏も終わりに近づいてきた。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
341

【穴】24時間コンビニ裏カジノ店舗をオープン

新たな裏カジノ店舗の話をもってきたくれたのは、とあるビルのオーナーで、裏カジノ業界では名の通った有名人。 いくつものビルを所有