ディーラーが明かす日本の裏カジノ > それぞれの日本裏カジノ

【穴】勤務先の赤坂裏カジノに元オーナー「M氏」がやって来た

level006
315

赤坂で裏カジノを開業した素人オーナーの元、2つ年上のディーラー仲間が店長を務め、オーナーの教育を店長としながらオレの立ち位置も確立された3ヶ月ほどした頃、あのお方がまたもやこの裏カジノ店舗に訪れてきた。

現役とも言える関西ヤクザでもある、オレの元オーナーだった「M氏」。

奇麗に着飾った色っぽい女性を連れて入ってきた「M氏」はオレの顔に気がつきはしたが、そっぽを向いて一番大きなバランスが開かれているバカラテーブルへと進んでいく。

この「M氏」はこの裏カジノ業界ではなかなかの有名人で、知らない人の方が少ないほど激しい勝負を繰り広げている。この日も場面に座ったとたんに「バンカーにタップでオープンや!」と発声して勢いがよい。

「タップでオープン」とは、現状での場面(この場合ではバンカー側)にMAX金額を入れるということ。

「タップ」は高めなので「オープン」のコールが入った場合、ディーラーは高めなのか、イーブンなのか、低めなのかを確認しなくてはならない。

この時、反対側の受け手となるプレイヤー側には50万円ほど入っており、バンカー側には15万程度しか入っていなかった。

「M氏」がバンカー側に入るだけ賭ける「タップでオープン」ということは、35万円を入れてプレイヤ側とバンカー側がイーブンとなり、そこからお店が受けるバランス分の30万円が加算され、この勝負に合計で65万円の賭け金となる。

当然のように博打の才能がある「M氏」はこの勝負に勝ち上がる。

オレの顔をチラチラと見ながらも話かけることはしてこない。別に疚しいことがある訳ではないのだが、オレに気を使ってこうしているのだろう。

30分ほどしたところでこの場面が終了し、次回のシャッフルをするためにしばしの休憩が入り、ココでオレは「M氏」へと挨拶をしにいき話をする。くだらない話を膨らませて昔話で盛り上がっていた。

ちょうど良いと感じたのだろうか、「今日、店が終わったらワシのところへ来い!」と誘われた。

結局、この日の「M氏」は200万ほど負けてすぐに引き上げていったが、オレはその後に「M氏」のところへ行かなくてはならない。

何やら話があるようなので朝方仕事を終えてから、お世話になっている頃に何度か訪れたことがある「M氏」が待つ広尾のマンションへと車を走らせた。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
308

【穴】できれば避けたい前裏カジノ店舗オーナーとの対戦

六本木。。。元防衛庁前の「叙々苑」で移転する裏カジノ店舗の幹部たちと打ち合わせを兼ねた食事会を済ませ翌日からの営業を向かえるこ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino3

【穴】人生最後の裏カジノ勤務は「ガジリ」にやられた路地裏の店舗

2011年7月。。。3.11にあの「東北地方太平洋沖地震」が起こり、海外移住を決意して、日本にある持ち家不動産を中心とした、オ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino018

【穴】六本木裏カジノでのギャンブル女神様との出会い

六本木の裏カジノ。。。関西ヤクザのオーナー「M氏」の裏カジノ店が休養をとると言うことで、すぐにオレの仕事先を見つけることが優先

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino1

【穴】大使館裏カジノの一時解散が決定した

大使館裏カジノへ勤め始めて3ヶ月近く経った、蒸し暑い夏の始まりを迎えた頃、海外移住を目指していたオレの、我が家の売却が思うよう