ディーラーが明かす日本の裏カジノ > 裏カジノあるある!?

【穴】裏カジノあるある!? 研修編 ここはショーをする舞台なんだ!

level006
666

裏カジノディーラーならではの博打の楽しみ方を知り、新人ディーラーとして研修をして数日が過ぎた頃オレにチャンスが訪れてきた。

・「ここはショーをする舞台なんだ!」。。。

この店舗に入店して2ヶ月ほど経った頃、この店舗での営業時間が変わる事になった。

というよりも、売上向上のために営業時間を増やす方向で話が進んでいったのだろう。

平日の営業は夕方5時から深夜3時までというのは変わらずに、土曜日、日曜日の営業時間を早めて行うという事なのだ。

横浜にある老舗の裏カジノ店舗付近には、場外馬券場へ徒歩圏内という事もあり昼間でも人通りも多く博打性の強いカジノ業界にはもってこいの場所柄とも言える。

こうして昼間から営業する裏カジノ店舗の早番従業員枠へ入る事ができたのだ。

当然ながら夜の時間とは異なり、従業員、お客様の人数はめっきりと少ない。

この状況ではあるが夜のメイン時間でディーラーとして場面へ入る事ができる訳もないオレにとってお客様と対戦できる早番は最高の環境になる。

週末の土日が楽しみになり、少しの場面を経験したオレは少し調子にも乗っていた。

場面にディーラーとして入る事もあるがホール回りという仕事も回ってくる。お客様の少ない店舗でのホール回りはすっからかんとしており、やる仕事もないほどに暇なのだ。

灰皿を変えたいにもお客様が吸ってくれない限りは変えられないし、ドリンクにしても飲み干してくれなければ新しい注文へとはならない。

暇をもてあましながらホールとグルグルと回っている頃、日頃からお世話になっていたカウンターに入っている先輩と遊び始めていた。

カウンター付近を通る間際には変顔をしたり、喋ってみたりと店舗責任者に隠れながらふざけていた。

そんな時、、、

後ろから大きな声で悲鳴のような言葉響いてきた。

そう、、、あれだ。

かなりの怒り声で、、、

「あんた達何をしているの?」

「ここはショーをする舞台なのよ!」

店舗責任者ではなく、実際のオーナーがいらっしゃったのだ。

女オーナー一族の一人であるその御方のヒステリックな大声と勢いに怯んだオレはただ謝る事しかできずにいた。

そう。。。ここはお客様を舞台に引き込んだショーを行うステージ。。。? らしい。。。

オレにはこういった発想はなかったがオーナーがそう言うのであれば間違いないだろう。まだまだ裏カジノ界を知らないオレにはこれが当たり前なのだと勘違いした店舗だった。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
752

【穴】裏カジノあるある!? シューターを見せてみろ!

原始的ポンコツ最強での「リャンゾウ」もかなり寒い思いをすることになるが、お客様からポンコツ疑惑を突っ込んでこられるとかなり引く

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
744

【穴】裏カジノあるある!?  ポンコツ サインの送り方が面白い!

ブチ込んだ組みカードに間違いがあることは珍しいが全くない訳ではない。 当然だが入れたシュートでは使い物にならないのでヒラ勝負と

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
793

【穴】裏カジノあるある!? ここは日本なのか⁉

裏カジノ界が変わったのが2,000年を超えたあたりから一斉に湧き出してきたとある国の人たち。 ・ここは日本なのか? オレが始め

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
714

【穴】裏カジノあるある!? いつでも監視中!

裏カジノあるあるも中盤戦に入ってきた。 ディーラーとしての目線からキャッシャーに入っている人の目線に切り替えてみよう。 ・いつ