ディーラーが明かす日本の裏カジノ > ライトの妄想

【穴】六本木には昔から裏カジノがあった!?

level006
576

六本木の街には昔から裏カジノ店舗は存在していた。

いくつもの裏カジノ店舗が店を構えては儲けて、又は失敗をしてその店舗を売りに出すことが多い。こういった店舗の中にはものすごくお金を掛けている店舗も事務所に毛が生えた程度の店舗もある。

かつてオレが勤めていたような大使館カジノも売りに出されているケースもあり、大きさ、グレード、元々あった店舗の噂を考慮しながら良い店舗を探す事が望ましい。

一から店舗を借りて内装を入れていては時間もお金もかかりすぎてもったいないし、今では新規で店舗を持つ事は大家さんとの兼ね合いもあってかなり難しいだろう。

特に、六本木という街には「ステータス」というモノがあるため、安っぽいカジノでは単価の高いお客さんを魅了する事はできない。

単価の高いお客さんは店舗の内装や備品にも「ステータス」を求める事が多いため、実際には安い内装費用でも派手にゴージャスと見栄えの良いことが必須である。

このように売りにでている居抜きのカジノ店舗を買い取り、豪華に見える内装を加えていく事で客受けがよくなるのだ。

出来ればゆったりとした空間をつくり、豪華なソファーでくつろげるスペースを確保しつつ、ゲームテーブルは大小の2台ほどで大きいお客さんと細かいお客さんを分けてのんびりゲームを楽しめるようにしたいところだ。

問題なのは、、、以前行っていた裏カジノ店舗がポンコツであったか!?

以前来たお客さんたちの印象があまりにも悪いとその店舗には来たがらない事もあるため、ポンコツの噂や情報はしっかりと手に入れておきたい。

まあこのご時世、どこの裏カジノ店舗でもポンコツは入っていただろうが、お客さんの耳に入っているのと入っていないのでは大きな違いがある。

居抜きのカジノ代1,500万円程度と内装や設備で500万円、合わせて2,000万ぐらいで店舗の準備ができれば良いのではないだろうか。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
611

【穴】裏カジノ経営、ライトの妄想 ラスト

ギャンブル、、、カジノを含めた博打の世界での終わりはない。。。 パチンコや競馬から始まった博打が競輪、競艇を経てカジノ界に入り

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
591

【穴】裏カジノ経営で狙いたいお客様

オレの妄想の中でスタートした裏カジノ店舗を軌道に乗せるためにはお客さんが付かなければ始まらない。 一ヶ月間店舗を開けてお客さん

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
587

【穴】裏カジノで稼ぎをつくるバランス

オレの妄想のなかで、、、六本木に裏カジノオーナーとして店舗をだすことを考えているが営業時間は基本的には夜20時からのオープンで

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
578

【穴】裏カジノ経営、次に肝心なことは!?

裏カジノ店舗を構える妄想ということで、重要な店舗場所と裏方を世話してくれる某組織団体を手に入れられれば少し落ち着いていける。