ディーラーが明かす日本の裏カジノ > ライトの妄想

【穴】裏カジノ経営で狙いたいお客様

level006
591

オレの妄想の中でスタートした裏カジノ店舗を軌道に乗せるためにはお客さんが付かなければ始まらない。

一ヶ月間店舗を開けてお客さんが誰も来ない状態で800万円ほどの経費が出て行く。全てを引っくるめて1日に266,666円の売り上げがあってこそトントンという状態で臨んでいく。

六本木という街柄なのか、このあたりに出入りしているお客さんにはプライドという見栄があるのだろうか、10万円を握りしめて博打をしようなんて人は殆どいない。

裏カジノ店舗に入ってくるときには最低でも30万円の現金は持ってくるし、それでも足りなければコンビニのキャッシュディスペンサーで遊びたい分だけ引き降ろすことができる人間が当たり前ときている。

そして、、、カジノで遊ぶお客さんの特徴としてゲームで勝ち上がって帰る金額と負けていく金額は決して同じではないということ。

殆どのお客さんは勝ち上がる金額は小さく、、、勝負で負けていく金額が圧倒的に多い。たまにこの方程式が逆の人がおり、そういった人はかなりの強者で爆発的にチップを増やしていき、勝ち逃げ時を心得ているためオレたちとは全く違う人種なのだ。

オレの仲間にも一人いるのだが、、、かなりレアで稀ではあるがたまに存在しているのだ。

オレたち狙うのはこの人種ではなく前者のお客様。。。

1日に約30万円の経費を考えれば、最低でも一人のお客さんが来てゲームで負けてくれれば成り立つことになるだろうが、カジノ界というものはそんなもんではない。

30万円のお客様がくすんで見えるほどの超VIPがいるのだ!

このVIPクラスのお客様たちは一張り(一度に賭ける)が30万円を軽く越してくるため、なんとかこのVIPを店舗に呼びこむために多額の経費をかけて、良いオンナを見繕ったりと、なんとか気を引くために営業とエージェントが頑張っているのだ。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
604

【穴】裏カジノ経営、悩ましい貸し出し

六本木に裏カジノ店舗をオレの妄想のなかでスタートしているわけだが、いつでも順調に進んでいるわけでもなく、さじ加減の難しいところ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
597

【穴】裏カジノ経営、マイナスは戻ってくる

一晩で500万の現金が儲かったり800万の現金が勝負に負けて出て行ったりと、オレの妄想の中でなんとか裏カジノ店舗を経営している

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
611

【穴】裏カジノ経営、ライトの妄想 ラスト

ギャンブル、、、カジノを含めた博打の世界での終わりはない。。。 パチンコや競馬から始まった博打が競輪、競艇を経てカジノ界に入り

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
589

【穴】裏カジノ店舗で頭を抱える問題点

オレの妄想の中で裏カジノ店舗のオーナーとして営業が始まっていく。 お客さんを連れてきているのは店舗専属の営業担当とジャンケット