ディーラーが明かす日本の裏カジノ > ライトの妄想

【穴】裏カジノ経営の収支計算

level006
590

オレの妄想の中で裏カジノ店舗がオープンした。

店舗が開くまでに十分とは言えないが営業の方にも経費をかけたり、ジャンケットにも好条件を提示してお客さん集めには手を抜かずにしていた。

やることをキチンとしておけばそれなりの反応は見えるはず。

裏カジノはお客さんが全てなので誰も来なければ何も始まらず、維持費だけが出て行く。

オレがディーラーを始めた頃は時給計算で月末に一度の給与という感じだったが、時代は流れて現在とは異なっている。

裏カジノ店舗では月末に給与をつけると大きなお金が一気に出て行くことにもなるし、店舗が潰れてしまうと給与の取りっぱぐれも発生して従業員たちにも迷惑となる。

オレ自身もこのような給与の取りっぱぐれは経験済みだ。サラーリマン並みの月収40万とは違い、三桁の所得を得ていた時だったので給与の取りっぱぐれはかなり痛かった。

最近ではこういったことがないように毎日が給料日にしている店舗が多くなっている。毎日その日の時給、日給分をもらって帰るため従業員は取りっぱぐれがないし、給与を支払う側もまとまって出て行くよりも小出しでいく方が気分も楽だ。

従業員の給与だけではなく、家賃、名義代、某組織団体へのお付き合い代金も日割りして毎日貯めていく。こうしておけば月末の大きな出費を免れるし毎日どれくらい売り上げれば良いのかもわかってくる。

1日の経費を除きプラス30万円ほど上がってくれれば月に900万円の純利益が生まれる。当面の目標はこの額だ。カジノという商売なので100万円以上、上がる日もあれば50万円マイナスすることもあり得なくはないだろう。

全ては呼んでこれるお客さんによって変わってくるがココは六本木なので客単価が高いのだ。少なくても一人30~100万円のお客さんがメインなので実現できそうな数字にはなっている。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
591

【穴】裏カジノ経営で狙いたいお客様

オレの妄想の中でスタートした裏カジノ店舗を軌道に乗せるためにはお客さんが付かなければ始まらない。 一ヶ月間店舗を開けてお客さん

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
576

【穴】六本木には昔から裏カジノがあった!?

六本木の街には昔から裏カジノ店舗は存在していた。 いくつもの裏カジノ店舗が店を構えては儲けて、又は失敗をしてその店舗を売りに出

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
589

【穴】裏カジノ店舗で頭を抱える問題点

オレの妄想の中で裏カジノ店舗のオーナーとして営業が始まっていく。 お客さんを連れてきているのは店舗専属の営業担当とジャンケット

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
586

【穴】裏カジノの理想的営業時間

妄想の中でのオレが裏カジノオーナーになるということだが、今の時代ですぐにでも裏カジノ店舗を始められるような現実的に話は進めてい