ディーラーが明かす日本の裏カジノ > ライトの妄想

【穴】裏カジノで稼ぎをつくるバランス

level006
587

オレの妄想のなかで、、、六本木に裏カジノオーナーとして店舗をだすことを考えているが営業時間は基本的には夜20時からのオープンでお客様が残っていれば朝9時ごろまでとしよう。

まあ、このあたりはお客さんの状況に合わせて臨機応変に対応していくことができるだろう。

さて、問題はいくらのバランスでことを進めていくのか!?

実際のところ、バカラゲームしか置くことはないので勝負できるビックテーブルが店舗のキーとなるだろう。一応、小さい場面用のバカラテーブルは10万円のバランスで行い、勝負はビックテーブル次第となる。

このビックテーブルのバランスを30、50、100のバランスというのがほとんどの店舗で行っているが、30のバランスでも2時間で1,000万円を負けることが可能な設定なのだ。

ということは、、、100のバランスでバチコンとやられれば2、3千万をヤられる可能性は考えられるので、さすがにこの現金を持ち歩くのは厳しいし、現実的ではないので間をとった50万円のバランスが良さそうだ。

これもお客さん次第だが状況によって変えられるようにしておく方が良いだろう。

となると、最低でも1,000万の現金はいつでも店舗の近くに置いておき、保険として更に2,000万ほどあれば心配はなさそうだ。

基本的に負けるつもりはないが、「もしかしたら!?」という場合もあるのでこれくらいは必要になるだろう。

裏カジノ界は最初にこれくらいの現金が作れなければ開くことはできない。

あとは細かい場面上でのルール設定と統括責任者を決めておき、オレがオーナーの裏カジノ店舗の出来上がりということになる。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
602

【穴】裏カジノ経営、最適な立地は?

オレの妄想の中で、、、オレがオーナーを務める裏カジノ店舗はまだ営業をしている。 様々なお客さんを相手にしながら数ヶ月を経過でき

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
611

【穴】裏カジノ経営、ライトの妄想 ラスト

ギャンブル、、、カジノを含めた博打の世界での終わりはない。。。 パチンコや競馬から始まった博打が競輪、競艇を経てカジノ界に入り

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
609

【穴】裏カジノ経営、手を引くタイミング

オレが妄想している裏カジノ店舗は3ヶ月で投資した資金を回収し、その後は大きなリターンを得られていることだろう。 目標金額一億円

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
592

【穴】裏カジノ経営、サクラは必要?

裏カジノというところはお客さんのタイプによって接客も変えていく必要がある。 一人でゲームを楽しむことが好きな人も以外と多くいて