ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】どんなに見破り技術が発達しても「ポンコツ」カジノはなくならない、、、

level006
537

ポンコツにおいて一番重要となるメカ用カードの細工で、次の当たりが明白となること。

どの裏カジノ店舗でも、お客さんの目の前でシャッフルをしてシューターにカードを入れてゲームが始まっていく訳だが、お客さんにバレない様に簡単に入れることが可能なのがメカ用カードではないだろうか!?

場面上でお客さんの目を盗みながら入れる「シャッフル」、「ポン替え」の時代はもう厳しく、難しいだろう。

どの店舗でもテーブル頭上には、海外のカジノ同様にセキリティ用のカメラが備え付けてあるし、このカメラでもポンコツを行うことはできるので最近の技術には感心してしまうことが多い。

メカ用のカードを入れることによって、「ヤキソバ」、「シャッフル」、「インチョン」の流れも問題なくできる。「すわり(さくら)」がカットカードを入れる必要もない。

ディーラーのポンコツ技術もそれほど大きな役割をもつことが少なくなってきているのも事実だろう。

オレたちが行ってきたポンコツも時代と共に変化してきているが、ポンコツ店舗が無くなることはないと考えている。

こんな短時間で数百万円を奪える商売は他には考えられない。

こういったハメられるお客さんが未だに多くいることもおかしな話だが、ポンコツを知らない人はハメめられても文句は言えない。

後で分かったとしても「金を返せ!」とはならないのが、カジノの世界。

警察による摘発があっても店舗が減ることはない。

だって、、、出来レースだし、従業員は楽だし、お金に困ることもありえないから美味しい商売。。。

その時代時代の成金たちがハマってくれるので廃れることはない業界ともいえるだろう。ポンコツ知っているモノたちは辞められない。

麻薬と同じなのかもしれない。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
412

【穴】調子に乗って裏カジノで「ポンコツ」していたら黒服に疑われた

初回の裏カジノでのポンコツからうまくいってしまったオレたちは味をしめてしまった。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
269

【穴】裏カジノ店で暇になったら給料が支払われている内に違う店舗に移る

裏カジノ界3店舗目の六本木でも新しい仲間が数名増えていった。 錦糸町の裏カジノから、新宿の裏カジノから、西川口から来ている奴な

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
355

【穴】東と西の大物ヤクザが裏カジノ店舗の改装に集結

24時間営業の地下のコンビニ裏カジノ店舗として、営業を続けながら、同じビル内で移転を行おうと準備をはじめていったが、上の階のカ

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino153

【穴】テーブルゲームのさばき方 ディーラーが明かす日本裏カジノの仕組

日本裏カジノ界で働く従業員はたくさんいるけれど、仕事内容は当然同じではない。役割分担がされているため職種によって、業務内容が変