ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】「ポンコツ」防止のさらに上をいく「ポンコツ」ディーラーの技

level006
519

最近は当たり前のことだが、2000年を過ぎた辺りから場面上でシャッフルに入る綺麗に並んでいるカードをそのままシャッフルすることがない。

2000年前ではショーカードを済ませたニューカードをそのままシャッフルに入り、行ってきたシステムが、組みカード防止のためもあり、数字を伏せた状態からバラバラに混ぜ合わせることが生まれていた。

これをオレたちでは「ヤキソバ」というのだが、テキ屋のヤキソバ屋さんが広く広げながら混ぜ合わせるためこの名前になったのだと仮定されている。

当然ながら、、、すべてのニューカードを「ヤキソバ」して、並び順が分からないようにしてからシャッフルへ入る流れができていた。

更にはもう少しあとからすべてのシャッフルが終了してカードを重ね合わせた状態から「インチョンカット」というのも出てきている。

「インチョンカット」は6、8デッキが揃った状態で上か下から30枚ほどのカードを無造作に抜き取り、残っているカードをヨコにして抜き取った30枚程度のカードを適当に入れていく。

これにより、組みカードのなかに違うカードが挟まってイカサマ防止の意味もあるだろう。

だが、こんな作業もお客さんの目を盗みながらオレたちは行ってきた。

「ヤキソバ」は通常2、3デッキをするのだが、オレたちはワンデッキずつ行うことで「ヤキソバ」しているカードと、していないカードをお客さんに気がつかぬようにしておき「ヤキソバ」をしていないカードでシャッフルで組みカードを作っていく。

「インチョンカット」にしても組みカードには差し込まないようにお客さんの目の前でインチョンを入れていき、すばやく押し込んでいかにも「インチョンはしましたよ!」的な態度でカットカードを「すわり(さくら)」に渡して絶妙な位置に入れてもらうのだ。

こうしてオレたちのポンコツをこなしてきた訳だが、これにも限界が出始めてきて通用しなくなるお客さんも増えてきた。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
337

【穴】客から数億円を吸い取った後衰退して行った湘南裏カジノ店舗

大台・・・オレの月収ベースで、500万円をたたき出した裏カジノ店舗。

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
casino337

【穴】大使館裏カジノはどんな場所に入っているのか?本邦初公開

オレが勤め始めた「大使館裏カジノ」は、オーナーが居抜きで買い取った物件となり、新たに作り上げた店舗ではない。とある国の大使館で

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
105

【穴】カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノ界が成り立つ理由

海外のカジノと比べて、日本の裏カジノの店舗サイズは小さい。日本裏カジノの店舗は100坪もあれば大きい方だろう。 小さな店舗では

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
518

【穴】今まで培ってきた「ポンコツ」の技術を後輩たちに伝承する

今までの約十年間散々とポンコツディーラーをしてきたオレたちが、可愛がっている後輩たちにも稼がせる道を与えるために今まで培ってき