ディーラーが明かす日本の裏カジノ > カジノディーラーライトが明かす日本裏カジノの真実

【穴】「ポンコツ」防止のさらに上をいく「ポンコツ」ディーラーの技

level006
519

最近は当たり前のことだが、2000年を過ぎた辺りから場面上でシャッフルに入る綺麗に並んでいるカードをそのままシャッフルすることがない。

2000年前ではショーカードを済ませたニューカードをそのままシャッフルに入り、行ってきたシステムが、組みカード防止のためもあり、数字を伏せた状態からバラバラに混ぜ合わせることが生まれていた。

これをオレたちでは「ヤキソバ」というのだが、テキ屋のヤキソバ屋さんが広く広げながら混ぜ合わせるためこの名前になったのだと仮定されている。

当然ながら、、、すべてのニューカードを「ヤキソバ」して、並び順が分からないようにしてからシャッフルへ入る流れができていた。

更にはもう少しあとからすべてのシャッフルが終了してカードを重ね合わせた状態から「インチョンカット」というのも出てきている。

「インチョンカット」は6、8デッキが揃った状態で上か下から30枚ほどのカードを無造作に抜き取り、残っているカードをヨコにして抜き取った30枚程度のカードを適当に入れていく。

これにより、組みカードのなかに違うカードが挟まってイカサマ防止の意味もあるだろう。

だが、こんな作業もお客さんの目を盗みながらオレたちは行ってきた。

「ヤキソバ」は通常2、3デッキをするのだが、オレたちはワンデッキずつ行うことで「ヤキソバ」しているカードと、していないカードをお客さんに気がつかぬようにしておき「ヤキソバ」をしていないカードでシャッフルで組みカードを作っていく。

「インチョンカット」にしても組みカードには差し込まないようにお客さんの目の前でインチョンを入れていき、すばやく押し込んでいかにも「インチョンはしましたよ!」的な態度でカットカードを「すわり(さくら)」に渡して絶妙な位置に入れてもらうのだ。

こうしてオレたちのポンコツをこなしてきた訳だが、これにも限界が出始めてきて通用しなくなるお客さんも増えてきた。。。

まずは無料で仮入部しよう!

「今すぐメール講座を受講する」ボタンを押した後、3分以内に始めの一通が届きます。

このカテゴリーの関連記事
ディーラーが明かす日本の裏カジノ
264

【穴】裏カジノ店に勤務してから次第と変わりはじめる私生活

老舗のカジノ店での研修を経てカジノディーラーとして、無事にデビューする事ができたが私生活は大幅に変わっていった。 この店舗では

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
495

【穴】完璧な「ツリ」のために完璧な組みカードを作る

完璧な「ツリ」を完璧に行うために欠かせないのが完璧な組みカードを作ること。 当初、この「ツリ」用の組みカード作りには一組をつく

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
420

【穴】裏カジノバカラのポンコツでの「組カード」セット方法

さて、、、裏カジノのバカラでのポンコツで、「組みカード」の作り方を覚えたオレは、実践で使えるような組みカードをつくってみる事に

ディーラーが明かす日本の裏カジノ
276

【穴】5店舗目の裏カジノ店でチーフディーラーに抜擢される

裏カジノ界4店舗目の赤坂では、最終時給が2,500円にまで上り詰めていったが、この店もそろそろ店仕舞いの兆しが現れていた。 警